Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ユーノスロードスター 全塗装 part4 

昨年から続いておりましたユーノスロードスターの全塗装、いよいよ完成です。
外装はほんとにボロボロでしたが内装やエンジン回り、外装回り以外はグッドコンディションでしたので多少のメンテナンスはお手伝いさせていただきましたが程度極上のロードスターが出来ました。最近の車にはないアナログ感詰まったこの車ですが、エンジンをかける、ギヤを入れる、クラッチをつなぐ、ハンドルを切る、アクセルを踏む、ブレーキをかける、ただこれだけの操作が「楽しい」と思える車です。車があればどこでも行ける、一日中でも運転できる、眠たくなったら車で寝ればいい、と思った昔を思い出させてくれました。納車して半年は経ちましたがオーナーさんにちゃんとカバーをかけてもらって同じコンディションでいてくれることを嬉しく思います。最後は写真だけですが新しくなったロードスターをご覧ください。

DSC_8317.jpg

DSC_8333.jpg

DSC_8324.jpg

DSC_8323.jpg

DSC_8339.jpg



DSC_8318.jpg

では。

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 part3 

以前のブログを確認していましたら・・あっ、完結していない。焦った僕は続きを書くのでした。
いやはや申し訳ありません。すでに作業は終わっています(当たり前だっ)が写真だけでも載せます。
しかも前回の終わりに「次回完成です」って、、終わるの早すぎだろと自分でツッコミ入れる始末でして実はあと一回あります(笑)ということでもう少しだけお付き合いくださいませ。

▼ハードトップのサフェーサー完了後です。


▼前後バンパーのサフェーサー完了後です。この時代のウレタンはすぐ変形するので乾燥に時間をかけます。
DSC_8031.jpg

▼トランクパネルの裏塗り完了後ですね。裏側もツヤツヤ仕上げにしますので表と分けて塗装しています。
DSC_8032.jpg

▼ボディの塗装後です。自然乾燥の後に強制乾燥を2回ほど行い、念のため磨きまでに数日置きます。
DSC_8036.jpg

▼マッドガード(泥除け)も当たり前ですが真剣に下地を行い塗装します。
DSC_8040.jpg

▼ドアも塗りあがりです。チッピングの出来上がり(模様の仕上がり)も重々ににチェックします。
DSC_8057.jpg

▼ボンネット完成。奥にはトランクも仕上がってますね。もちろん強制乾燥、そして磨きまで放置プレイです。
DSC_8052.jpg

▼ホイールも塗装完了。まさに頭のてっぺんからつま先まで状態です(なんのこっちゃ)。
DSC_2294.jpg

ということで?!次回でホントに完了します予定です。必ずや完成をお見せしますのでしばしお待ちください。

では。



category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 part2 

ユーノスロードスターの全塗装続編です。今回は分解編ですが、こちらのお車すでに作業は完了しておりまして・・繁忙期(言い訳w)のため次回が完成編となります。。つまりは分解するところまでは頑張って写真を撮っていたということですが、、繁忙期の仕事でも仕上がりはばっちりですので御期待くださいませ。

▼もうすでにお馴染みの光景かと思いますが見積もりに合わせて分解していきます。


▼分解するうちに折れてしまうボルトなどは分解時にタップで新しくネジを切りスムーズに組み付けるよう準備しておきます。
DSC_7946.jpg

▼うわーヒドイ剥がれ方!なんですがある意味嬉しいの剥がれ方・・・
DSC_7951.jpg

▼そう、新車から一度も補修されてないのです!こんなコンディションは本当に稀です!
DSC_7953.jpg


フロント部、ここも新車のまま。全てが全てではなかったのですが修理歴が極端に少ないです。
DSC_7943.jpg

▼左リヤ部、こちらもGOODコンディション!このツヤの無さを喜ぶのは職業病ですね。。
DSC_7949.jpg

▼入庫時、ホイールは鉄ッチンでしたのでNB純正を再塗装して使用します。
P5200039.jpg

お見せできない作業をしてるわけではありませんが、次回いよいよ完成(はやっ)!
乞うご期待!


category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 

全塗装の御依頼でユーノス・ロードスターをお預かりしました。
未だ絶大な人気のNAロードスターでありますが、初期型は発売から27年も経っておりまして、よほどのガレージ保管でなければ塗装がボロボロに剥離しております。見た目はこんな風になっておりますが年数からするとある意味正常なことであり、パネルの継ぎ目などが錆で腐っていないだけグッドコンディションだと自身を持って言えます。今回の車は同じ月極駐車場に停めてあったのを直接交渉して購入したとの話ですからどこに縁があるか分からないものですね。さていつもの通り分解して作業しなければいけないところを見極め、段取りしていきます。

▼ハードトップ付きのNA8CE。見た目は・・・ですが、なかなかどうしてきれいな一台であります。


▼ここまでなっていようがなかろうが、剥離しちゃいます。剥がれ方からすると新車の塗装のままのようですな。
DSC_7226.jpg

▼ツヤナシネオグリーン。
DSC_7227.jpg

▼後姿も美人さんであります。エンジンメンテ、全塗装、ホイール交換などなど、楽しみいっぱいです。
DSC_7228.jpg

今回のNAロードスター、すでに作業は進んでおりますが・・ご紹介する内容は・・ほぼビフォーアフターになってしまいそうです。とくに何も隠すことはございません、ただただ写真が少ないという理由だけなんですが。
後日、ツヤツヤへの変貌、お楽しみに!

では。

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マツダRX-7(FD3S)/セミ全塗装 

R0012001.jpg

クリアー?塗装自体が最高潮にお疲れしてあるFD3S。
とにかく剥いで塗装しております。
しかしここまでなる車も珍しいですがビフォーアフターの感動もすばらしいものです。

R0012196_20150513181417531.jpg

R0012217_201505131814177bc.jpg

R0012215_20150513181416ef8.jpg

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マツダ ボンゴ板金塗装 

マツダ ボンゴ板金塗装を紹介します。

車の損害・保険加入条件などお客様とご相談の上
必要な部品の値段・作業工賃・板金塗装代をお見積りし、検討して頂いて
それから、お客様のご都合に合わせて入庫日と納車日を決めてから、
お車をお預かりし、修理させて頂きます。

入庫時の損害状況です。

フロントパネルから左ドアそして、衝撃がドアの取り付け部分のピラーとフロアまであり
ドアが噛みこんでいて、開け閉め出来ない状態です。

ドアの横からの様子です。

ドアの下の部分がひどく原型が分からないくらい、折れ込んでいます。

フロアまで、折れ曲がっています。

フロアは、板金塗装します。


ピラー・フレームを修正する為に、一番大事な事は、ボディーのどの部分がどれだけ
損害を受けているのか。それが解らないとボディー・フレームの修正が出来ません。

始めに見落としが無いように、きちんと計測して、各部を点検して確認し、
ボディー・フレームを修正します。


ボディー・フレームを計測し、寸法通りに引っ張り出し修正したら。
ダメージがひどく折れ曲がっていたので、ピラー・パネルドリル・エアーソー・タガネを使用し取り外して、新品のパネルを合わせて計測しながら溶接し取り付けます。

取り外した様子です。ある物が無いと不思議な光景になりますね


そこに、パネル・ピラーを計量だけではなく、パネルを仮溶接して
ドア・ヘッドライト・バンパーとの隙間を計測して、ドアの開け閉めなど、
微妙な調整をしてから確実に溶接をしていきます。



板金が終わり

溶接目やフロントパネルの凹みにパテを付けます。


パテをサンダーや素手での感触で凹み、キズを無くします。



お客様のご意見・ご要望を伺い、打ち合わせをして、ドアは中古部品を使用します。

中古部品と言っても、とても綺麗です。写真を見て頂ければ解りますが、
キズは全く無く、指先ほどの凹みがある程度でしたので、パテを使用し凹みをなくし
塗装します。


パテを研いで凹みが無くなると、パテと塗料など下地処理の為に
必ずサフェーサーを吹き付けます。



耐水ペーパーを使い、サフェーサーを水研ぎします。
それは、仕上がりを良くする為にとても大切な作業の一つで
600番から3000番の耐水ペーパーを使い、サフェーサーの表面が輝くようにまで
水研ぎをします。

それから、マスキングをして塗装します。



完成です。
大小問わず、どのような損害でも
お客様にご満足していただく為に、お客様と細かく打ち合わせをさせて頂きます。
ご一緒に修理方法を考え、お客様のご希望に添えれるように板金塗装させて頂きます。
お気軽にご連絡・お問い合わせ下さい。
もちろん!見積りは、無料です。







                      (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
               


category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マツダ ベリーザ 板金塗装 



オートサービスサンルイスでは
お客様の御予算に応じて、必要な部品の値段
板金塗装の作業工賃を正確に、御見積もり致します。



マツダ ベリーザの板金塗装をご紹介します。

右側リヤドアの作業前の様子です。
見て頂けると解るように、ドア全体が折れこむように変形しています。

このドアを板金塗装するとなると、板金にかなり時間がかかり
新品ドア取替え以上に作業工賃が高くなってしまいますので、ドアを取り替えます。



左リャクォーターパネル(リヤドアの直ぐ後ろ)板金の様子です。

この部分は何枚も鉄板が重なっていて、凹みを直すのに苦労します
ピン・ワッシャ溶接機で引き出し板金をしています。



板金が終わり、パテを付けてリヤドアとスキマと出具合を合わせながら
パテを研いで行きます。

それから、下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。


写真を見て解りますか?

中古パーツを使用しています。
右側リヤドアの中古パーツを取り寄せて、少しでも金額が抑えれるように
お客様とご相談の上、中古パーツを使用しました。



赤い色は、綺麗な色彩を出すのが難しく
塗装の仕方で色が変わったりしますので注意しながらの塗装になります。

その為、塗装しながら色の変わり方を見ながら塗装していきます。




輝きを求めて、ポリッシャーを使用し磨いていきます




完成です


サンルイスでは、小さなキズから大事故まで損害の程度は問いません。
車の板金・塗装修理と一口に言っても、損害の程度は様々です。
バンパーのスリキズや、飛び石によるキズ、磨き作業で綺麗になるキズなど、
小さな損傷もあれば、パネルのカット交換をしなくてはいけない凹みや、
エンジンを降ろしてフレームの修正が必要な事故、などの大きな損傷もあります。

サンルイスでは、お客様の大切な愛車がどのような損害状況でも、
ご負担を少なく、愛車を綺麗に仕上げると言う考えに
大小のキズ・事故は関係ありません。

お客様のご意見・御要望・御予算にお答えいたします 










category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

MPVの板金塗装・コーティング 

MPVの板金塗装・コーティングを御紹介させて頂きます。


MPV板金塗装の続きを御紹介します。

前回は塗装前の作業で終わっていました
続きは塗装の工程になります。

塗装ブースで塗装以外のヶ所にマスキングをします
塗装する範囲が広くマスキングが終わるのに2時間かかりました




塗装中の写真です
塗装作業の基本は、平行・直角・一定速度にスプレーガンを動かす事なんですよ





前後バンパー・モール・ミラーなど取り外した、部品は別に塗装します。





塗装が終わり、ブースで焼き付け乾燥してポリッシャーで肌艶を合わせながら磨きます





加えてコーティングをさせて頂きます、サンルイスではリアルガラスコートを愛用しています
このガラスコートは、2液性の硬質ガラス状被膜でとても硬く耐久性がすごいんですよ





コーティング液を塗りこんでる作業です。





コーティングを拭き取った直後です。
実際に見てもらうと分かりますが、眩しいくらい光っていますよ
コーティングの作業はこれで終わりではありません
一つ大事な作業が残ってます、それはコーティングの乾燥です
一日、自然乾燥をし塗装ブースで熱風乾燥をしますので頑固に固まりますので
コーティングの耐久性が増します



完成写真です。
新車のようですね
ここまで綺麗になると、お家に飾りたくなるのは私だけでしょうか






オートサービス・サンルイスでは
御客様に、御満足を御提供するために
修理金額・仕上がり・納期
あらゆる御希望にお答えいたします。   

    
                 担当 大平

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --