Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ゴルフⅠカブリオ レストア?全塗装(オールペイント) 

こんにちは
最近、ブラックバスの料理がメタボ対策という記事を見て
「世の中色んなこと考える人がいるもんだ!今からの車業界は・・・・・・・」
という関連性の無いことを本気で悩んでいるサンルイスshintaです。。

こんな出だしでお客様の車を紹介するはずはありません。
そう、またまたサンルイス号です。

もう5年ほどなりますかね、所有して。
途中で始めようかすると中断、再開、中断・・・。
工場長から春と秋には「あれ今年も乗れませんねぇ」と5年。
ようやく復活に決断しました。

先ほども言ったように、この車は5年前に購入。
初めにホイールと足回りを新品で購入して、う~ん・・1か月くらい乗ったかな。
そうした内に「鈑金屋さんの車はキレイに乗らねば」と分解・分解。
すぐに終わらせば良かったものの、自分の車をいじり始めると仕事が忙しくなるジンクスにかかり
放置。ちょっとやっては放置。。
そうなるうちに部品がどこに行ったのか分からない。何がどうなの(怒)
そうこうしているうちに部品取り車輛があるということに。
見に行くと「こっちの方が良いじゃない!」
ということで部品取りがベースになっちゃいました^^;

golf (42)

こちらがベース車。
錆が出ちゃってます。


golf (53)

トランクなんて「バ~ン」って。俺、今更動かないよ~って感じでしょ。

golf (13)

ちょいと反抗気味なので!?丸裸にしてあげました
バラすのは簡単なんですけどね。

今回の企画はかな~り不定期に行っていく予定ですのでボチボチ見守ってやってください。

んでは。





category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: -- TB: --   

BMW E46 323 板金塗装 

BMW・E46・323の板金塗装です。

損傷個所は左クォーターパネルとトランクパネル・テールランプになります。
トラックににぶつけられ、荷台が当たったのとの事ですのでバンパー付近に傷は無く
車両上部に当たっています。
BMW323 (3)


トランクパネルは縁が折れている程度でしたがクォーターパネルは角っこの硬い部分がやられています。
BMW323 (4)

一か所の凹みではなく、この硬い部分の損傷によりテールランプ上部(三角の所)が倒れるように折れています。
この程度のように見えますが修正方法は油圧タワーを使ってチェーンで引き出します。
タワーを使うことにより全体的な歪みが取れるからです。


BMW323 (5)

次にパテ~サフェーサです。
写真はサフェーサーが塗ってあり、このあと研いで塗装に行きます。




塗装後ですね。
トランク上部には線傷もありましたので同時に修理しました。
もちろん付属部品などはすべて取り外し、バンパーもありません。
ここでバンパーを付けたままマスキングにて塗装すると、バンパーとボディーの隙間の塗料が密着不良などを起こし、日が経つにつれて・・・・・・怖いことになります


BMW323 (1)


BMW323 (2)

M3の純正テールランプを装着し完成です。
斜めからの写真がありませんが。。。出来上がりはバッチリです^^

今回のように見た目の損傷は小さくても硬い所に当たると見た目以上の歪みになることがあります。
写真ではあまり表現できませんでしたが次回からもう少し分かりやすく解説しますね。

では。


category: BMWの板金修理事例

CM: -- TB: --   

マセラティ・クアトロポルテ板金塗装 

マセラティのフロントバンパー塗装です。

フロントバンパーの飛び石傷が多くそろそろ再塗装ということで作業いたしました。

お客様はネットからの問い合わせで御来店いただき、話を聞くと高速道路の使用が多いとの事でしたので
この傷も納得です。
mase (15)


バンパー下部が目立ちますがよく見ると全体に塗膜がはがれています。
mase (5)

グレーの部分キズを修理したところでサフェーサーを吹き付けた状態です。
パテを使用するようなキズはありませんでしたので砥ぎ込みにて下地完成です。

mase (1)

塗装完了。
この色はデータが少なく調合してから数回調色を行い色を作りました。
クリヤーにも軟化剤を使用しましたのである程度は飛び石に対しても強くなっているかと思います。


mase (18)

部品を組み付け、装着・完成。
色も艶も文句なしです^^;

恥ずかしながら私マセラティとは分ったんですが車種までは知りませんでした。。
よく見るとダッシュボードの作りなどとても凝っていて、また、車がキレイ
拘りの車に拘りのオーナー様たちに来ていただいて楽しく仕事をさせて頂きました。
もう一台同じ車をお持ちということで次回はそちらでの来店お待ちいたします^^

では。

category: マセラティの板金塗装事例

CM: -- TB: --   

トヨタ・ノアの板金塗装 2 

トヨタ・ノアの板金塗装続編です。

永らくお待たせしました。。スミマセン



さて、前回はインナーフェンダーの板金まで終わっていましたので
いよいよフェンダーの貼り付けです。


新品のフェンダー(裏側)です。
もともとは黒ですが防錆処理を行っています。




バイスプライヤーというロック機構がついたペンチで仮止めを行います。
この時にスライドドアとの隙間やインナーフェンダーとの合わせ具合を確認します。




溶接後。
スポット溶接が出来るところは使用し、機械が入らないところは溶接機で付けていきます。

溶接したところを研磨後、下地処理を施し塗装に入ります。




塗装はスライドドアを取り外した状態で行いました。




付属部品を組み付けているところです。
同時に磨き作業も行います。



完成

塗装範囲はスライドドアとクォーターでリヤバンパーは磨きにて傷が取れました。
今回は自損事故にての修理でしたので大まかな内容はディーラー見積もりに沿って
金額は6万円程安くできました。



category: トヨタの板金塗装事例

CM: -- TB: --   

トヨタ・ノアの板金塗装 

トヨタ・ノアの板金塗装です。
インターネットからお問合せいただきました。有難うございます

損傷個所は左スライドドアからクォーターパネル(リヤフェンダー)にかけて損傷しています。
駐車場のガードレールということですが、かなり深いキズ・凹みになっていました。
ディーラーさんでクォーター取替見積もり、他の板金屋さんでクォーター修理のお見積もりを取られた
との事ですがサンルイスで両方のお見積もりを作り取替の作業となりました。
自損(保険無し)ということもあり、ディーラーさんよりも作業を省きながら仕上がりも考えお見積もりすると6万円ほどお安くなりそうです。

さてさて、本題に入ります。
まず、損傷個所です。
093 (1)

上から見ると損傷具合の大きさが分かりやすいですね。
ガードレールのポールが引っ掛かったようです。
クォーターパネルの内側まで損傷があります。
093 (7)

後ろから。一度は板金にての見積もりを作りましたが・・・
093 (8)


スライドドアの凹みはドア本体の形は狂っていませんでしたので先に鈑金します。
ドアの裏には手が入りませんので表側から溶接にて引っ張り出していきます。
画像 080

スライドドアの形が出ると今度はクォーターパネルを引き出します。
交換するのに何で?ですが、凹んだまま外すと内側の凹みを単体で修理しなくてはいけなくなり
後で大変な作業になりますので面倒でも引き出し作業をします。
画像 089


粗出しが終わり出面を調整したらスライドドアを外します。
ここからスポット溶接を一つ一つ丁寧にドリルで切っていきます。
スポット溶接というのは鉄板と鉄板を直径6mmくらいの円に溶接してあることです。
これを今回のクォーターパネルで言うと30箇所は付いているのでスポットカッターというドリルで切っていくのです。これが結構キツイ
画像 103

はい、外れました。こんな姿あんまり見ることないですね。。
裏にはスピーカーだとか付いてます。
093 (19)

んで、残骸。穴がいっぱい空いてますが、これがスポット溶接の跡です。
093 (18)

クォーターが外れましたらインナーパネル(クォーターパネルの裏側)の板金をします。
新しいクォーターパネルと合わせながら寸分の狂いもないよう叩いていきます。
093 (32)


最近は便利な道具がたくさん出てきましたが最後はやはり職人の手で完成していきます。

ここまで一日半かかりました。
次回は新しいクォーターの貼り付けから塗装まで行こうと思います。



では。

category: トヨタの板金塗装事例

CM: -- TB: --