FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

おみやゲッツ@バレンタイン 

DSC_5917.jpg
本日あと数分ほどバレンタインデイ。
もうソワソワする歳でもないのですが朝からちゃんと知ってるってのはまだ若いのか・・笑
週3やってくるヤクルトレディからちっちゃなチョコもらって「勘違いするよ(微笑)」なんて言った後に立派なおじさんだなと自覚しました。。
そんなおじさんも(いや、スタッフが)昨日から塗装の講習が2日間ありまして、そんなこんなで通常作業が押してしまって残業してくれていますのでそれを横目に執筆しています。この講習とやらについてはフェイスブックページでチラチラッとお見せしていますが改めてご案内しますね。

そしてーー、バレンタインてなことでチョコケーキと馬刺しをいただきました!
やっぱりこの年齢層になってくると分かってるな、だってチョコと馬刺しでっせー。中高生は絶対マネできないな、、いろんな意味で。
数年前に知り合った同級生のえっちゃん!ありがとねー!


では。

category: 日記

CM: 0 TB: --   

スコッティキャメロン、パターを塗装しました 

DSC_5876.jpg
寒いですねー。福岡かなり冷え込んでます。先日の写真ですが・・。
しかしこんなに数日冷え込んだのっていつぶりでしょう。とにかく今年の冬は寒いです。

そんな寒い中、特に温まる記事でもないですがw普段やらないことをやってみたので載せてみます。
同級生から依頼がありましたので挑んでみましたパターの塗装。
こんなにリフレッシュできるなら自分のも塗っちゃおうかなんて思うほど出来上がりが楽しかったのです。

▼ビフォー
DSC_5714.jpg

▼サンドブラスト処理
DSC_5725.jpg

▼アフター


▼フェース以外は全てクリヤーコートしてありますのでしばらくは大丈夫でしょう
DSC_5800.jpg

スリーパットしないおまじないかけておきました。

では。



category: 部品・その他の塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

アウディA4 ボディガラスコーティング 


アウディA4へデュポン・ハイパーコートプロ施工させていただきました。
板金修理でお預かりしていましたが新車から5年、塗装がくすんでおりましたので修理後にコーティング。黒系は磨くのも大変ですが輝きと色の深さには魅了されますね。うろこ状のシミが多数ありましたが全て除去できましての引き渡しとなりました。

DSC_5738.jpg

では。

category: ガラスコーティング

CM: 0 TB: --   

BMW Z4マフラーにポタポタ、大変なことになってます 



タペットカバーからのオイル漏れがひどくて燃えそうです。
オイルの焦げる臭いがするとのことで入庫しましたが、そりゃそうだ。タペットカバーから、しかもエンジン後部からポタポタ漏れており、落ちたところにマフラーがあります。御存じの通りマフラーというのは高温になりますのでそこに可燃性のオイルがポタポタしたたりますと・・・想像しただけでもゾッとしますね。ホント燃えなくてよかった。E46あたりもエンジン後部のバキュームポンプから良く漏れていましたし危険ゾーンであります。駐車場にポタポタ落ちているかもしれませんので風が無い日を選んで段ボールを敷いておくとあとから分かりやすいですよ。今はどこの家庭にもアマゾンの段ボール箱があると思いますので(笑)車が燃える前に要チェックです!

DSC_5850.jpg

では。

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

MINI CooperSにレカロシート装着しました 



MINIの中でも走りのグレードCooperS、オーナーは女性ですが装着パーツはマフラーに車高調、そして今度はレカロを2脚!装着しました。話だけ聞くと男っぽい走り志向ですが、色の選択は男性では発想できないおしゃれな差し色。シート、ミラー、ボンストとおしゃれなバランスでグリーンが入ってます。ボンストはグリーンの脇にブラッシュドブラックでここにもワンポイントです。次なる計画もまた進めていきましょうね。

DSC_5756.jpg


差し入れでサンドイッチとコーヒー戴きました!3時の休憩で美味しくいただきました!ありがとうございます!
DSC_5757.jpg



では。

category: 部品・用品

CM: 0 TB: --   

全塗装のお問い合わせ・見積もりについて 

2017-04-01 1
寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。まだ1月、福岡の寒さは2月が本番かなと思いますのでもう少し先まで凍える覚悟が必要、、とか言っておきながらコンビニではアイスコーナーをチェックしてしまう日高です(冬限定とかメーカーさんも考えてますね)。

本日のお題「全塗装のお問い合わせについて」ですが、最近ありがたいことに全塗装についての電話をよくいただくようになりました。お電話いただいた際にですが例えば「ヴィッツの全塗装っていくらくらいですか?」なんてざっくりしたお尋ねがあります。まずはざっくりの問い合わせでもぜんぜん大丈夫です。そこから問診が始まるのですが、色を変えるかどうか、現状の傷や凹みについて、あと何年くらい乗ろうと考えていらっしゃるのか、など最低この3つはお尋ねします。私が見積もりを作るうえで必要な情報でもありますし、この3つを伺えばおまけに付いてくる話からどんな思いで全塗装をしたいのかが分かってくるので新たに御提案できる事も出てきます。場合によっては全塗装しなくても良いお話もあります。そんなこんなお聞きしていくうちにもう一つ出る話が他社さんの金額です。「A社さんがいくらで、ディーラーさんがいくらって言われたんですよ」と。他社さんのお話はぜんぜんオッケーなのですがここでポイントなのが同じ作業を行うのであれば「基本」価格のズレは無いということです。


↑の写真は弊社の見積中の画面ですが、この見積りソフトを導入していればクリックしていくだけで「正確」な見積もりができる優れたやつです。あらかじめインプットされている車種ごとの作業工数があり、その作業工数と弊社の1時間当たりの工賃をかけてくれた結果が見積もりになります。ですので1時間当たりの工賃の違いは出るとしても工数に関しては自研センターという機関が発行しているので大きな答えの違いにはならないということです。もっと詳しく話したいのですが少し路線が外れそうなので今日は割愛します。

少し話を戻しますが問い合わせの「ヴィッツ」の見積もりです。現行型で色は1G3というメタリックで傷は無しという設定にします。仮に全てマスキングで塗装したとすると・・・256,400円(税込み)。まぁ全部マスキングなんてことは現実的ではないですが塗装のみがこの金額。このままでは間違い無く仕上がりも悪いのでバンパーやドアの付属品を分解します。そうすると脱着工賃が追加されて合計326,400円(税込み)となりました。さて、部品脱着行いまして進めるところですが残念ながら凹みがひとつもない車を全塗装する・・なんて経験も今までなく、これまた先ほどの金額に凹みや傷、または変形個所などあればそれを修正する工賃が足され、また部品を一つも交換しないこともほとんど無いので劣化した部品代が足されていきます。この時点で見積もりとしてはほぼ十分ですが、まだ分解しないと分からない・・部品を外したら錆があった、、なんてこともあるので1割程度を予備費としてお伝えしています。もちろんこの1割は使わないように努めますが予算としては計上することにより全塗装という大イベントの質が1つ上がります。

私個人の価値観ですが全塗装というのはオーナーにとって大きなイベントです。結婚・出産・家を買う!そのくらいの思いで挑まれて・・いるかどうかは考えすぎかもしれませんが、そのぐらいの責任で見積もりをしています。
他社さんの見積もりがどうとか仮にマスキングしたらこうとか申しましたが結局のところ何が言いたいのかと言うと(やっと本題w)意味もなく高くなることもありませんし意味もなく安くなることもありませんが一大イベントですので要望に合わせてもっと詳しく見積もりしましょう!と。
そうなるとやはりお電話だけでは難しく御来店いただくこととなります。そしてそして、車を見ながら御提案できることを含め色々なお話を伺いますので事前に御来店の日時を御連絡いただきますようお願いします!

では。



category: お知らせ

CM: 0 TB: --   

スズキ Keiワークスのボンネット剥離塗装 

DSC_5806_2018012714142711d.jpg
最近旧車熱が目を覚まして買いもしないのにヤフオクとにらめっこしてる日高です。
今回修理でお預かりしたKeiワークスですが車齢も15年を超えて塗装が劣化しております。冒頭の流れからすると旧車扱いしそうなのですが私個人の価値観ですと自分が免許を取って乗っていたAE86からあとは新しい車でありましてS13にSRエンジンが載ってたりすると今現在でも手が届かない現行型に思えてしまいます。そんな風にイメージは当時のままでも残念ながら塗装は劣化していくものでして雨風紫外線に侵され乾燥肌のようにカサカサになってしまいます。一度こうなると潤いは戻らず、たちが悪いことにその上から新しい塗装をしても下地が吸いこんでしまい艶が出ません。この状況を見て博多弁で言いますと「ちゃんとせんけん下がはらかいとうやんか、やおいかんばってん手ぇぬいたけんこげんなるったい」・・ちょっと大げさですがこんな感じです。
さて、本題のボンネットですが劣化でカサカサしておりましたので古い塗膜は全て剥いで、ダクトの段が付いてる凹み部分も丁寧に色を剥いで下地を作ります。もちろん樹脂製のダクトも同時に下地処理を行いサフェーサーで下地を作ります。周りのフェンダーたちも新車時の色とは変わってきていますのでそれに合わせて調色、塗装、焼き付けてから磨きとしまして完成です!



では。


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ここのキレイさが大事なのです 

20171212_101908.jpg

車検でお預かりしましたBMWの325ワゴン(E91)。
車検作業にてATF交換(ワコーズプレミアム)やブレーキパッド&ローター交換(ディクセル)、ホイール交換(YOKOHAMA)ホイールアライメントと、、たーくさんの御依頼ありがとうございました。ATF交換により前にグイグイと走りも良くなり、またブレーキも4輪交換で低ダストのパッド&スリットローターと贅沢に作業させてもらったのですが・・残念だ・・キャリパーが汚すぎる。。ローターもパッドもキレイなのにキャリパーが台無しにしている。追い打ちをかけるかのように新たに装着するホイールは中が丸見え。1度はパッドまで装着しましたがやはりこれじゃいかんと、お客様に御提案しましてキャリパーをウエットブラストすることにしました。そういえばブログで紹介してない?そうそうウエットブラスト機を昨年導入したのです。作業中の写真はありませんがご覧の通り古い汚れが全くありません、というかもう新車時と同じ輝きになりました。車のキレイさというのはこういう隙間から見える部品の汚れがなんとなく目に入るものですので機能性だけでなくこういうとこもキッチリ仕上げていきたいですね。



20171219_100445.jpg

では。

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --