FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

トヨタ・ヴェルファイア 側面板金塗装修理 完成 

DSC_0933.jpg
先日ご紹介したヴェルファイアですが、着々と作業も進んでおりました。ヴェルファイアクラスになると、ひとつひとつの部品が大物でして、まぁ神経も体力も使います。塗装ですが、まずはスライドドアの裏側を塗装します。なぜかというと3コートパール(メタリックもなるべく)はボカシパネルと同時に塗装しないと色が違って見えることがあります。パールの吹き付ける量ですとか、ミストの飛び方ですとか、そんな理由で裏塗りを先に行います。その際、表にも色をかけておくことにより、色の染まりが良いのでより良い塗装が出来ます。で、先ほどの単体スライドドアを裏塗りしたものを車に装着して塗装、からの出来上がりです。セルフリストアリングですので規定よりも少し多めの乾燥を入れますが日本ペイントのグリフィスクリヤーは思ったより磨きは順調に、仕上がりは上々に進めることが出来ました。あとは組付けを行い、各部作動確認、最後に診断機によるエラーコードの確認点検を行って完成です!
DSC_0939_20190312202135200.jpg
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

日産デイズ 右側面板金塗装修理 

DSC_0413.jpg
日産デイズの右側面をぶつけてしまい自己負担での修理をお預かりしました。損傷個所は右リヤドア板金(交換レベル)、右クォーター凹み損傷、右ステップモール割れ、右サイドシル(ステップモールの裏側)凹み大きいのですが板金にて修理というメニューです。保険であればクォーターパネル以外は交換としますが自己負担という事ですので出来るだけ安価で済ませたいという要望に沿いまして修理できるところは板金を行います。板金することにより時間は多くかかりますので工賃は高くなりますが、部品費用を外に出さないので結果的にお安くなります。ステップモールは樹脂製で割れていたため中古部品を取り寄せ、同時に塗装しています。見積もりでご来店いただいた際に「凹み(大きな)を全部交換なしで出来ますか?」と聞かれることがあります。凹みが大きな場合、修理にかかる時間が大きければ部品交換よりも高くなることがあります。ひずみもゼロには出来ませんのでこのような場合は交換をお勧めしますが予算により程度の良い中古部品で修理することもあります。話は逸れましたが、板金にて修復が完了しましたら、パテ、サフェーサー、塗装、磨き、組付けの順で完成となります。修理方法については自己負担か保険か、また新しい車であったりと様々ですのでご相談いただければ最善の御提案をさせていただきます。
DSC_0436.jpg

DSC_0545.jpg
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

では

*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・ヴェルファイア 側面板金塗装修理 

20190220_142443_1_201903061959359fb.jpg
トヨタ・ヴェルファイアの左側面をぶつけてしまい保険での修理でお預かりしました。損傷個所は左スライドドアからリヤバンパーまでで幸いホイールは当たっていませんでした。ホイールまで当たってしまうと足回りの部品もそうですがリヤのホイールアライメントまで狂ってしまい損傷が大きくなっています。保険修理だからと言ってもこの辺りは当たってないほうが有難いですね。さて損傷具合と処置方法ですが、スライドドアの傷自体はそんなに大きく見えませんが歪が広いため交換、クォーターパネルは板金修理、サイドガーニッシュ・リヤバンパー・リヤアンダースポイラーの樹脂パーツは交換です。塗装範囲はぼかし塗装の為、フロントドア+スライドドア+クォーターパネルとなり、クリヤーはトヨタお得意のセルフリストアリングコートであります。クリヤーに関しては膜厚としっとり感でクロマックスを使用していましたが本家の日本ペイントのTSクリヤーで行います。そんな作業メニューですが写真で見ていくとわりと進んでおりますね。板金も完了し残るは塗装、磨き、組付けとなります。続きはまた後日、、写真を忘れないようにお届けしますね。
20190220_142535_1.jpg

DSC_0858.jpg

DSC_0898.jpg
では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・プリウスアルファ 後期へフェイスチェンジ 完成 

DSC_0543.jpg

先日から進めてまいりましたプリウスアルファの後期化ですが、いよいよ完成しました!後期化するにあたり、中古部品をベースに使っていましたので、バンパーの塗装やヘッドライトの修理、フォグランプの流用加工などなど、少々お時間かかってしまいました。後期LEDヘッドライトには今風のLEDポジションランプが付いていて、これをスモール時にしか点かないなんてもったいない!ということでポジションをデイライト化しまして昼でも常時点灯でキリっとさせました。デイライトなんて大したことなさそうですが昼間でも相手に見つけられるので事故を防ぐツール(パーツ)としてはとてもお勧めです。また、元々のヘッドライトがハロゲンだったので純正LEDのおかげで夜の世界がすーんごく明るくなりました。そしてそしてハイビームの方もLEDで照らしてくれるので、夜のドライブが楽しくなります!
DSC_0850_201902252202095c8.jpg

DSC_0835.jpg
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・プリウスアルファ 後期へフェイスチェンジ 

DSC_0387.jpg
トヨタ・プリウスアルファの飛び石キズ修理でお預かりしました。入庫時は飛び石キズの修理予定でしたが、ヘッドライトも片方交換となり、「むむむ、、どうせなら後期(仕様)にしてしまおうか・・」なんてことになりましてバンパー、ヘッドライト、その他もろもろ関係のありそうなとこを取っ払うところからスタートです。ざっくり調べてみると、前期と後期ではヘッドライトとバンパーが大きく違いますが、フェンダーとボンネットは共通ですのでまずは見えるところから部品調達。ケチケチと中古部品で集めましたので(新品高すぎますw)ライトの修理やバンパーの修理もしながら進めていきます。しかし前期はハロゲン、後期はLEDのヘッドライトになるため明るさや見た目に期待は高まります。ライトなんかボルトオンで取り付けることができますのでとりあえず後期を味わいながら先に進めていくと、、細かいところが結構違う。。ホースメントもですしアンダーカバー、その他配線も引き直しが必要みたいです。パッと見た感じでは同じように見えるフォグランプも違ったりして、、ちょいちょい出費が増えます。全部新品なんて使うと部品代だけで30万円以上ははかかりそうですね。もしDIYでするならばバンパーを新品で購入すれば塗装済みで色も付いていますので、少し車に詳しい人であれば自宅で後期仕様に出来ますね。
とりあえず部品選択もほぼ終わり先が見えてきたわけですが、前も後期にすると後ろも後期、、あれも後期これも後期という病気にかかってきそうですがどうなることやら・・。
DSC_0520.jpg

DSC_0397.jpg

DSC_0523.jpg

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・ヴォクシーの板金塗装  完成 

DSC_0127_1.jpg
先月ご紹介した新車のヴォクシーですが無事に完成しました。バイクとの接触でしたので衝撃の入力方向と損傷の最終到達部位がどこまでかの見極めに少し時間がかかりましたが、結果的に満足のいく修理が出来ました。

実際はこんな単純な方向ではないのですが下の写真の矢印の方向に1.5センチほどズレていました。左ヘッドライトに傷と左前フェンダーに大きな凹みは見られましたが、その見える部分だけではなく、左のライトユニットを介してバイクがぶつかった左前と反対側の右ライトまで動いていました。このことからDさんの見積もりで左ライトの骨格を交換とされていましたが、車が新しいので可能であれば交換したくないことから板金修正で行いました。結果、アッパーサポート含め骨格は塗装すらしておりませんのである程度は見る人が見ても修正したのは分からないと思います。
DSC_0123_1.jpg

また、3枚目の写真の赤丸部分、ココの部位は少々拘り過ぎたのかもしれませんが、大きく凹んでいたフェンダーは、あえて同色の中古良品を使いました。もちろん表面は塗装しましたが、この車の場合、フェンダーの裏面がエンジンルームから見えるようになっており、新品部品を塗装するとどうしても左右の見た目に差が出てしまいます。本来はほんとにしょうがない部分ではありますが中古良品が見つかったおかげでこんなに小さなところにも新車に近い仕上がりが出来ました。ちなみに骨格の修正がキッチリ出ておりましたので修理後のヘッドライト光軸調整では右側ヘッドライトは全くズレていませんでした(毎回こうなるとはお約束できませんが・・)。ヘッドライト調整まで完了すると診断機にてエラーコードが無いかチェック、そして試乗して問題なければ洗車して完成です!
DSC_0124_1.jpg

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・クラウン リヤバンパー修理塗装 

DSC_9836_1.jpg
トヨタ・クラウンのリヤバンパー修理でお預かりしました。
バックしていてポールにぶつかってしまいリヤバンパーが押された際に裏側の骨の部分から逆に押される形で凸型の変型が出来てしまいました。ちょうど親指のひと回り大きいくらいの凸ですがよく見ると周りも多少変型があります。このバンパーは樹脂製でありますのでドアのような鉄板みたいにカンカン板金することはできません。しかし、やりたいことは同じでカンカンとは言いませんが全体に熱を当てて樹脂を戻りやすくし、局部的にホットガンとコテを使いながら元の形に戻していきます。
DSC_9853_1.jpg

ある程度形が戻ってくると表面を研ぎこんで平らに仕上げていきます。ここまではパテも使っておらず熱修正と表面を薄く研ぐ作業を行っています。この状態できれいな面が保たれるとサフェーサーからの塗装となりますが、念のため修正箇所に60℃の熱をかけます。その理由は再度変形しないかの確認です。一つは塗装後にクリヤーの乾燥の際に60℃の熱をかけるため、もう一つは昨年のような猛暑では樹脂であってもこのくらいの温度に到達するからです。納車まではよかったが夏場に修理したところが変形した・・なんてことはあってはいけないですからね。このバンパーは無事・・・と言いたいところですが変形してしまいました。樹脂とはいえ変型した部分は多少伸びており(薄くなっており)力が偏ってかかるのでしょう。
DSC_9865_1.jpg

処置としては裏側に2液性のエポキシ系補強を入れ、表面は歪んだところを無理に研がず、ごくごく薄くバンパーパテを入れてサフェーサーです。ある程度パテ盛りで仕上げてもきれいにはなるのですが、そうすると次ちょこんと当てただけでも修理したところがパックリ割れてしまいます。コンビニの輪留めにちょっとこすったくらいでパテが剥がれたりとか、、考えただけで悲しいですよね。
DSC_9874_1.jpg

DSC_9876_1.jpg
塗装が完了すれば強制乾燥、そして慎重に組付けを行い、最後に磨いて完成です!
DSC_9891_1.jpg
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************




category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

セルフリストアリングコートという沼 

・・・という沼、なんていうタイトルでお届けします今回は「セルフリストアリングコート」という沼です。カタカナですので外国の有名な沼なのか、、はぁ今日は観光記事ですか、、てなことではなく正確には抜け出せない的な意味の沼です。
G0090230_1548294419907_high.jpg

セルフリストアリングコートとは何か?ですがトヨタ車に採用されている自己修復性耐すり傷塗装のことであります。

「クリア塗装の材料である樹脂に、分子同士の結合を促進する特殊な分子を加えることで、複数の分子との結合をし易く、従来にない緻密な分子構造を実現。柔軟で弾性に富む特性になり、塗膜を破壊しにくく、光や酸に対する抵抗性とともに、変形回復性を向上した」トヨタさんから引用

「これで塗装されていれば、傷が入りにくいし、小さな傷は元に戻って消えるよ」ということ

さて今回平成30年12月登録、ピカピカ新車のヴォクシーへ塗装しました。本来、セルフリストアリングコートは日本ペイントの商品ですが弊社ではデュポン製品のクリヤーをセルフリストアリング仕様として塗装しました。仕様書では乾燥65℃×45分、場合によっては+1時間、場合によってはもう少し・・って、どんな場合かよとすぐに突っ込みを入れたくなりますが(いや材料屋に突っ込みましたがw)、要は乾きが遅く柔らかいのでしっかり溶剤が抜けて締まるまで乾燥してくれと。温度にシビアそうですので今までの少々安物温度計を今回は新調して挑んでいます。
DSC_9781.jpg
熱をかけると磨き傷が浮いてくる傾向にあるので磨いては熱をかけて磨き傷を確認。そしてまた磨いては熱をかけての繰り返し。綺麗に磨けているようで熱をかけてはまたぼんやりと戻ってしまう。おいおい自己修復って勝手に傷が消えるんでは無かったのか・・と車に突っ込みを入れたくなる、、の繰り返し(笑)・・そんなこんなしておりましたが磨き方のコツ(方法?)もだんだん分かってきまして作業もいよいよ終盤へと近づきました。

ちなみにこのクリヤー塗装、最近ではバイクのタンクにも塗装されており、今後いろいろな塗装の最終コートに広まっていくかと思いますので早めに沼からの脱出方法を攻略しておいた方が良さそうです。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************




category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --