Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ホンダ S2000 全塗装 part2 

前回から間が空きましたがS2000の全塗装続編です。
いつものようにキズ凹みをチェックして分解に入ります。分解しながらも追加作業、追加部品が必要にならないか作業現場と確認して進めますが追加が出るとお客様に連絡をしながら相談するようにしています。全塗装の場合、あとからあとから追加を出して請求が上がるといけませんので車によりますが見積金額に1割ほどの予算を予備費として計上しています。もちろん何もなければよいのですがフェンダーを外すと見えない部分が腐食していた場合や再使用するには心もとない部品を提案したりと何かしら出てきます。もちろん都度了解を得まして追加作業をしています。では車に戻りましょう。

▼分解はじめ!部品の脱着をメインにエンブレムの取り付け位置などを記録していきます。
290418 (4)

▼年式のわりに比較的少ない箇所のパテ面積ですね。大事にされているのが分かります。
290418 (1)

▼フェンダーのミミを折ってあったのですが多少歪がありましたので4枚共に修正しました。
290418 (5)

▼ボンネットはお客様と事前打ち合わせの通り、剥離剤にて下地まで出しています。
290418 (6)

▼塗装の剥離が完了したのでボンネットの下地を行います。
290418 (7)

▼あっ、もうサフェーサー入ってます。写真がもう少しあれば、、スミマセン。
290418 (3)

今回の全塗装ですが作業に入って気づきましたが非常にコンディションの良い車でした。前面は飛び石キズが多かったのですがその他は多少の歪くらいです。普段はボディカバーをかけているとのことでしたので、どうりで幌もきれいですし、飛び石キズが多い・・ただそれだけでした。塗装の他にもガラス交換やスポイラーの取付など他メニューもありますのでまた後日UPしたいと思います。

では。


category: ホンダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

メルセデスベンツ ゲレンデヴァーゲン/バンパー板金塗装 

290412 (5
メルセデスベンツGクラス、フロントバンパーの修理でお預かりしました。
駐車場のポールにぶつかってしまったということですが、フロントバンパーの中央部が凹んでおります。国産のようなプラスチックではなく頑丈な「鉄」ですので、そこそこの衝撃があったのだと思います。バンパー交換で部品代を調べたところ15万円強wwwこれに消費税+塗装+交換工賃=軽く20万円オーバーです。取り外してからの判断ですが、これが自分の車だったら頑張って修理するな・・ということでお客様にも修理で御提案しました。だって駐車場で自損でバンパーをゴンッ・・・はい20万円、、なんて、いやいやいやいや、、と心の声が、いや声も出ないですもん。

▼顎をゴンッと、痛かったでしょうね。裏には高価なオイルクーラーもありましたが無事でした。
290412 (6

▼叩いて、叩いて、整形して、叩いて、板金完了です。
290412 (1)

▼板金後、パテ処理、下地を行い無事に塗装完了です。
290412 (4)

▼バンパー修理の合間にエアコンガスのクリーニングも行いました。施工後、冷えが全然違います。
DSC_2001.jpg

▼最後の〆にWAKO'SのPAC+というエアコン用オイルを注入して完了です。
DSC_2008.jpg

では。



category: メルセデスベンツの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

エア花見 

こんにちは。事務 矢野です!

春の訪れとともに久々登場しましたので春っぽいお話。

👇素敵な春のプレゼントいただきました♪
sakura1.jpg

巷では“エア花見”ってのが流行ってるらしいですね!
そんな噂を聞きつつのタイミングでいただいたのでさらにうれし。

👇いざ!魔法の液体で命を注ぐ
sakura2.jpg

👇約1時間。なんだか背筋ぞわぞわっとする状態にw私のデスク前のJEEPの森も桜満開を待っています。
sakura4.jpg

👇満開ッ!何時間でどんな変化だったかは是非GETして観察してみてください♪
sakura5.jpg

👇エア花見実践!ランチで納豆巻w
sakura6.jpg

今年はリアル花見できなかったので、毎日デスク前で咲いてくれてるこの桜で毎日お花見させてもらってます。
食欲も倍増。仕事もはかどる。



あ~~~リアルお花見もしたかったな~
天候に恵まれなかった今年の福岡の桜シーズン。
来年に期待しつつ、やさしい雨に打たれゆっくり散っていく桜を最後まで楽しみましょう~。

では♪次は夏の訪れとともに・・・とならないようにまた登場します♪

category: 日記

CM: 0 TB: --   

EMZ軽カー耐久で走ってきました 

昨日、EMZさんの主催する九州で最も盛り上がっている軽自動車耐久レースに出場しました。
過去何戦も出ているのですが今回はメインカーではなくサンルイスでメンテさせてもらってる車両でのエントリーです。この車、ちょうど一年前のレースで横転しまして、ようやくの復活戦です。ボディーを交換して一度もテストしないまま走ることとなり不安の中のエントリーです。7時間耐久ということもあり何かあってはいけないのですが何かあった場合に備えてサンルイス号をTカー(予備の車)として2台持ち込みました。

▼AM7:00、受付から長い一日が始まります。
290410 (3)

▼AM7:30、ブリーフィング。レースのルールや旗の説明など初心者でも分かりやすく説明してくれます。
290410 (8)

▼AM8:45、スタート前の整列。60台をクラス別で並べるのに運営スタッフさんも大忙しです。
290410 (2)

▼AM9:15、予定より少し遅れてローリングスタート。完全にウエットコンディションですね。
290410 (4)

通常9:00スタートしますが昨日はオイル漏れの車両があり、スタッフさんが1台1台下をのぞいては確認していました。少し漏れたコースの清掃も行い15分遅れでスタート。スタート前で見つけてくれたおかげで他の車の事故を防いでくれています。こういうチェック、目配りをしっかりしてくれているのでEMZさんのイベントはレースとは言っても安全さも保ってくれていると思います。そして16:00チェッカーの予定も16:10に変更となりました。

▼ギアの入りが少し悪かったのですが無傷で順調に疾走中。ワタクシ完走できるかずっとハラハラしてます。
290410 (5)

▼レースでは10回のドライバー交代と2回の給油が義務付けられており、タイミング次第で順位が変わります。
290410 (1)

▼PM15:20、最後のドライバーはワタクシ日高。車を壊さない&順位を守りながら50分走ります。
290410 (6)

▼PM16:10、無事チェッカーを受けましたーー!!直後エンジンに異変が・・・。
290410 (7)

無事にゴールした直後、スピードを落として気を抜くとエンジンストップww
あれ、あれれ、、。セルを回すとボトボトとどうにかかかってくれましたがアイドリングもしない状態。セルを回す音もエンジン圧縮が無いような不安な音です。どうにか1週回ってピットに戻るとまたエンスト。。どうやら最後はエンジンブローの手前な状況で走っていたのかもしれません。このエンジンもすでに何戦も使っており、頑張って復帰戦をゴールさせてくれたようです。
7時間耐久はEMZさんのレースの中でも1番長く、いわばサバイバルレースであります。
今回の成績は50台完走(2台はTカー)のうち15位!660Bというクラスでエントリーしましたがその中で5位(19台エントリー)と入賞しましたー!パチパチ!いやはや完走&入賞とは出来すぎですが最後まで走ってくれたアルトとドライバー6名、そして主催のEMZさんに大感謝です。次戦は6月になりますが今回の打ち上げの時にでも今後のプランを立てたいと思います。

では。






category: 日記

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン パサート水漏れ修理 

DSC_1989.jpg
VWパサートの冷却水漏れで入庫いたしました。
メーターのインジケーターパネルに赤文字で STOP! と表示された写真が送られてきまして、ひとまずレッカー手配。運び込まれてきてさっそくボンネットを開けると1本のホースが宙ぶらりんになっております。いろいろなケースがありますが最悪、宙ぶらりんになったとしても緊急なものかそうでないものかがありますが今回のホースは緊急なものでした。


十字路交差点のような四つ又のジョイント、いやT字路になってます。実際は赤丸のところにもう一か所ホースの繋がる出口がありますが折れちゃってます。ん、そのパイプはというと先ほどの宙ぶらりんホースの中でしっかり合体しております。今回の修理では周辺のホース、ジョイント、ホースクランプも併せて交換しましたのでしばらくは問題ないかと思います。ちなみにこちらのお車現在18万キロで年2万キロ乗られています。今後もちょいちょい故障は出てくると思いますがもう少し長い付き合いになりそうです。

DSC_2028.jpg
そしておまけですが・・C3POの飛行機、福岡に2度来たのですが先日会社から捉えてやりましたー!

では。



category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ スープラATF交換/トルコン太郎 

ちょうど一年前に全塗装&コーティングさせていただきましたスープラ。

【トヨタ・スープラ(GA70)全塗装 入庫編 】←以前の記事はこちら

本日はコーティングのメンテナンスとATF交換でお預かりしました。まず外装ですが薄い洗車傷と少々のクスミはあったものの、念入りにシャンプー洗車を行い専用クリーナーで気になるところを処理して最後に再度撥水処理を行って完了です。ちなみにこの一年間、手洗い&洗車機で洗車されたとのことですが問題ないコンディションを維持されてありました。手洗いにこだわるあまり、月に1回の洗車になるのであれば洗車機に入れていただいてもコマメな洗車をお勧めしています。あまり気を使いすぎると車に「乗る、維持する」ことになってしまい疲れてしまいますからね。このままの洗車で維持していただければと思います。

DSC_1992.jpg

さて次にATF交換です。以前なら間違いなくお断りしていました年式と距離。昭和61年式ですので乗り出して31年間、走行距離21万キロ。都市伝説でいえば交換してはいけない車です。しかしながらATFを交換した際にどうして不具合が出るのかを考えると若くても交換してはいけない車と高齢でも交換しても大丈夫な車を判断することが出来ます。

▼試乗してATの調子を確認したらコンタミチェック。問題なさそうですので着工を御連絡して作業開始。
290331 (1)

▼今回はストレーナーも交換しますのでオイルパンを外します。比較的キレイでビックリな結果でした。
290331 (2)

▼ストレーナーを交換したところです。あとはオイルパンをキレイに清掃、ガスケットを新しくして組付けます。
290331 (3)

▼まずは抜けた分を補充してクリーニングモード。しばらくして追加入替を行いクリーニングモード。
DSC_2020.jpg

最後に全量を圧送交換して作業完了です。今回は補充+入替で約14LのATFを使用しました。
交換作業が終わるとドキドキの試運転。コンタミチェックしたとはいえ20万キロオーバーのATF交換は緊張します。納車後、お客様に確認の電話をしたところ「問題なさそうですよ」と声をいただきましたので晴れて投稿させていただきました。条件が揃えば車が高齢でもATF交換できますのでまだまだ長く乗っていこうとお考えであれば是非お勧めのメンテナンスです。

では。




category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

キャデラック エスカレード/フローマスター取付 


フローマスターの取付でエスカレードの御入庫です。
以前、ダッジへフローマスターを取り付けていただいたオーナー様で今回はエスカレードを増車したとのことです。普段フローマスターが入った車に乗っているとノーマルの音が物足りないのか車を購入後すぐに依頼をいただきました。フローマスター=排気音を変えるというイメージがありますが実は排気効率が良くなるため乗って分かるくらいにトルク感が向上します。ワタクシも以前アストロに装着しておりましたがノーマル車に乗ると、あれっ、と思うくらい静かで力がありません。音に関してはうるさすぎずアメ車独特のドロドロ感も増し、アクセルをあまり開けなくても心地よくなります。さて今回のインストールですが純正パイピングの取り回しに少し癖があり加工しながらの取付となりました。

▼大きく居座ってますがリヤのフランジはサビサビで早速どうしたものかと・・・。
DSC_1892.jpg

▼入り口側は2本、出口1本となっており、入りの2本がオフセットというか変な入り方をしています。
DSC_1895.jpg

▼見比べれば分かるのですが入りの寸法も間隔も違いますので、ここから現車合わせといきます。
DSC_1898.jpg

▼入口側のパイプは素直に外れてくれたのでここの角度を自然に切断・溶接で作り替えます。
DSC_1907.jpg

▼溶接した部分は耐熱スプレーで塗装しました。塗装が乾いたら排気漏れがないか確認して完成です!
DSC_1912.jpg

では。



category: 部品・その他の塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

福岡カスタムカーショー2017 



今年から開催場所が変更になった福岡カスタムカーショー。去年までは福岡ドームだったのですが今年から北九州ですと。聞いた話では違法改造車がブンブンやるからドームが貸さないとか・・らしいのですがどうなんでしょうね。ま、たしかにそれはいかん事でありますし、他のイベントでもブンブンやっちゃって開催が危うい情報を聞いております。音がブンブンでなくても超シャコタンや見た目が過激な車は静かに走っててもブンブンやってると思われますので見た目も音もソコソコで改造しましょう。
・・・なんて、偉そうなこと言いましたがウチのような板金屋はノーマルフェンダーの形状でどこまでパッツンパッツンのホイールを入れれるかなんてことに頭ひねっているのでやはりこういう場は勉強になります。

今回は会場の規模も小さくなってか出品台数も少なくなっているようで、その中でも最近お気に入りの86/BRZを求め見てきました。こちらもやはりオーバーフェンダーの流行りもあるようでぶっといホイールが入っている車が多くいらっしゃいまして、勉強の範囲を広げねばと今日は本屋へ行ってきます。

帰って来て復習しようと思い写真を見てると・・あれ、まぁ、、なんてこったい。みんなピンボケばかり。いやいや少々写真を勉強しておる身分としてボツなショットがほとんどでがっくり。しょうがないからコラージュしてごまかしましたが今日が昨日だったらリベンジしに行くところでした。。車の勉強もですが次回はちゃんとカメラの設定していきますw

1490527870.jpg

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --