FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ポルシェ718ボクスター ブレーキキャリパー塗装 

20180809_140754_1.jpg

ポルシェ・ボクスターのブレーキキャリパー塗装でお預かりしました。先日もカーボンエアスクープで御紹介した車両ですが、元々は濃いグレーのキャリパーです。ポルシェキャリパーは単体で見ると文句も出ないカッコ良さですが、お仲間さんのボクスターS(先日登場した黄ボクさん)と並べてみてしまうと味気なく見えてしまいます。ということで黄ボクさんの営業もあり、塗装することになりました。新規で塗装するので色は自由でしたが、車全体が赤と黒の2色しか使っていませんでしたので迷いなく赤で塗装しました。
ということで最近は営業までお客様がしてくれるという恵まれたサンルイスでした。
20190223_145208_1.jpg

20190223_144810_1.jpg

DSC_9811_1.jpg
この度は営業&御依頼いただき誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW X3 フロントバンパー修理塗装  

DSC_9476.jpg
先日から作業を進めておりましたX3のバンパー塗装が完成しました。今回は予算の都合上ボカシでの補修塗装依頼でしたのバンパー全部は塗装しません。塗装範囲は写真の通りバンパー中央部の、部位としては細いところでありナンバープレートのブラケット取り付け部が最適でしたのでこちらまで塗装しました。それぞれの車の形状により真ん中であったり、角であったりは様々ですが長く乗っていくにあたり後々「塗装した範囲」が分からないように工夫しています。塗装後はボカシ部分を念入りに磨き、部品を組付けて完成です。

DSC_9487 (2)
この度はホームページからのお問い合わせ、ご依頼、誠にありがとうございました。

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW X3 フロントバンパー修理塗装 

DSC_9458.jpg

BMW・X3(F25)のフロントバンパー修理でお預かりしました。ホームページを見てご来店いただいたとのことで有難うございます!損傷個所はフロントバンパー右側の下を擦っていますが幸いバンパー本体に切れや変形などの大きな損傷はありませんでしたので今回は補修塗装で進めていきます。

DSC_9467.jpg
午前にお預かりしましたが夕方にはこの通りサフェーサーまで進んでいます。
修理方法も後々のことを考え、極力パテを使わず研ぎこんで修理しています。またこの時期気温が低いので写真のように赤外線による乾燥も行いまずが、赤外線で焼き付け、その後冷やしてを繰り返し行い、念入りに溶剤を抜きますので少々お時間がかかります。


話は変わりますが、本日車検のため陸運局に行ってきましたがすんごいガラガラ。
まだ正月モードです。いつもこんなんだったらホントいいのに・・。
20190109_133406.jpg

では


*********************************************
有限会社オートサービスサンルイス
〒811-1211 福岡県那珂川市今光1-3
福岡都市高速 野多目ICから車で10分
TEL:092-953-5917 FAX:092-953-5918
HP:http://www.sanluis.jp/  
メール:info@sanluis.jp
営業時間 9:30-18:30 (日曜・祝日休業)
*********************************************




category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW(F31)のヘッドライトもスモークにしてみました。  

テールランプのスモークに続きましてヘッドライトもスモークにしてみました。
テールに比べて絶対に失敗の許されない高価なヘッドライトユニットです。
それでもサンルイスは豊富な経験で・・・と言いたい所ですが、やった事が無い車種には(特に高級車w)お断りするか、もしくはテストするかしないと実車でテイクアチャンスなんてハートは持ち合わせていません。。
それでもやってみたい気持ちは日に日にましていきますので、テストするユニットを某オクで入手し、塗装してみました。結果は・・・あぶないあぶない、チヂレがワサワサ。純正のコートと溶剤がバチバチ喧嘩しております。このイカツイ目をどう料理するか練りに練った末、喧嘩は無くなり実車へ塗装する運びとなりました。
またもや写真の色が比較にはなりませんがスモーク化の御参考になれば幸いです。

では。



R0010202.jpg

DSC_1022.jpg

R0010271.jpg

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW MINI スポイラー製作~完成 


BMW MINI cooperS

先日から行っていましたMINIのスポイラーが完成しました。
試行錯誤の結果、後付したように、でも一体化してとの注文通りに行っております。
フイット感は申し分なく、かえってオーバーフェンダーが純正に見える出来上がりです。
製作部分は表裏両面から繊維を張っていますので強度のシッカリしています。
やっぱり楽しい一点もの。

サンルイスではぜ~ったい無理なものは作れませんが出来るだけ想像を形にしたいと思っています。

では




R0010917.jpg

DSC_0142.jpg

DSC_0154.jpg

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

カーボンパーツ塗装 

BMW MINI R53CooperS

せっかくの見せたいパーツがくすんでいる。取付けた時は高級な部品なのに時間が経つにつれてノーマル以下の価値を漂わせその物の新品部品が高いのでしょうがなく外すに外せない・・
なんて事になってるカーボン達がたくさんいます。何故そうなっているのかと、どうしたら良いのかが分かれば答えは簡単。出会った頃のように輝きが蘇ります。繊維の層が傷む前に新しい皮膜でツヤツヤにしてあげましょう!

before


R0011077.jpg

after
DSC_0143.jpg

DSC_0152.jpg

では



category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW F31 Mスポーツ スポイラー塗装 


サンルイスの釣り仲間、N様のF31をフロントスポイラー塗装でお預かりしました。
元々は素地の黒で取付ける際からの構想でしたがお任せカラーで塗装させていただきました。
フロントスポイラー上部はボディ同色、下側とリヤガーニッシュはオリジナルガンメタリックです。
他車のガンメタリックはどうしても赤味や青味が強いのでオリジナルで黒を前に出した色となっております。
フロントスポイラーは塗り分けがありますので白を仕上げた後に慎重にマスキング、そして
ガンメタリックを塗装して仕上げに両色を同時にクリヤー塗装を行っています。
単純な作業のようですが、この手間をかけることにより2色の一体感と仕上がりに大きく影響します。
こんなBMWが高速道路で後ろについたらじっくり見たいけど避けてしまうでしょうね^^;



R0010735.jpg

R0010793.jpg

R0010732.jpg

2.jpg

では




category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW525i(E60)の板金塗装 


BMW525i(E60)の板金塗装です。

右リヤドアのアウターハンドルの後ろにへこみがありました。

画像 070
直径2センチほどのへこみがあります。
以前から輸入車の鉄板は厚いと思ってましたが、最近の国産車が特に薄くなっているためか
輸入車の板金は作業しやすくて嬉しいです^^

画像 300
まずはドアの付属部品を外して板金を行い、パテを付けます。

画像 321
パテを研ぎ終わると下地塗料のサフェーサーを塗り、塗装前のマスキングを行ないます。

画像 327
塗装後です。見た目に分かるか?ですが色は紺色です。
黒も綺麗ですが艶のある紺色はこれまた綺麗で惚れちゃいそうです。

画像 339
組付けて完成♪
いつもならそうですが今回はこの後にコーティング作業があります。
ですからブース内で全体磨きを行なうのですが、濃い色は外で磨くと埃を噛んでしまい逆に傷をつける作業にもなりかねます。ですからこのBMWに関してはブース内で換気ファンを回しながら磨き作業を行ないました。

画像 372
SOFT99社のガラスコーティング【ハイモースコート】
従来の物より施工する際の手間が一段階加わりより一層の持久性と弾きが得られます。

画像 369
もちろんもちろんエンブレムやフェンダーウィンカー等は全て取り外します。

最近はこの【ハイモースコート】非常に人気が高いようでお問い合わせが大変多くなっています。
サンルイスではこの商品が発売される前から大阪研修センターで講習を受けてきましたので
御相談ありましたらお気軽に連絡ください。





category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --