Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ATオイルを交換したくないお車へ朗報。 

車が高齢になるとお勧めしたくないのがATF交換です。定期的にATFを交換してある車ですと問題ないのですが、10万キロ交換してないなんて車は結構たくさんいます。走行が伸びるにつれてミッション内部でスラッジ(オイルのカス)がところどころに都合よく溜まり問題なく(新車時の性能よりは低下してますが・・)動いてくれてます。こういった車を張り切ってオイル交換すると都合の良いポジションに溜まってたスラッジが剥がれて困ったところに詰まってしまう事があります。ですのでこちらからはあまりお勧めしておりません。しかし今回ワコーズからの新製品ミッションパワーシールドは添加するだけでオイル性能を復活させてくれるという商品です。添加剤が1本350ccありますのでATから古いオイルを350cc抜いてこれを入れるだけ。なんて有難いんでしょう。オイル性能の復活向上とシールコート(漏れ止め)が一緒になっていますので多少の漏れも止まってくれると嬉しいです。嬉しいです・・とは他人事のようで申し訳ありませんが、今までワコーズを使ってきた利点は車に怪我をさせない程度で効果を出すという事です。ハイリスクハイリターンではなくノーリスクそこそこリターン、場合によってはハイリターンです。こんなスタンスの添加剤って悪くないと思いません?
価格は1本、5,400円(工賃込み)です。
あなたのミッションに幸あれ!

では。


category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

WAKOS RECS 


WAKOSのRECSという商品です。
車の点滴という仕組みも見た目もその通り。エンジンの吸気側には負圧が発生しますのでその力を借りて少しずつ洗浄剤をエンジンへ吸わせます。吸入された洗浄剤はインテークマニホールド内部からバルブ、そして燃焼室へ入りカーボンを溶かして排気されます。

・・・そんなことはどうでもいい!?

効果は???

ワタシは体感しました。
1500~2000rpmのトルクが増したような感じです。
ATでシフトアップする際この回転域で踏み込んでいましたがアクセル開度一定で回転が上がっていく感じがします。ということはアクセルを踏み込まない=燃費が良くなるかと思います。
あくまでも今のところは体感の話なので、ちゃんと立証できるよう燃費を計っています。
効果が続けばまた御報告します・・が間違いないと思いますよーー。
同時にガソリンからインジェクター&燃焼室を洗浄するフューエル1も添加すると◎

所要時間は20分~40分です~!

興味のある方は御連絡ください!

では



R0012069.jpg

R0012076.jpg

R0012014.jpg

R0012064.jpg

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

BMWホイールコーティング~その後~ 

BMWのMスポーツにホイールコーティングをしました。

と言っても2年半前ですが。

なかなか良いコンディションを保っています。

どうしても隅のほうには汚れが溜まってますが欧州車ではかなりの効果です。

ブレーキのダストも簡単にとれますよ。

水弾きもいい感じで保ってます。

コーティング+ダストの少ないパッド・ローターを組めば完璧です!

では



category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

シートのシミ取り 


シート洗浄できるようになりました。

前々から、ちょっとしたシミとか簡単に取れないかな~って思ってましたが
何の縁か、有名メーカーさんがダイレクトメールを送ってきてくれて即購入!

早速試してみましたよ。


何のシミシミでしょかね。。
子供さんがいると色んなものをこぼしちゃって。

DSCN9111.jpg
専用の洗剤でゴシゴシ、びちゃびちゃにします。
仕事なのになかなか楽しい。

DSCN9130.jpg
そしてこの濯ぎをしながら脱水する掃除機で吸い取る。
吸い取る吸い取る。
この吸い取った色を見たらわかりますが・・かなり汚れてます。

DSCN9125.jpg
完璧には吸い取れませんので少しエアコンで除湿して完成!!

ほら、どうです?

主婦の方!旦那さんに見つかる前に!

1箇所3000円~5000円くらいあれば出来ますよ~。

では


category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

シボレー・エルカミーノのエアコン修理 

シボレー・エルカミーノのエアコン修理事例です。

「エアコンの風が弱い!」ということで修理依頼がありました。
構造は難しくありませんので順に追っていくことに。

まずはブロアモーターという送風の元になるファン&モーターを点検します。
運良く、他のシボレー車のモーターとファンがあり取り付くことが分かったのでひとまず交換してみます。
しかし、送り出す力は問題ありません。
となると出口までのダクトが詰まっているのか?となりますが問題なさそうです。
助手席前のグローブボックス(車検証などが入っているところ)を開けるとなにやらそよ風が吹いてます。
調べてみるとダクトの繋ぎ目から風が漏れているようですね。

画1 (287)
では早速分解。
ダッシュボードを外しての大掛かりな作業です。
ここまで外すとやっとダクトに到着します。

画1 (286)
点検すると風が漏れないように処理してあるスポンジがボロボロでした。
おそらく吹き出し口からも飛んできたことがあるでしょう。

画1 (288)
新しいスポンジに張り替えます。
するとスカスカだった隙間がキッチリくっつきました。

最後に全部逆の手順で組み付けると完成!
風の吹き出しも復活です。
夏に向かって快適アメ車ライフを送っていただけると思います!

では



category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

メルセデスベンツ・C240(W203)ブッシュ交換 

メルセデスベンツ・C240(W203)ブッシュ交換を紹介します。

車検でお預かりしたのですが足回りを点検するとフロントのラジアスアーム(ロアアーム)のブッシュが
へたっておりガタが出ていましたので交換することになりました。

欧州車はここら辺のパーツが細かく部品としてあるのでメンテナンスにすごく助かります。
国産車だったら大抵はASSY交換です。




同じようなアームが片側で2本付いています。
今回は左右前側の部品になります。


交換前。
下の部品単体が新品です。
よく見ると上側のブッシュには亀裂が入っています。


ブッシュをプレスで抜き、プレスで挿入します。
プレスがないと出来ない作業ですが、ここもまた神経を使う作業です。

車検毎にガタが出るパーツを変えていくことにより驚くほど車が長持ちしていきます。
この小さなガタをそのままにしておくと周辺部品にまで負担がかかり乗り手が感じるようになるころには大出費になってしまいます。
また手遅れになるとブッシュ単体の交換が出来なくなりAssy交換となりますので
早めに対処することが安く長持ちさせるコツになります。

車検の際はどのくらい長く乗るかで修理内容を決めるとより良い修理になるかと思います。

では。

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

タイヤの空気圧 

みなさん、タイヤの点検していますか?
1番身近なのは空気圧だと思います。それと残り溝。
この二つは、ガソリンスタンドにて給油の時などに、見てみるとわかると思います。

まず空気圧について少し説明をします。
標準タイヤ装着の際は大抵が運転席側のドアの柱の位置にステッカー貼ってあります。
このような感じです


その基本となる空気圧が1番ベストな状態となります。
なお偏平タイヤなどはその空気圧とはまた違うので気を付けてください。

そして基準値より空気圧が低いと
 路面に対する抵抗が大きくなり燃費も磨耗も悪くなります。
 安定性や操舵性も悪くなります
使用条件では画像のように空気圧が減る事があるます、見て解るように
タイヤが押し潰されたようになっています、この状態で走行するともちろん
タイヤの接地面積が広くなり溝がすぐに磨り減ってしまいます、ハンドルも重たくなります。



逆に基準値よりも空気圧が高いと
 ゴツゴツした乗り心地となり小さな段差でも跳ねる感じが強くなります。
 走行安定性が低下することもあります。
空気圧を入れすぎると、タイヤの溝がもり上がり道路との接地面が少なくなり、
スリップしやすくなりますので、空気圧の入れすぎにもご注意下さい。


タイヤエアゲージにて空気圧を測定しています。
ステッカーの指示通に2.3kpaに合わせて空気を入れます、
もちろんタイヤ4本点検し空気圧を同じにします。


タイヤは、安全に走行する為にとても大切な部品の一つだと思います。
スリップサインが出ているタイヤは、早めの交換をお薦めします


1ヶ月に1回位の割合で点検してみると安心して走行できると思います。

空気圧・タイヤの点検はサンルイスでチェックいたします。
もちろん、タイヤ交換もサンルイスに御任せ下さい。

1ヶ月に1回位の割合で点検してみると安心して走行できると思います

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

タイヤ交換 

最近タイヤのチェックされましたか

タイヤの空気は、走行関係なくほんのわずかですが自然に抜けてしまいます。
空気が減ったタイヤで走行すると、タイヤのすり減りや走行燃費に影響を与えるんですよ
こまめにタイヤの空気圧をチェックする必要があります。

そして、タイヤは走行の際に必ず少しずつ消耗します
タイヤの溝が浅くなると走行中にハンドルを取られたり、雨の日に排水性が低下して
ブレーキをかけた時、路面にタイヤの動きが伝わりにくくなりスリップなどの原因になリます
少しでも症状がある場合は、お気軽に御相談ください




タイヤチェンジャーとバランサーを一月に設置致しましたので紹介致します


タイヤチェンジャーです、少し歳をとっていますが動きはばっちりです
ホイルからタイヤを外したり、ホイルにタイヤをはめる時に使います。



タイヤバランサーです、タイヤを交換した後にバランスを測らないで走行すると
ハンドルがぶれたりしますので必ずバランサーで測定してバランスを修正します


category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --