Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

朽ち果ててしまったカーボンスポイラーは復活するのか 

お客様の部品を朽ち果てたなんて言っていいのかとタイトルを悩みましたが、そう見えるからしょうがないと現実を伝えるブロガーを目指す日高です。最近、連日投稿してるのをいいことに自分をブロガーなんて調子づいてまして、例えるなら自分の名前をチャンづけで呼ぶオッサン・・・気分悪くなりました、スミマセン。

さて本題です。コーティングと塗装の御依頼でお預かりしたランサーエボリューション。走行距離も少なくグッドコンディションなこちらの車ですが純正カーボンスポイラーが朽ち果てています。。確か新品で15万円ほどしたかと思いますが紫外線の攻撃により表面が劣化して一部はカーボンの層まで達しているようです。

▼全体的に剥離しています。多少ですが水がたまる形状も問題の一つかもしれません。


▼拡大してみるとこのような感じです。せっかくのカーボンが・・どうにかならないものか。
DSC_9169.jpg

作業はカーボンの層を傷つけないように古いクリヤーを丁寧に研いで、ひたすら研いでクリヤーを塗装します。色を塗るのであれば荒く研いでサフェーサーと行えますが下の模様を残すのでそんな乱暴はできません。
研いで、研いで、たまにシリコンオフで艶を見ての繰り返し。そしていよいよクリヤー塗装を行った結果・・・

▼どこから見ても元の姿はもうありません。むしろ純正新品を上回っています。
DSC_9188.jpg

復活しました。復活するシナリオがなければ朽ち果てたなんてタイトル言えませんが。

▼肝心のコーティングも行いました。雨染みがひどかったのですがこちらも無事復活です!
DSC_9171.jpg

カーボン製品は新品の状態でもゲルコートのままですとまだ未完成です。クリヤー塗装をしても必ず劣化してきますので定期的にコーティングや塗装を行うことをお勧めします。クリヤーだけですので通常の塗装料金よりは少し安いですしね。ボロボロになっちゃうと剥離工程次第で工賃が変わってきます。いずれにしても大事になる前に御相談くださいませ。

では。

PS:今日の角栄さんはお休みします。

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 完成 

パジェロの全塗装、何回かに分けて書いておりましたがいよいよ完成です。

分解した部品をパズルのように組み立てます。
時折忘れかけた組付け部分はデジカメ&スマホカメラで記録しておりましたので
思い出しながらの作業もあります。
本来であれば「一度外した部品はしっかりと記憶に保存しております」なんて言いたい所ですが、実際のところ半信半疑な箇所もありますので記憶よりも記録に助けられております。
今回はガーニッシュ1枚の依頼から話が膨らみ、長年乗ってこられた車をさらに先10年は乗られることから、ここまでの作業となりました。全部お伝えできておりませんが外装の細部から室内はステアリングやシフトノブまで新品交換です。
エンジンに関してはディーラーさんでしっかり整備されておりましたのでリビルトカーとも言える一台です。

今回の作業に関してはスタッフ一同も感動しながらの進行となり
仕事としてさせていただきましたが楽しく作業させていただきました。

M様、この度は弊社への御依頼、ありがとうございました!
これからもGOODコンディションでのご来店を楽しみにお待ちしております。

では。



DSC_1798.jpg

DSC_0430.jpg

DSC_0429.jpg

DSC_0424.jpg

DSC_0437.jpg

DSC_0357.jpg

DSC_0426.jpg

DSC_04231.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 コーティング 

パジェロの全塗装、完成前に・・コーティング。
記事が前後しますが組付け完了しております。
せっかく仕上げたツヤツヤボディに更なる保護を・・てことでコーティングを施行しました。
材料は弊社が一押しで取り扱ってますG-ZOXシリーズで「ボディーヒートコート」
最上級のハイモースコートの弟分になりますが同ラインナップのリアルガラスコートを
焼付け専用とし、耐久性を向上させた商品となります。
塗装で強制乾燥、コーティングでも強制乾燥、カッチカチであります。

次回こそ完成予定。
お楽しみに!

では。

DSC_0376.jpg

DSC_0386.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 part4 

パジェロ全塗装の続編・・いよいよ塗装です。

先日までに十分な下地まで行っておりましたのでマスキング~塗装を行いました。
お客様と打ち合わせの際にボディ本体だけではなく細部までの塗装を承りましたので
ドアサッシやドアミラーのベースなども塗装させていただきました。
そうこうしていますと鉄部のスペアタイヤキャリアも気になり同時に塗装。
こういった見えるか見えない部品でも錆の防止と共に全体の出来上がりを左右します。
ちなみに新車が泥だらけになってても綺麗に見えるのはマフラーやモール類、タイヤハウスの細部が綺麗であって知らずのうちにそういったところまで目が行っているものです。
もうひとつ言えばエンブレムの隙間の汚れ。ここも部品を外して磨いたりすることにより見違えるような仕上がりになります。

塗装が完了すると同じブースで60℃3で30分乾燥。
クリヤーをカッチリ焼いたところで完成です。
さて次回は磨き、組付け、完成です!

