Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ポルシェ(ボクスター)板金塗装 

オートサービス・サンルイスでは、
どこよりも丁寧な作業と、お客様との出会いを大切にします。

ポルシェ(ボクスター)のバンパー塗装を御紹介します。
フロントバンパーとリヤバンパーの塗装です。


飛び石等の小さい傷が付いていて、パテを付ける程傷は、深くないので
下地処理の為サフェーサーを吹き付けます。


リヤバンパーは、塗装暦があるようでパテが付けられている所が
何らかのショックにて、パテと塗装が割れていたので
塗装をはがしバンパーを暖めて修正して、サフェーサーを吹き付けました。


色を合わせている工程です、
色を合わせるのは、配合データーをもとに塗料を計量し
後は、計量した色を実際にテストピースに吹き付け、最終的には人の目で
見ながら色を合わせていきます。


塗装ブースで塗装中の風景です。


バンパーを組み付けて完成となります。



やはり、憧れます。ポルシェはかっこですいいですね(^。^)
いつかポルシェを愛車にしたいものですね。

                               担当・大平

category: ポルシェの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

日産・デュアリスの板金塗装 

日産・デュアリスの板金塗装を御紹介します。

写真では分かりにくいですが、悲しい事に左フロントドアから左リヤドアまで、
いたずら傷がつけられてまいます。



傷がある部分を、サンダー(ペーパーを付けエアーで回転/研磨します。)
傷が、無くなるまで研磨していきます。



右フロントドアは、アウターハンドルの下に3cm大の凹みの板金塗装です。
パテを付けた画像です



傷が無くなるまで研磨します。
サフェーサーを吹き付けるために、マスキングをします。



今回の傷はそこまで深くなく、剛板まで傷がたっしてなかったので、
パテは使わず、下地処理のサフェーサーを吹き付けます。



サフェーサーが乾いたら、耐水ぺーパーで磨ぎます。
写真を見てもらうと分かるように、冬は辛い作業なんですよ。



塗装が終わるとポリッシャーで磨きます。
磨き上げると、鏡のようでしょ。


完成写真です。
TV、CMのようにロボットにならないかな。。。(^。^)




板金塗装の事なら、オートサービス・サンルイスにお任せ下さい。
小さな傷から大きな事故まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

                          担当・大平

category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

エンジンオイルの御紹介 

今回は、サンルイスで愛用している、
エンジンオイルを紹介します。

オイルについて、簡単に少し説明させて頂きます。
そもそも、エンジンオイルは、
ベースオイルと添加剤を混ぜて作られています。

ベースオイルとは、植物油・鉱物油・合成油・上記の混合油が主流でしたが、
最近の省燃費・環境対策の厳しい条件を求められ、鉱物油ベースオイルより、
近年では、性能が優れた科学合成油が使われています。

化学合成油とは?
化学合成オイルは、原油を精製していくと重油・軽油・灯油・ガソリン・ナフサと、
蒸留温度によって分かれ、ナフサという成分から化学合成オイルが精製されて作られます。


添加剤とは?
酸化防止剤、磨耗防止剤、清浄分散剤、粘度指数向上剤、
消泡剤、流動点降下剤などが、ベースオイルに混ぜられて、
皆様に販売されます。


ブレインズと言うオイルのツーリングコンセプトを使わせて頂いています。
このオイルは、耐熱性、酸化安定性に優れていますので、長期にわたりエンジンを、
綺麗に保ちながら、エンジンの寿命を延ばし
近年の省燃費車などのお車に最適です。1L¥1.575円です。



パーフェクトプロは大小の車を問わず、あらゆる車両をカバーし、
走行距離の長い方におすすめ致します。1L¥1.365円です。




説明不足かも知れませんが、少しオイルについて
理解して頂ければと思い記載させて頂きました。

担当・大平

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

三菱・FTO板金塗装 

福岡で板金塗装の事なら、
オートサービス・サンルイスにお任せ下さい。

小さな傷から大きな事故まで、
お客様に御満足を、御提供するために
修理金額、仕上がり、納期
あらゆる御希望にお答えいたします。

三菱・FTOの板金塗装をご紹介します。
左リヤクォーターパネルの板金塗装です、
交換でも認められるくらいの凹みではありますが、
お客様の御要望に応じて、板金塗装させて頂きます。
画像 177

板金中の写真です。
叩いたり引っ張ったりしながら、パテをあまり付けなくていい様に、
板金でどこまで復元出来るかが板金職人の技の見せ所です。
画像 205

パテ磨ぎの風景です。
板金が終わるとパテを付けます。
板金の際の小さな凹凸を、パテを削りながら、凹凸を無くしていきます。
パテは表面の仕上げの為に少しだけ使います。
画像 238

パテを削り凹凸が無くなったら、下地処理のサフェーサーを吹き付けます。
画像 243

色を合わせる様子です。
塗料の配合データーをもとに計量し
ここからが難しい所です。後は目で見て塗料を少しずつたし合わせながら
塗装職人の経験と勘で合わせていきます。
画像 262

塗装中の写真です
2コートなのでベースの色を吹き付け、
クリヤーを吹き付けます。
画像 278

塗装が終わり、ポリッシャーで肌艶を合わせながら輝かせて、完成です。
画像 289


今回は、凹みがひどかったので
板金職人の腕の見せ所でした。

オートサービス・サンルイスでは、
良心的かつ正確な御見積もり
高品質な技術とキメの細かいサービスで
お客様に御満足して頂けるよう
御力添え致します。

担当・大平

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ホンダ・ステップワゴンの板金塗装 

オートサービスサンルイスデは、
車の損害、保険加入条件などを
お客様と御相談の上、必要な部品の価格、
作業工賃等を、お見積もり致します。



ステップワゴンの板金塗装をご紹介します。
作業前の写真です。
ボンネットからピラーと天井えとつながる、
黒く塗装が付いてない部分のモール塗装と右ドアの板金塗装です。


モールの塗装の為、外してる風景です。
モールを外す際、冬になると気温が低いと、
素材のプラスチックのツメが硬くなりし外す際に割れやすいので、
割れない様に注意しながら外します。
画像 196


右のドアの凹みの板金塗装です。
写真では、解りにくいですがドアの真中に3cm四方の凹みがあります。
画像 115


モールを塗装するのですが、塗装が密着するように耐水ペーパーで足付けします。
画像 201


色を調色している所です。
ボディーカラーは、塗料の原色配合データーを元に塗料を配合し合わせていきます。
画像 207


パテを付け凹凸をとぎ、凹凸が無くなったら下地処理のサフェーサーを吹き付けて、
サフェーサーを水磨ぎしたら、塗装ブースに入れてマスキングをして、塗装します。
画像 229



モールの塗装直後の写真です。
小さい部品を塗装するのは、結構大変で色々な角度から色を吹き付けないと色がかからないんですよ。
画像 235

画像 234



塗装が終わり、磨きになります。
磨きは、塗装の肌艶を見て塗装してない部分と肌を合わせていきます。
画像 260


モールを組み付けて、完成となります。
画像 134


今回は、モールの塗装して、雰囲気ががらりと変わりました。



担当・大平

category: ホンダの板金塗装事例

CM: 1 TB: --   

トヨタ・ハリアー板金塗装 

福岡で板金塗装の事なら
オートサービス・サンルイスにお気軽にお問い合わせ下さい

サンルイスでは、良心的かつ、正確な御見積もり
高品質な技術ときめ細かいサービスで
お客様の愛車を元気に甦らせます。


トヨタ・ハリアー(1MZ)の板金塗装を御紹介します。
左フロントフェンダーの板金塗装です。
交換したいところですが
お客様と御相談の上、板金でしたいと思います。

作業前の写真です。
左フロントフェンダーの凹みは、左フロントドア近くまで凹んでます。
画像 135



フロントフェンダー板金と塗装の為、ヘッドライト・フロントバンパーを外します。
当り前のようですが、意外と部品を外さず板金塗装される所があるんですよ
サンルイスでは、細かいサービスですがお客様の気持ちを大切に致します。
画像 159




パテを削りだし凹凸をなくす作業で、
同時にフェンダーのラインを考え削りだします。
画像1 194 (1)




パテを削りだし凹凸が無くなったら、サフェーサーを吹き付けます。
画像1 194 (12)




サフェーサー(塗装の密着を良くする為の下地塗料)を水とぎペーパーで
水とぎして、次に塗装に移ります。
塗装のミストが、塗装しないヶ所にかからないように、マスキングをします。
画像1 194 (20)




塗装の風景です。
塗装において、大切な工具のひとつスプレーガンを使い塗装していきます。
画像1 194



塗料が乾燥したら、ポリッシャーで磨きます。
画像 107




外した部品を組付けて、完成です。
画像 108


オートサービス・サンルイスでは、
お客様と御相談の上一番最適な修理方法を
御一緒に選んでいきます。


BY 大平


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マセラッティ・クアトロポルテ 

オートサービス・サンルイスでは、価格、仕上がりを御希望に合わせし、お客様の御期待に応えますので安心してお任せ下さい。

マセラティ・クアトロポルテのバンパー塗装を御紹介します。

少しマセラッティについて、ご紹介します。
クアトロポルテは、イタリア生産で総排気量は2.800ccで
最高速度は260kmだそうです。 

クアトロポルテと言う意味は、イタリア語の複合語でボディの形状で 
4ドアの意味合いのが込められてるそうですよ。


塗装前の写真です。
バンパーのすり傷です。
画像 148


バンパーに付いた傷、色のひび割れを、
削りだしでパテ、サフェーサーが密着するようにします。
画像 158


バンパーの塗膜を削り、パテで傷を補修したらサフェーサーを吹き付けます。
画像 160




塗装直後の写真です。クリヤーを変えたのでいつも以上の艶になりました^^
バンパーは、入り組んでるので色がかかりにくい所があるので、注意しながら塗装していきます。
画像 199



組付けて完成です。
取り外す際に築いたのですが右のバンパーステーが曲がっていました。
部品を取るとなると大変なので板金にて修理しました。
画像 1155

前からはこんな感じです。あまり見かけない車ですが実際はすごくボリュームがあり
内装は細部までコダワリが感じられます。
画像 150

オートサービス・サンルイスでは、
お客様の車の損害、保険加入状態など、
お客様とご相談の上、必要な部品の値段、作業工賃等を、
お客様と御一緒に考え、御見積もり致します。


大平

category: マセラティの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

クリヤーが変わりました^^; 

今年一番の冷え込みの中、負けじと頑張っているサンルイス日高でございます。

本日は・・クリヤー変えました。。

はて、何のこと?と思いでしょうが私たち塗装屋としては良いクリヤーに巡り合うために
旅をしているようなものでして(大袈裟!?)久々に出会いました。

とりあえず見てください↓
画像 148
分かりにくいとは思いますが塗装したドアに映り込んだブースの蛍光灯です。

ここまで艶と肌を両立するのは非常に難しいのですがとても良い仕上がりです^^
もちろん技術も必要ですが、良い材料をいかに使うかというのが一番大事です。
使い始めて数回経ちますがやっと攻略したという感じです。
シンナーとの割り方や塗装するスピードが全てうまくいくと、このような仕上がりになります。

しかしながら、軽自動車にこのクリヤーを塗ってしまうと、そこだけ分かってしまいます。
綺麗に仕上げても修理した部分が分かってしまうと上手とは言われないですからね。

とりあえずこれで当社のクリヤーは3種類となりました。。

御自分の車の出来上がりが何か違うという方!サンルイスに御相談を!!

ちなみにこの車両はフォルクスワーゲンのクロスポロですが近日UPしますね。

では




category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

トヨタ・イプサム(コーティング) 

皆さん、お車のお手入れしてありますか?

皆さん大切にしてあると思います

私もそうでしたが、特に黒い車は毎週洗車しても、すぐに汚れが目立ったり
走るとほこりがついたりして、洗車がかかせません

しかし、洗車の際にタオルなど、段々洗車の時の小傷が目立ってきていませんか
その際、自分でしようとしてもどのようにして、深く輝くか・・・
私は、いつも考えていましたが・・・

就職してその答えが解りました。
それは、洗車の際に塗装の塗料(クリアー)部に残念なんですがどうしても小傷が
付いてしまう事が解りました。

クリアーの小傷は、塗装面(クリアー)をポリッシャーで熱を上げていき
クリアーを少し柔らかくして、小傷を滑らかにしていきます
そうして、つや・光沢を取り戻す事が解りました
なかなかポリッシャーなどを、持たれる方は少ないと思います

オートサービス・サンルイスでは、
塗装・コーティングのプロなのでお気軽にお任せ下さい


トヨタ・イプサム
ポリッシャーで磨き上げてる映像です
画像 157

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

フォルクス・ワーゲン ゴルフ(GTI) 

価格・仕上がりともに!!
オートサービス・サンルイスに安心して、お任せ下さい。


フォルクスワーゲン・ゴルフ(ファイブ・GTI)の塗装をご紹介します。

塗装は少しですが、大小問わず、どのような事でも
お客様のご要望等に答えさせて頂きます。
お気軽にご相談下さい


グリルの中にある、赤い部分のモールを塗装します。
画像 145


赤い部分の塗装なので、モールを外して塗装します。
モール部分は、細くプラスチック樹脂なので外す時に割れない様に注意しながら外します
画像 147


塗装が密着するように、ペーパー等で表面に細かい傷を付けて、塗装します。
ガンメタに塗装しました。
画像 146


赤いラインのモールを、ガンメタに塗装したのですが、
色が変わっただけで、表情ががらりと変わりすね。
画像 120


お客様のアイデアで、今回のグリルの塗装となりました。
オートサービス・サンルイスでは、お客様の声を大事に作業させて頂きます。
お気軽に御連絡下さい

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMW3シリーズ FRPスポイラー加工取付 

BMW3シリーズのスポイラー取付です。

新品スポイラーの取付ですが・・・

見る人が見れば分かると思いますが、新品をブッタ切って取り付けています。

白い部分が今回の主役のFRPスポイラーですが、バンパーと隙間が合わない為に5分割くらいにして
再度張り合わせているところです。

こうすることによって安い!?スポイラーでもバッチリと合うようになります。

しかしながら、ここに加工工賃が発生するので最終的には安いものを買うか高いものを買うかは
「あなた次第です」。

高くてもマッチングが合わないものもありますし絶対ではないですが、作りはきれいなものが多いようです。

「今付いているエアロ気に入ってるんだけど隙間が・・」という方!サンルイスまで御相談を!!

では。

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --