Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

新品部品と中古部品について 


新品部品と中古部品について少しお話します。

サンルイスでは中古部品を使用する修理が多いのですがその理由と意味は何だろう。
修理する現場として改めて考えてみました。
まず新品部品とは?ですが御想像のとおり、トヨタや日産に部品を注文すると、色も塗られていない
新品のドアやフレーム、ボルトやスイッチが送られてきます。もちろん完全に未使用ですね。
では中古部品となればですがサンルイスでは全国ネットワークの中古部品業さんに依頼します。
年式や仕様、色まで指定することもあり、依頼を受けた中古部品商は全国のネットワークへ登録が無いかコンピュータで探し出すという流れになります。
結果、納品時間は新品部品の方が早く修理にかかれる時間も早いのです。
しかし新品部品がメーカー欠品であれば中古部品の方が早いケースもあります。

時間についてでは新品>中古ですね。

金額についてですがもちろん新品は定価になります。普通車のドアであればおおよそ3.5万円~5万円します。
これが中古部品を使用すると年式が新しいほど見つかりにくく高額ですが新品部品の6~7割程度でお渡しできます。

ということは金額の安さについては新品<中古になります。

ではでは一番気になる「中古部品って安い代わりに物は悪くないの」ということです。
正直に言えば「悪いところ」では無く勝敗のつかないメリットデメリットになります。

電装部品のような消耗品であれば金額が安ければ寿命も短いと考えて良いと思います。
いくら「当たり」の部品でも寿命はあります。使用年数が少なければ高いですし、年数が長ければ安くなります。
ですから買った金額分だけの寿命と考えて大丈夫でしょう。
しかし消耗品でなくドアやフェンダー、ボンネットの場合金額が落ちても寿命は変わりません。
20~30年前の車はそりゃもうメンテ次第や走る場所によって鉄板が腐りボロボロになってました。
でも最近の車で穴が開いたドアなど見ないですよね。
その答えは鉄板の下処理が良くなっているからです。
そしてそして最近は少なくなってはきましたが、新品部品の方が形が合わないということがあります。
昔聞いた話では(うわさなので・・)新車の生産ラインで形が合わない物は部品単品で販売すると聞いたことがあります。その点、中古部品は新車ラインで作られた車に装着してあった部品として信用は高いと考えます。

するとクオリティーで考えれば新品=中古ではないでしょうか。

一例をご紹介します。
新品部品使用の、総額50万円の事故修理の場合の内訳平均は65%(325、000円)が部品代、35%(175,000円)が工賃代になります。
中古部品が新品部品の60%で入手できた場合、部品代が130,000円も安くなり総額37万円の修理になります。
数字で出すとビックリですね。

私個人の意見(もし自分の車だったら)では何を新品に換えるのか・・・・・
・エンジンオイル
・エレメント
・ベルト
・ブレーキパッド
・パッキンのようなゴム類
・バッテリー
・よく壊れる電装部品
・よっぽど程度の悪い中古部品しかない時
etc

もうお分かり!板金塗装には新品を使わなくてもデメリットは無い(に等しい)です。

長くなりましたが上記の方程式になることはサンルイスの提案だけでなく程度の良い中古部品を探してくれる会社と付き合っているからであり、一台の修理に携わる業者さんと共にお客様の修理を考えています。

では








category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

調色の話。 

今日は調色の話をしたいと思います。

傷の修理の流れは
①板金をして凹んだ鉄板を元に戻す。
②板金で取れない小さな小さな凸凹をパテで仕上げる。
③色を作る。
④塗装する。
⑤磨く

という工程で出来上がります。

全ての工程で技術が必要ですが③の調色を説明しますね。

車の色はメーカー車種毎に様々の種類があり、例えば白のボディー色でもメーカーと年式車種により微妙に違います。微妙とはホントに少しなのですが色の違いとは子供でも簡単に見破ることができるほど違うのです。
傷が入って自分でタッチアップしようかと純正のタッチアップペイントを購入して色が違った経験は無いでしょうか?
例えばトヨタのホワイトで050という色番号があります。この色番号データで調色すればいいのでは?と思いますが、まず色が合うことはありません。「だって色あせしてるからでしょ?」と思いますよね。それも正解ですが、実は新車が工場で作った
時期、工場の場所によってまったく違うのです。
分かりやすく言えば平成22年10月に九州工場で作った新車のクラウンのドアと同じ月に関東工場で作った新車のクラウンのドアを付け替えると・・・普通は分からないと思いますが、きっと子供が見ても分かると思います。
塗装する日の気温や湿度によっても微妙に変わるものが場所まで違うと決定的です。しかも生産月が1年も違うと丸っきりといっていいほど違うことになります。
結果、一台一台違う色を持っていますので調色という作業が必要になります。

調色といってもゼロから作ってもキリがありません。
まずは車体の色番号を見てサンプルと見比べてから現車と近い物を見つけそこからスタートします。
先ほど例に出したトヨタの050を作るとすればまず15種類のサンプルから1番近いものを見つけ、そのサンプルの配合を何度も微調整して色が出来上がります。

画像 035
サンプルの色カードです。
黄味がかかったシルバーですがその中の4分の1くらいでもこの量です。

画像 036
サンプルカードはこの中に入っていますがおおよその色によって引き出しが分けてあります。
各引き出しに100枚以上のカードが入っており、しかもこのケース自体がもうひとつあります。

画像 038
気の遠くなる作業ですがサンプルからのデータを元に微調整を50種類の原色を0.1グラム、場合によっては爪楊枝に付けたくらいの量を足して微調整していきます。

これだけ大変のことをしていますが厳密に調色料というのは無くて塗装代に含まれます。

余談ですが以前調色をしている時に悩みに悩むことがありました。どうしたらいいものかと考えた末にバイクでプラーッと走って気晴らしをして帰ってくると・・・・あら不思議、色が見えてサクッと調色できたことがありました。そんなもんです。
そして大変なようにいろいろ書きましたが、調色は 楽しい 仕事です。

ではー


category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

板金塗装でのパテの紹介 

オートサービスサンルイスは
価格・仕上がり共にこだわります

仕上がりにこだわるからこそ
一つ一つの作業工程、使用する工具、
板金塗装の材料に、日々こだわり追求し厳選した材料を使用しています。

今回は、その中の厳選されて愛用しているR-Mのパテを紹介します。

R-Mパテの特長は。。。
鋼板、亜鉛鋼板及びアルミニウム素材に対して優れた密着性を
備えた厚付けが出来るボディーフィラーです。 

カートリッジタイプの缶にパテと硬化剤が充填されていますので
硬化剤の割合が正確に測られ押し出されます

パテに硬化剤が多すぎたり、少なすぎると固まらなくなったり
パテの密着性が悪くなりますので、その面、カートリッジタイプは
間違いなく、的確な割合になります。

僕も、サンルイスに入社するまでは知りませんでした。。。

僕が知っていたパテは、缶からパテを取り出し、硬化剤はチューブ式でしたので
測る事が出来なく、硬化剤を入れすぎたかなぁ足りなかったかなぁ
思う事が多々ありました。。。

その点、R-Mのパテは初めて見たときは感激しました


見て下さい。  興奮気味ですが

パテと硬化剤が正確に測られ出てきます。
当り前のように出てきていますが、そのなんて無い事が考え付かないし
その発想がとても素晴らしく思います




パテのカートリッジ式だけが、凄い訳ではありません。

パテを付けてみると解りやすいし、他のパテと比較すると解りやすいのですが
パテを付ける際のパテの伸びが違います、それにとても硬く
パテのキメの細かさにも驚きました。

キメが細かい言う事は、密着性も高くて硬化性も良く
塗装の下地には最適なパテだと思いました。


板金塗装の事ならお任せ下さい。
お客様に、御満足を御提供するために
仕上がり、修理金額、納期ありとあらゆる御希望にお答えします



                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////






category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

アルミホイルの板金塗装 

オートサービス・サンルイスでは
お車の事なら、どのようなお客様の御要望にも対応しています。
お気軽に御連絡ください。

アルミホイルの塗装を紹介します。
縦列駐車の時などに、ギリギリに停めようとすると
歩道のエンセキなどにガリッと、、、キズが入ってしまった
キズの塗装です。


ホイル塗装は、少し工程が違います。

まず、ホイルは油分がたくさん固着していて
油分があると塗装がはじかれてしまいますので、塗装が密着しません。
先に油分を取る為に専用の洗剤で洗浄します。



綺麗に洗浄しました

それからキズを研ぎ出して、下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。



赤くなっているのは、赤外線です。

赤外線でサフェーサーを乾燥させます、とても大切な作業の一つなんです。
赤外線で乾燥させると芯から良く乾燥して、密着性や塗装の耐久性も
サフェーサーの処理の仕方によってちがうんですよお



芯から乾燥させてから。

塗装の際にペーパー目が出ないように、耐水ペーパの600番から3000番えと
ペーパー目を細かくしていきます。



見てください

ここまで綺麗に塗装できます。



タイヤを組み付けて、完成です。

新品同様です

少しのキズでアルミホイルを購入するのはとても高いですよね
そのような時、オートサービスサンルイスに御相談ください
塗装をすれば、綺麗に仕上がり満足していただけると思います。







                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////








category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

ETCの得点 

オートサービス・サンルイスでは、
ETCの取り付けも行ってます。

ETCを御利用になると、いろいろな得点がありますよ



例えば、福岡高速道路(都市高速)の場合

日祝日割引(10%)¥600¥540
土曜割引 (5%) ¥600\570
夜間早朝割引(10%)¥600¥540 22時~翌7時に入口通過が条件です。



高速道路の場合

深夜割引(40%)  午前0時~午前 4時まで
通勤割引(50%)  午前6時~午前8時までと、午後5時~午後8時まで
               適用時間内に走行距離が100km以内の場合

早朝夜間割引(50%) 午後10時~午前6時まで
              適用時間内に走行距離が100km以内の場合

一例です。使い方ではまだまだ多くの割引がありますよ



ETCの割引をうまく活用するとかなり、
高速代が格安になりますよ
                



オデッセイにETCを搭載する風景です。                




搭載するETCです。各種メーカー取り付け致します。





電源を取るためと配線を通すために、コンポ・メーター回りのパネルを外し
配線を通していきます。




配線を通しアンテナを付けます
今回はフロントガラスに装着しました、アンテナを付ける場所は
お客様と御相談の上、取り付けます。




ETC本体はハンドルの下部分のパネルに装着しました





ETCの割引を活用して
思い出に残る楽しいドライブになるといいですね



                                 担当・大平

category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

夏モード 

車の中はすっかり夏模様。エアコンの調子はいかがでしょうか。
この時期から多くなる車のトラブルといえば、「バッテリー上がり」です。バッテリーには液体が入っていますが、エアコン使用などで電気を多く使い出すと、水分が徐々に蒸発します。ガソリンスタンドや自動車部品量販店で、バッテリー補充液(蒸留水)が売られていますので、液が減っていたら補充しておきましょうね。
バッテリー液補充線

バッテリー使用期間が2年を超えている場合は特に注意が必要です。できれば交換することをオススメします。新しいバッテリーにしてもなんだか怪しい時は、お近くの修理工場などへ相談してみてください。
車が止まってしまう前のひとことでした。

只今、「春の全国交通安全運動」が、5月11日(金)~20日(日)で実施されています。今年の重点項目は「飲酒運転の根絶」「自転車の安全利用の推進」「後部座席を含むシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」 となっています。余裕をもった運転を心がけたいものです。
スタッフより。

category: 車に関わる出来事

thread: 安全運転  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

展示会「大の市」 

こんにちは。
先週の土日に福岡国際センターに工具の展示会がありましたので行ってきました。
年に一回あるんですが最新の塗料や工具・設備が各メーカーたくさん出品してとても勉強になります。
これに行くと昼食もついているので楽しみの一つです。。



九州各県から板金塗装業を主とする人たちが集まるんです。



これはハイエースバンに塗料セットを積んでデモに廻る車でしょう。
普通にそこらへんの工場より良いです。
しかも何かかっこいい。



サタのガンです。RM社の推奨ガンだったと思います。
私の愛用品ですが国産にはない質感と実際吹いてみるとミストがとても小さく高性能です。
あまり見かけない一品でしょうね。



去年もやってましたが水性塗料のデモです。
年々環境問題への考え方も広まっていきもうすぐ水性塗料の時代が来るんでしょう。
現在はまだ溶剤系の塗料(シンナー)がほとんどですが今度からは水で薄めたりとか・・。
簡単に言うと油絵から絵の具になるってことでしょうね。



こちらはコンパクトツールさんです。公私共にお世話になっているS氏が頑張って営業してました。
本当に使いやすいものばかりでどれも重宝しています。
古い工場にも「何年使ってるの?」と思うものがあり小さな修理部品も充実しています。

と、まぁいろいろなブースで話を聞いて来ましたが道具を知ることはひとつの技術を手に入れることと同じなんです。
目的や時代の変化によって材料も変わるのでそれに合わせた道具も使わないとね。

情報もお腹もいっぱいの展示会リポートでした

category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: 0   

福岡、飲酒運転死亡事故で思うこと 

こんにちは  

今日は、最近感じたこと

先日の福岡での飲酒運転による事故をきっかけに、
全国で飲酒運転の取締りが強化されていますが、
それでもなお毎日のように、
飲酒運転による事故のニュースが後を絶たないですね。
今、運転者のモラルが見直される世論の中、
こんな新聞のコラムがありました。

被害者はもちろん、加害者も、もとい加害者の家族の一生も台無しにしてしまう、という内容でした。
加害者本人もケガで入院。すると被害者に謝罪にまわるのは妻。
子供もいじめられ学校に行けない。本人はもっともこんなはずじゃなかったはず。

すごく考えさせられる記事でした。
運転するという責任の大きさをもっと自覚せねば。
                    
                       

福岡の車修理(事故車)ならサンルイス 無料修理見積りはこちら

category: 車に関わる出来事

thread: 自己啓発  -  janre: ビジネス

CM: 0 TB: 0