Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 9 

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン)続編です。

いよいよ終盤ホイールの塗装です。
塗装と言ってもブラックメッキ調のメタルフラッシュ塗装です。
純正ではエルグランドの一部がこの塗装ですが下地と上塗りの具合で微妙に変わってきます。

まずノーマルです。
ホイール (18)

AVS社のホイールで傷も少なくとても綺麗ですが塗っちゃいます。

ホイール (16)

まず洗車・・じゃなく洗ホイールです。
ここで小さな傷を見つけ、また裏側の油分を除去していきます。

ホイール (36)

一本のみ補修塗装がされていまして塗料の食い付きが悪かったので・・剥がしちゃいます。
剥離剤を2度3度4度・・・と細かいところまで塗膜を落としサフェーサーを吹きます。

ホイール (25)

サフでもきれいじゃない!?ってくらいに塗り込んでます。
どうしても小さい傷が残るのでサフェーサーで埋めました。
ホイールはあんまりパテを使いたくないので傷は出来るだけ削り込むようにしています。

ホイール

さていよいよ塗装です。
スタンバイOK。

ホイール (7)

まず黒を塗装します。
この上にクロームの塗料を吹き付けていきますが一回づつ完全乾燥なのでむちゃくちゃ時間かかります。。

ホイール (6)

個人的にはこれもGOODですけど。。

し~~~っかり時間をおいてクローム。

ホイール (28)

こんな感じで。どうです!!よさげ!

ホイール (31)

キラキラ。この中であの赤キャリパーがチラチラ。
う~ん、見とれそうでございます。

ホイール (34)

最後にタイヤを組んでバランス取って完成です。

この塗装はクロームの部分が非常に難しく、また非常に材料代が高く、ビビっておりましたが無事に出来上がりました。
材料残ったら私物でも塗ろうかと思ってましたが残念。キレイに無くなっておりました。。

え~次回はカーボンボンネット。これまたイロイロ・・・乞うご期待。

では。

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 1
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 2
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 3
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 4
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 5
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 6
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 8
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 9

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 8 

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン)続編です。

まず今回の主役となるキャリパーです。
スープラ用ですがチェイサーのTRDキャリパーはスープラ用とのことです。
このスープラキャリパーをTRDロゴの赤に変身させます。

キャリパー (30)


スキャナーからデータをつくりサイズを合わせます。
キャリパー (8)


前後キャリパーが違うので2種類作ります。

キャリパー (11)


キャリパー (15)


次にサンドブラスターにて表面の汚れと塗装を剥がします。
キャリパー (90)

専用の砂を高圧で吹き付け、細かい隙間まで剥離し、同時に塗装の足付け(下地)になります。

キャリパー (94)

↑素地の状態

↓耐熱塗装完了
キャリパー (39)

と、表面がツルツルになってますが表面をサンダーで研磨しています。
ザラザラの上にステッカー張っても??ですもんね。

キャリパー (50)

赤塗装後

キャリパー (70)

少し乾燥させステッカーを張りクリヤー仕上げをします。
ステッカーを最後に貼ってしまうと・・・・・後で剥がれてしまいますよね。
クリヤーを被せてしまえばメンテも楽ちんですよ

キャリパー (80)

塗装後にシールキットも交換します。
カップシール、ダストブーツなど新品になります。
単体で行なうより割安です^^

キャリパー (87)

んで、装着!!
カッコいいっすね!!
ホイールの中からチラチラチラチラ・・・ステキ
お洒落は足元からです。

次回はホイールの塗装です。装着後が楽しみ^^

では。


トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 1
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 2
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 3
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 4
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 5
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 6
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 8
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 9

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7 

少し間があきましたが。。。

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン)続編です。

パーツ類の塗装です。
バンパー・モール・アウターハンドルの小物をやっつけていきます。

工場さんによっても違いますが塗装というのはなるべく取り付けた状態で作業するのが常識とされます。

何故??

それは塗装する日の天気(湿度)や塗装する方向などにより色が変わるからです。
たとえばメタリックでボンネットは単体で車で言う左右横方向に塗装して仕上げ、フェンダーは前後方向に塗装するとメタリックの立ち方(メタリックの粒子の方向)が変わり、同じ塗料を同じ職人が塗装しても色味が違う事があります。
しかしながら当社ではドアとボディーを外した状態で塗装します。
理由はなるべくマスキングをせずに裏側や内部まで塗り込みたいからです。
ドアを付けたまま塗装するには限界がありどうしてもスプレーガンが入りにくいところはバサバサな仕上がりになります。
では色は違うか?と言うと大丈夫です。
ボディーとパーツは同じ日に塗装するようにしています。シンナーの番手(乾燥の速さ)も同じものを使い、同じ感覚で塗装することにより色ズレを防いでいます。
バンパー等のプラスチック類に関しては軟化剤といって柔軟性のある硬化剤を使用しているため同時にも塗装できません。
ちなみにトヨタのパールホワイトの車輛でバンパーとボディーの色が「ツートン?」っていう位違うものを見たことありませんか?これは製造過程で軟化剤の使用により発色の仕方が違うと聞きました。
サンルイスではこのような車が入庫した場合は色が離れすぎているため2色作っています。。

あ、本題に戻ります。

チェイサー P02

まず、サイドステップです。加工なしでもフィッティングはバッチリでした。

チェイサー P06

リヤバンパーです。切った張ったの加工済みです。

チェイサー P10

フロントバンパーです。擦り傷と塗膜の割れを修理しています。

チェイサー P19

アウターハンドルです。開いた状態で固定し中まで塗りました。

チェイサー P39

トランクです。単体で塗装しています。こんなに艶があるとパテのひずみ抜きの苦労が報われます。

チェイサー P40

もちろんモールも外して塗装です。

これで本体パーツは完成です。
ここまで来るとホッとしますね。先が見えた!って感じで。。

あとは・・ホイールとキャリパーです。

近日UPしますのでお楽しみに。

では。


トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 1
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 2
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 3
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 4
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 5
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 6
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 8
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 9

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0