では。

DSC_0231.jpg

DSC_0240.jpg

DSC_0232.jpg

DSC_0243.jpg

DSC_0182.jpg

DSC_0152.jpg



DSC_0366.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 デントリペア 

パジェロの全塗装の続きですが、本日はデントリペア。
天井に薄い凹みがありまして、出来るだけパテを入れたくない
(鉄板裏側の処理&後々のパテ劣化トラブル防止のため)
ので、デントで修理することになりました。
専用の電器を点けているのは、映り込みによって凹みを確認するためです。
電器で確認しながら凹みを裏から少しづつ押し出し、そして表からもハンマリング。
後はうすーーーく研いで完成!

何でもパテ入れちゃえばOKてなわけでなく、その箇所と大きさにより
修理方法を変えます。

次回はいよいよ塗装です。

では。

R0012356.jpg

R0012355.jpg
R0012359.jpg

R0012358.jpg

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 part3 

少し間が空きましたが・・パジェロの続編です。
先日パテ付けや下地の下地を作りましたので下地のご紹介です。
きれいな仕上がりは下地から、、これ絶対です。
どんなに上塗りの材料が良くても丹念な下地がないと必ず仕上がりが悪くなります。ですので上手な板金屋さんの仕事を見るとその裏には念入りな手間があり、ようやく塗装ができるのです。ではパテを上手に研げばいいのかというと、その下の板金から慎重に行わなければならず、結局は作業を始める前の段取りから取り組まなければなりません。そう見積もりから係わってくるのですね。
すこし脱線しましたが、少々の傷にはパテをつけずに研ぎこみで傷を消していきます。これで後々のパテ際やブリスター、塗料の吸い込み等のトラブルが少なくなります。下地の下地ができましたらサフェーサーを吹き付けまして、乾燥、そしてまたサフェーサーを研いでようやく塗装ができます。

さてここまで完成すると次は完成に向けてですが、次は少しまた脱線してデントリペアを行ったところを紹介します。

では



R0012586.jpg

R0012594.jpg

R0012564.jpg

R0012562.jpg

R0012560.jpg

DSC_0257.jpg

DSC_0187.jpg





category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 part2 

さて、いよいよ作業着工です。お客様とは外見からの傷、塗装の劣化を一緒に確認して見積もりを作成後お預かりとしました。どの車の修理もそうですが「やってみないと分からない」部分がありまして、そうはいっても出来るだけ請け負った御見積もり内で行うようにしておりますが、このくらい大きな作業となると作業予備費として見積金額の1割ほどの予算をいただいてます。例えばバンパーを外すとステーが腐っていたり、外装や内装のありとあらゆる場所に使われているクリップ類(1個150円~300円程度します)の交換に充てさせていただきます。しかしながら予備予算を全部使いましたとなると信用が疑われそうですので極力いただかないように心がけております。。

部品を分解します。マスキングするか分解かの判断は見積り時点で決めています。
と云うより、この作業の判断が見積金額に大きく関わります。
R0012354.jpg

DSC_1119.jpg

スタッフ総出で凹みの確認。たくさんの「目」で見ないと見落としもありますし、下地をはじめると小さな凹みが分からなくなります。
DSC_1122.jpg

P5230055.jpg

フロントピラーには腐食もあります。
R0012376.jpg

R0012372.jpg

ボンネットは全て剥離します。悪い下地の上に質の良い塗装をしても必ずあとで悪さをします。
この「あとで」が肝でして1時間後なのか1年後なのか・・・おおよそは予想付きますが・・・要は許容範囲かどうかの見極めが大事ですね。
R0012361.jpg


また続編をお楽しみに。

では





category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 






三菱パジェロの全塗装をします。
一世を風靡したこのV45パジェロ。まだ三菱が4WD、オフロードへ真剣に力を入れていたころの車ですね。
私も10年ほど前にV7#系に乗っていましたが、はじめは乗用車のような車になったなぁと今でも忘れません。今回の車は平成4年式でありまして、かれこれ23年も前の車です。内装もひじょーに綺麗で新車からワンオーナーです。実は全塗装のお話をいただく前に、ドアガーニッシュ1枚の補修で来店されました。ドアガーニッシュ1枚の見積もりから2枚となり、そしてガーニッシュ1台分、そこまでやるならとほぼ全塗装になりました。
注:ちなみに今回のタイトル「全塗装」ですが正確に言うと1部を除いたほぼ全塗装です。

P5070104.jpg



P5070108.jpg

P5070105.jpg

P5070106.jpg

P5070113.jpg

P5070112.jpg

バンパーの錆び、ボンネットの色あせ、ドアサッシも古びてきてますしボディーのクリアーもひび割れが数箇所。さてさてどこまでどうするのやら乞うご期待くださいまし。

では







category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --