Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

スズキ スペーシア/バックドア板金塗装修理 

スズキ・スペーシアのバックドア板金塗装修理で御入庫いただきました。死角にポール、バックでゴンっ、とやってしまったとのことですが、バックドアの1/3は凹んでしまい周辺にはひずみ、リヤバンパー凹み変形、バックパネル(リヤバンパーの裏側)は押し込みがありドアの閉まり具合も悪くなっております。通常見積もりすると20万円を超えてしまいますが、御予算は半分程度。いろいろな御提案をさせていただきましたが、結果バックドア修理・バックパネル修理・リヤバンパーは変形修正のみとなりました。軽自動車の薄い鉄板で、且つ予算内でどこまで歪をなくすことが出来るか悩みましたが仕上がりはお任せでとご依頼いただきましたので着工させていただきました。

▼ナンバープレート右側から下部まで、プレスラインを含め凹み歪み、ドアの縁まで損傷があります。
290307 (2

▼ナンバー右下のラインが大きく崩れています。簡単そうですがそこそこの力が加わったようです。
290307 (3

▼パネル裏側まで・・・。間違いなく交換見積もりの損傷です。
290307 (4)

▼板金写真がどこかへ・・・。飛び抜かしてパテ作業しておりますがパネルの2/3ほど下地になります。
290307 (5)

▼バックパネルの塗装。クランプの傷跡やバックパネルの板金跡を塗装しました。
290307 (7)

▼表、裏、バックパネル、、同時塗装したのでドアを開けたまま作業しました。
290307 (6)

▼バックドアの裏側も問題ないようです。ここが板金・塗装共に難しいのです。
290307 (8)

▼完成!予算上、バンパーの塗装は行いませんでしたがパッと見は問題なく仕上がりました。
290307 (1

交換する部品を板金で、トータル安価に。見積もりする際にどうしても仕上がりを気にするあまり、交換をお勧めする内容になり、このくらいの修理でも20万円超と痛い出費となってしまいます。プロの目から見る仕上がりは時として過剰になることもありお客様との仕上がりの温度差が生まれることがあります。修理するにあたり押さえておくべきポイントとそうでないところを説明して最終的には「お任せ」いただくのが修理で請け負える勇気となります。だって安くしてクレームが出て「こんなはずじゃなかった」とはなりなくないですからね、お互い。サンルイスではプロの目で見ることと経済的なところ、両方を兼ね備えて取り組めるよう取り組んでいきたいと思います。

ワガママな御要望お待ちしております。無理な時は「「ムリです!」」とはっきり言いますので(笑)

では。


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後part5 

前々回にいよいよ大詰めと書いてたのにまたもや続編です。
今回のメニューはアウターロールゲージ&シュノーケルの装着です。
シュノーケルはランクルとかでよく見かけますがジムにーの、しかもJBはなかなかお目にかかれません。
このカスタムが始まって最初の頃は、新車なので恐る恐るメスを入れていましたがだんだん慣れてきたのでしょう、サクサクと穴を開け、エアソーで切り込みを入れることに躊躇しなくなりました(笑)

作業は7割順調に、3割は現物合わせで進みました。
シュノーケルはお得意のテクスチャー塗装。
オーナーさんはまだまだ満足してないようですのでもう少し続くかと思います。

では。



DSC_0391_1.jpg

DSC_0413_1.jpg

DSC_0434_1.jpg

category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後 


なかなかゴールが見えないジムにーのカスタム。
今日の追加作業メニューは
・ブレーキの強化
・2シーター化
・ボディのヨレ対策
となります。

タイヤの外形が大きくなり、また重量も増えた事からブレーキの効き具合が物足りなくなりました。
カッチリ感を上げるためステンメッシュのブレーキホースをインストール。
そしてパッドはサンルイスアルト号でも実績があるエンドレスのMX72です。
本当のところで言えばローター径を大きくすることが近道ですが予算と作業を考慮したうえ
このメニューとなりました。
効果ですが、このパッドの特性か踏むだけ効きが感じられるので乗りやすく、ビックキャリパー仕様の
車のように初期タッチから気を使わなくても大丈夫です。ま、全てはクセと慣れですが、笑



次に2シーター化です。リヤシートを取り払うのは簡単ですがいかに純正のように見せるか。
これに関してはノウハウがどうこうではなく、初めてこの車を見た人が違和感がないようにと。
写真拡大しませんがこんな感じです。

DSC_0411.jpg

最後にボディのヨレを対策します。
リフトアップをしていますがトレッドは変更なし。
リフトアップに伴い縦にびよーんと伸びましたのでもちろんロール量は増えます。
ロールにもカッチリ感があれば(難しいか。。)いいのですがフレームとボディのヨレがノーマル車高
以上に感じられると思います。
ではカッチリ感を出すために少しリジット化ということでこのような部品を取り付けます。
R0011087.jpg

ラノーズさんのBFスティフナー。
うちでは始めて取り付けましたが作りもしっかりしております。
R0011090.jpg
結果、ぜんぜん良くなったよーとお客さんからお褒めの言葉を頂きました。
この手のパーツはワタクシたちがいくら理屈をもって良いとしても結局お客さんが感じて頂けるかどうかに
なると思います。そしてお褒めの言葉。
ありがたき幸せジムニー君。

そしてカスタムはまだまだ続きます。

では。



category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

キャリートラック リフトアップ製作 

キャリートラックのリフトアップバージョンを作ってみました。
4WDのマニュアルをベース車にして4インチ上がっています。
さっそく付いたフロントバンパーのちっちゃな泥がカッコイイっす。
もっと悪路を走ってくたびれてくると更にGOODですね。
年季の入ったデニムのように鳴ってくれる事を。

では。



DSC_1846.jpg

DSC_1852.jpg

category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後part3 

さてジムニーのカスタムもそろそろ大詰めでございます。
前回のブログの通り後戻りをしてしまい、メスを入れて再びワイルドになる改でございます。

バンパーの塗装取付やリフトアップが完成しつつオーナーさんと談笑していたところ、サンルイスに在庫であったラングラーを見てまた一言。
「WARNのウインチ付けよう」と。
JAならまだしもJBにどう付けよう。一瞬で頭の中をグルグルと構想(妄想?)し、ここまで出来た姿を切った張ったするべきか考えた結果、や、やりましょうと。
車とにらめっこした結果、出来上がりはイメージできました。
が、ウインチを使う事を想像しないながらも、もし、もしも使う時が来て、引っ張って、ウインチが
スポーンと飛んで行ってはいけない。まずそう考えました。はい。。


まずはバンパーを切ってしまえ。

P5240111.jpg
切りっぱなしはカッコ悪いから塞いでしまえ。
※FRPでフタを作成して再テクスチャー塗装しました。

P5250116.jpg
ウインチが飛んで行ってはいけないから頑丈にしてやれ。

ダンボールで模型を作って友人の鉄工所に持って行って「できるかなやってみたと?のっぽさん(笑)」と言われ、強固なウインチベッドの出来上がりです。

DSC_1818.jpg

どうでしょう?なかなかスマートに付いてるでしょ。
正直、機能もですが見た目も重視してインストールしたので程よく存在感をかもし出しています。

さて小出しにしてきたジムニーもそろそろ納車しなくてはいけなくなりました。
このまま置いておくと更なる進化を未走行のままで遂げていく事になりそうですので。。

では

category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後part2 

ジムニーのカスタムpart2と称しまして少ない写真の小出し第2弾でございます。
前回は作業も着々と進んで完成間近と言っていた様な気がしますが、少し後戻りしております。

後戻りするという事は後戻りの前をお見せしなくてはならず『ジムニー出来ました』の報告時に
UPする予定のバンパー塗装を公開(えらそうにしてスミマセンw)
JB23のカスタムでは定番中の定番でもあるFRPバンパー&スキッドプレート。
グッドリッジのM/Tを収めるべくオーバーフェンダーは構造変更レスの9mmワイドを装着です。



で、少し塗装の自慢をさせてください。
写真はマット(艶消し)塗装に見えると思いますが、実は表面に小さな凹凸の模様があります。
分かりやすく言うとザラザラした塗装になっているのです。
ワイルドに、そして上品に、そして内容は任せる!という、とてつもないミッションをさせて頂いてますので
オーナー様の顔色を伺いながら好き勝手な塗装をしています。
無難にマットブラック&ザラザラ(本当はテクスチャーという名前です)かと色見本を作ったところ
艶消し黒の缶スプレーを自家塗装したようになってしまい少しの試行錯誤でこのようになりました。

DSC_1590.jpg

ワイルドで美人な顔つき。

ちなみに普通に洗車しても問題ありません。

次回はせっかくの塗装にメスを入れるの巻き。乞うご期待くださいまし!

では




category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後part1 

ジムニーのその後ですが作業は着々と進んでおります。
リアルタイムではほぼ完成になっておりますが取りためてある写真を小出しに。。

現車ジムニーのクロスアドベンチャーはシートやらステアリングに赤色ステッチが入っておりまして
その赤色つながりでシートを交換しております。
ただ赤色つながりと云うだけでRECAROは贅沢すぎますが極上中古品がサンルイスに2脚ありましたので
「いかがですか」「じゃあお願い」と、トントン拍子はこの事かと思いながら取り付けさせていただきました。


取り付けは特に難しい事も無くシートレールを左右分お取寄せし、組付け。

DSC_1694.jpg
いろんな角度から見回した結果、この背後からのLOOKがそそります。

思った以上に乗り降りも問題なく、また内張りとの干渉も微調整で都合よくいきましたもので
このRECAROたちはジムニーからのお誘いを待ちわびていた事と知りました次第です。

さて、次は何を小出しにしようか。乞うご期待です。

では



category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23をいろいろとカスタム 




新車のジムニーをお預かりしています。
カスタム内容は・・・「かっこよくして!メニューは任せる」と。
了解を頂きながら進めては行きますが、任せて頂くとなれば気合が入ります。
見積もり、そしてGOサイン!追加提案、そしてGOサイン!

そんなこんなでまだまだ継続中ですがまっさらな状態と5割進んだ状態をお見せします。
何で5割かって・・写真を・・撮ってない。
現場用のカメラが調子悪くて、でも明日にはNEW現場用カメラが届くはず。
なので今後はバンバンUPできるといいなぁと願っております。



リフトアップに始まり、マフラー、タイヤ、バンパーetc。

DSC_1500.jpg

またの更新に御期待くださいませ!

では












category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --