Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

積載車の全塗装 

今日は少し一息入れてサンルイスの積載車を載せてみます。
連休前の休みを使って前々からやりたかった積載車の全塗装です。
中古車で買って2年ほど経ちますがなかなか暇がなく後回しにされていました。


ざーっとやろうと思ったのですが、作業を始めると手が抜けなくて・・・結局ドアは外し少しの凹みも板金してしまいました。


久しぶりにお客様じゃない車を塗装しましたが、実にいいものです。
お客様の車であると間違いの無い仕上がりを常に求めますが今回のような場合では色々な試験的なことが出来、とても楽しいです。
例えば
「下地に○×番のペーパーを使ったらどうなるだろうとか」
「メタリックの塗装回数が多いとどうか・また少ないとどうか・ガンのエアーセッティングを・・・・」
と、日ごろ試したいことがたくさんあり勉強になります。
メーカーのマニュアルが一番ですが完璧ではないのでこういう機会に皆で「あーだ、こーだ」言ってます。
今回はシルバーとディープブルーパールのツートンに塗装し会社のロゴを入れて完成です。
GW明けには綺麗に化粧直しできていると思いますのでお楽しみに

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 3 

ラパン・FRPフロントバンパー修理の完結です。

前回の続きからですがパテの写真を撮り損ねました。すみません。
ということでサフェーサからです。



RM社のプロフというサフェーサです。他社の一般的な色はグレーですがRMは黄色ですね。
サフの上に黒い(汚れのようなもの)部分がありますが、これはサフの上に専用のスプレー(黒)を吹き付けて
そのスプレーがなくなるように研いでいきます。そうする事により研いでないところが分かり効率よく作業が進みます。



塗装後です。これまた綺麗に仕上がりました。


拡大するとこんな感じです。
濡れたような仕上がり。いいですね~。




組み付けです。
今回作ったホースメントの上に慎重に乗せていきます。



サイド部のブラケットも「カチッ」と入りました^^
何がいいって、気持ちいいですね。趣味と仕事は一緒にしちゃいかんと言いますが・・・。



装着が完了すると磨きです。3種類のコンパウンドを使い分け丹念に磨いております。



長くなりましたが完成です^^
色も良し。肌・ツヤもともにOKです。
内装・外装共によく手がかけられており、オーナー様がこの車を大切にしているのが感じましたのでいつも以上に頑張りました


ちなみに今後どのような修理内容を見たいか、もしご希望などありましたらメールまたはコメントにてお聞かせ下さい。ご希望に沿う修理、板金塗装がありましたら、掲載していきます。
では次回を乞うご期待

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 1


スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 2



スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 3


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 2 

ラパンFRPバンパー修理の続編です。

今回のラパンですが前回でも言ったように補器類の重みでバンパー取付部にストレスがかかっています。
したがってステーとホースメントを作りました。



純正のサイド取付部です。ここに合うように下の写真のステーを作りFRPで巻きました。


これでサイド部の補強は完璧です。


これはバンパー全体の加重を受け止める為のホースメントです。
乗用車クラスであれば付いているものですが軽自動車には無いものがほとんどです。
通常このホースメントは前からの衝撃を吸収する為にも取り付けられています。





上の写真がポリエステル樹脂です。ガラス繊維に塗り固めてしまうものです。
下の写真はガラス繊維。あらかじめ貼る場所にあわせてカットしておき上からポリエステル樹脂をかけて固めます。
この際気泡が入らないように専用のローラーで慎重に塗っていきます。
この工法の製品がFRPといいます。



ガラス繊維とポリエステル樹脂を塗ったところです。
極端に弱いところには鉄板を一緒につけてやると強度が増し割れにくくなります。

今回はステーとホースメント、FRP補修でした。
今度は塗装と取付けをお送りします。

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 1


スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 2



スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 3


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 1 

ラパンのFRPフロントバンパー修理です。
FRP製のフロントバンパーというのは加工しやすい反面、割れに弱くどうしても少しの衝撃で破損してしまいます。
今回は割れとバンパーにステーを増設して重さに耐えるよう加工します。








純正のプラスチックバンパーに比べ強度がなくそれにフォグランプやナンバーが付くと下に力が加わり少しの振動が取付部分に大きくストレスを与えます。したがってステーを付けてやる事により各取付部分の負担を軽減します。




ビビリ防止でしょうか。中には発泡ウレタンが塗ってありました。

ちなみに風呂釜やジェットスキーなんかもFRPで作られています。
FRPというのはガラス繊維を張り合わせていき作るものですがジェットスキーとかになるとすごく厚く強度的には車のバンパーの10倍はあると思います。穴が空いて沈みたくないですからね。

ということで次回はFRPの補修をUPします。では。

スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 1


スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 2



スズキ・ラパンのFRPバンパー修理 3

category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

フォルクスワーゲン・トゥーランのパーツ塗装 

フォルクスワーゲン・トゥーランのパーツ塗装です。
バンパー・ドアモール・ドアミラーを作業中です。


パーツの塗装はセッティングが難しく色々な台やステーを組み合わせて塗りやすいように
置いていきます。理想は塗りやすく、なおかつ車についている角度に近くセッティングするのが肝です。



バンパーですが艶・肌ともにGOODな仕上がりです。ゴミもついていません。
ちなみに塗装するときは防塵服というゴミの出ない服を着ます。
通常の作業服で塗装すると色んなほこりが出て大変なことになります。
塗装のエアーにもイオン発生器を取り付けてゴミをつきにくくしています。

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 2 TB: 0   

日産セレナ(C24)オートマミッション故障 

日産セレナ(C24)のオートマミッション故障です。
先日、お客様から車が止まったと連絡が入り天神まで積載車で引き取りに行ってきました。
症状を聞くと、走っていたら「ガコンゴトン」とエンジンルームで音がして止まったそうです。
現時点ではどのギヤにも入らなくなりエンジンはかかるのですが動かない状態でした。

このセレナはCVTというミッションで考えられるとすればAT内のステップモータの故障かAT内のチェーン切れです。
止まる前の音からするとチェーンの可能性が高いですが原因を確実にする為にATのオイルパンを外しました。
すると


こんなものが・・・。
チェーンが見事に切れていました。
ディーラーに聞くとAT本体の交換でおおよそ40万円はかかると。
中古も調べましたが現時点では程度のいいものがありません。
お客様はちょうど2月ごろから当社で買い替えの話しをしていましたのでその方向になりつつありますが
セレナをどうしようかと。
時間をかければ中古も見つかるのでとりあえず当社の敷地で保管ということになりそうです。
ちなみに中古部品屋さんに問い合わせたら最近ATの問い合わせが非常に多いということですので
そういう時期なんでしょうかね。
現在のCVTは対策品のチェーンになっているということです。

category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

ウイングロードの板金塗装 3 

ウィングロードの板金塗装が終わりました。
塗装から完成までをUPします。




塗装が終わった状態です。乾燥も終わっていますが、汗かきながら写真撮ってます。
なんせブース内は乾燥の為に60℃まで温度が上がってますから。ふぅー。



マスキングをはがして検査します。
「あ~塗り終わった」なんて気を抜いてる場合じゃありません。
この時点でゴミ・塗りムラ・色の具合を二人以上で見ます。
当然、すべてOK!と、磨きと組み付け作業になります。







完成です。修復暦も出ずに良い仕上がりが出来たと思います。
あとはオーナー様の迎えを待つだけです。
タッチペンも忘れずに乗せておきま~す。


ここでちょっと板金塗装について一言。
今回のウィングロードでは新車でしたのでとにかく良い仕上がりが求められました。
が、たまによく見かける古い車で修理したところが分かるものがあります。
その部分だけ見ればよい仕上がりなのですが周りと雰囲気が合っていないというか。
良い仕事とはいかに修理した部分を分からなくするかだと思いますので
色あせた車にはそれに合わせ、また塗装肌などにも気を使い作業しています。
お客様の満足度とは個人差があるものですが基本は
「どこを修理したの」と言われるのが一番ですし、私たちもその言葉に元気をもらって仕事しています。
ちょっと余談でしたが・・当社のモットーでした(^^)

「ウィングロード板金塗装1」の記事はこちらへ
「ウィングロード板金塗装2」の記事はこちらへ

category: 日産の板金塗装事例

thread: 修理  -  janre: 車・バイク

CM: 2 TB: 0   

レガシーの板金塗装 

最近また寒くなりましたね。
突然、氷が降ったりと・・大丈夫ですかねここ最近の環境は。
私もアイドリングストップなどに気をつけている毎日です

さて、本日はレガシーの板金塗装です。
車の板金塗装は左側が断然多く、やはり巻き込みによりポールやブロック塀などにぶつけてしまう見たいですね。
今からの時期、免許取り立ての方が多いようですね、お互いに気をつけましょう。

このレガシーは巻き込みによる損傷でドアの交換になりました。
写真では板金出来そうなのですが裏を見ると交換の理由が分かります。





このようにドアの内部には補強のビーム(中にある丸いパイプ)が入っており、ここの真裏(表)になると交換が必要になります。



交換後はこのようになり、新品部品には黒い下地塗料が塗ってあります。
交換をした場合には前後のパネルもぼかし塗装することになります。
通常、ぼかしパネルにキズがあっても工賃には含まれないので別途請求されるかキズはそのままで塗装される事も多いみたいです。
サンルイスでは出来る範囲で、しかも傷が浅ければ追加料金無しに作業をしています。塗装屋とすればキズの上に塗りたくはないですからね。

出来るだけ「あとひとつ何かしてあげれれば」と思い取り組んでます。



category: スバルの板金塗装事例

thread: 修理  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

ウィングロードの板金塗装 2 

ウィングロード板金塗装の経過です。



フロントドアの板金をしてパテがついています。
フロントフェンダーは色を剥ぎパテをつける前の段階です。



パテがついた状態です。
ここからペーパーで歪がないように研ぎます。



パテを研いだあとにサフェーサを吹き付けた状態です。
これはパテの上に一枚膜を張り防水や塗料の吸い込みを無くす役目があります。
ここの時点で歪をもう一度確認します。

サフェーサーからの流れは調色→マスキング→塗装→磨き→組み付け→完成
となります。明日ぐらいから塗装に入りますのでまたUPします。
ではまた

「ウィングロード板金塗装1」の記事はこちらへ
「ウィングロード板金塗装3」の記事はこちらへ

category: 日産の板金塗装事例

thread: 修理  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

展示会「大の市」 

こんにちは。
先週の土日に福岡国際センターに工具の展示会がありましたので行ってきました。
年に一回あるんですが最新の塗料や工具・設備が各メーカーたくさん出品してとても勉強になります。
これに行くと昼食もついているので楽しみの一つです。。



九州各県から板金塗装業を主とする人たちが集まるんです。



これはハイエースバンに塗料セットを積んでデモに廻る車でしょう。
普通にそこらへんの工場より良いです。
しかも何かかっこいい。



サタのガンです。RM社の推奨ガンだったと思います。
私の愛用品ですが国産にはない質感と実際吹いてみるとミストがとても小さく高性能です。
あまり見かけない一品でしょうね。



去年もやってましたが水性塗料のデモです。
年々環境問題への考え方も広まっていきもうすぐ水性塗料の時代が来るんでしょう。
現在はまだ溶剤系の塗料(シンナー)がほとんどですが今度からは水で薄めたりとか・・。
簡単に言うと油絵から絵の具になるってことでしょうね。



こちらはコンパクトツールさんです。公私共にお世話になっているS氏が頑張って営業してました。
本当に使いやすいものばかりでどれも重宝しています。
古い工場にも「何年使ってるの?」と思うものがあり小さな修理部品も充実しています。

と、まぁいろいろなブースで話を聞いて来ましたが道具を知ることはひとつの技術を手に入れることと同じなんです。
目的や時代の変化によって材料も変わるのでそれに合わせた道具も使わないとね。

情報もお腹もいっぱいの展示会リポートでした

category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: 0   

リーフレットが出来ました 

当社もこのようなものを作ってしまいました^^

当社HPを集約したリーフレットです。



おじちゃん、おばちゃん用のHPとでも言いましょうか。(失礼!!)

HPを立ち上げてもうすぐ一年。HPだけじゃ満足できずせっせと作りました。
最近ブログの更新が出来なかったのはこやつのせいです。
他社のリーフレットを見ると簡単そうだなと思いましたが、なんのなんの皆すごいですね。
A4の2面にこれだけ苦労するとは・・・。協力していただいた皆様ありがとうございました。

あっちなみに中身はこんな感じです



どこか那珂川町周辺でリーフレット見かけたらぜひお持ち帰りください。
チョット宣伝になりましたが、また

category: お知らせ

CM: 0 TB: 0   

ウィングロードの板金塗装 1 

今日は当社HPでの見積依頼からの車輌をUPさせていただきますね。
H様、東区からわざわざ有難うございました。
話を聞くとまだ新車でしかも当て逃げされたとか
となればサンルイスの腕の見せ所です。







写真では分かりにくいですがフェンダーは結構へこんでるんです。
通常、ディーラーさんで言えば交換になってしまうところですが
サンルイスでは板金にて修理をします。
なぜわざわざ板金するのかというと2つ理由があり
①金額を抑える
②修復暦を出さない
ということです。

②を例えばボンネットにマンションの上階から物が落ちてきて凹み、ボンネットの交換をしたとします。
すると下取り等に出した時は
「ボンネットが交換してあるから何か事故でもしたのかな?」
と疑いがかけられてしまいます。
「いやいや物が落ちてきてですね」
と説明しても前廻りを入念に見られて
結果、査定に響き価値が落ちてしまいます。

当社のやり方では出来る範囲であれば修復暦を残さず作業をすることを考えて事故によるお客様自身の心のキズを少しでも癒せればと思っています。

今日はまだ入庫だけですのでまた作業写真をUPさせていただきます。
次回につづく

「ウィングロード板金塗装2」の記事はこちらへ
「ウィングロード板金塗装3」の記事はこちらへ

category: 日産の板金塗装事例

thread: 修理  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

旧車・腐食の修理 4 完結 

少し間が空きましたがやっと完成しました。




どうです!?かっこいいでしょ!!
写真がもう少し上手だったら良かったのですが・・。実物はもっといいですよ^^




今回の作業は両側クォーターパネルとバックパネル、前後バンパー、ホイール磨きです。
バンパーは再メッキの予定でしたが腐食がひどくメッキ処理できませんでした(><)
ホイールの傷も修正と磨きでピッカピカに見違えるようになりました!!
車はもう当時のままですね。カーオーディオからは浜田省吾の曲が♪~♪
田舎町に行くとタイムスリップしたかのようです。。

オーナー様も今度は全塗装するそうなのでその時はまた連載します。

ということでセリカ腐食の板金塗装は完結です。

ではまた。

旧車・腐食の修理 1
旧車・腐食の修理 2
旧車・腐食の修理 3
旧車・腐食の修理 4 完結


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

ルポのルポ 

今日は春色のフォルクワーゲンルポの修理です。

フロントバンパー部ですが何かにぶつかって凹んでます。






これが裏です。。
けっこう変形してます。

2日で仕上げてくださいとお客様からの依頼だったのでバタバタとやりましたけど
いい仕上がりが出来ました。


ディーラーだったら交換だそうです

この色は限定色!?らしくて、あんまり見ないけど素敵な雰囲気ですね。
フォルクスワーゲンってやっぱり、こういうところからお洒落さのイメージにつながるんでしょう。

っと、本日はバンパー変形の巻でした。。

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: 0   

板金塗装の見積 

こんにちは。
もう春になりましたね。
板金塗装屋にとっては一番いい気候になりました。
気温も安定しているので塗装もやりやすく良い仕上がりが期待できます。

さて今日は現場ではなく事務仕事の方でちょっと。
よく見積もりって言うけど何を基準にって疑問じゃありませんか??
実は



こういうものを使ってやってます。

保険会社と同じシステムを導入してます。
ディーラーさんでは独自のものを使用してるみたいなので、少々お高くなることもあるみたいですが・・。

コンピュータでやるからって簡単じゃないんです。
現場の仕事を理解しないと「ここは板金で出来るな」とか、そんな被害がなさそうでも「交換しないとだめだ」という
判断を短時間でしなくてはいけないのです。

やっているうちに疑問も出てきます。
「ライトを交換するのにバンパーの脱着工賃も含まれるのか?」とかです。
そういったときに活躍するのが






これです。
この年になって勉強するのか!?って感じですけど、一番大事なところですよね。
修理が終わって「これも追加になったから」って金額上がっちゃ信用がないわけです。

なのでこのような道具を使って日々勉強してるのです。

何の修理であれ、まず正確な見積もりがあれば安心して任せられると思います。

ということで今日は見積もりについて話してみました。

では、また

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: 0