Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

シボレー・アストロ 

シボレー・アストロ
パワーウィンドーモーター故障修理の御紹介させて頂きます。





故障したモーターです。
ドアが大きくガラスも大きく重たいので、
どうしてもモーターに負担がかかってしまいます
ガラスを上げ下げする度にモーターも消耗していきます



ドアの内張りを外すとワイヤーハーネス(配線)が見え、
ガラスのレギュレーターとモーターが見えます。
モーターを交換するんですが、モーターの取り付けがネジではなく
写真を見て頂ければ分かりますが、アルミのリベットが使われています
ドリルを使ってリベットを外します。



新品のモーターを付けている作業中です
モーターの向き方向を調整しながらつけます




板金塗装・修理の事なら!
オートサービス・サンルイスに御任せ下さい

category: シボレーの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

MPVの板金塗装・コーティング 

MPVの板金塗装・コーティングを御紹介させて頂きます。


MPV板金塗装の続きを御紹介します。

前回は塗装前の作業で終わっていました
続きは塗装の工程になります。

塗装ブースで塗装以外のヶ所にマスキングをします
塗装する範囲が広くマスキングが終わるのに2時間かかりました




塗装中の写真です
塗装作業の基本は、平行・直角・一定速度にスプレーガンを動かす事なんですよ





前後バンパー・モール・ミラーなど取り外した、部品は別に塗装します。





塗装が終わり、ブースで焼き付け乾燥してポリッシャーで肌艶を合わせながら磨きます





加えてコーティングをさせて頂きます、サンルイスではリアルガラスコートを愛用しています
このガラスコートは、2液性の硬質ガラス状被膜でとても硬く耐久性がすごいんですよ





コーティング液を塗りこんでる作業です。





コーティングを拭き取った直後です。
実際に見てもらうと分かりますが、眩しいくらい光っていますよ
コーティングの作業はこれで終わりではありません
一つ大事な作業が残ってます、それはコーティングの乾燥です
一日、自然乾燥をし塗装ブースで熱風乾燥をしますので頑固に固まりますので
コーティングの耐久性が増します



完成写真です。
新車のようですね
ここまで綺麗になると、お家に飾りたくなるのは私だけでしょうか






オートサービス・サンルイスでは
御客様に、御満足を御提供するために
修理金額・仕上がり・納期
あらゆる御希望にお答えいたします。   

    
                 担当 大平

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

タイヤ交換 

最近タイヤのチェックされましたか

タイヤの空気は、走行関係なくほんのわずかですが自然に抜けてしまいます。
空気が減ったタイヤで走行すると、タイヤのすり減りや走行燃費に影響を与えるんですよ
こまめにタイヤの空気圧をチェックする必要があります。

そして、タイヤは走行の際に必ず少しずつ消耗します
タイヤの溝が浅くなると走行中にハンドルを取られたり、雨の日に排水性が低下して
ブレーキをかけた時、路面にタイヤの動きが伝わりにくくなりスリップなどの原因になリます
少しでも症状がある場合は、お気軽に御相談ください




タイヤチェンジャーとバランサーを一月に設置致しましたので紹介致します


タイヤチェンジャーです、少し歳をとっていますが動きはばっちりです
ホイルからタイヤを外したり、ホイルにタイヤをはめる時に使います。



タイヤバランサーです、タイヤを交換した後にバランスを測らないで走行すると
ハンドルがぶれたりしますので必ずバランサーで測定してバランスを修正します


category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

ゴルフ・トゥーラン(GLi)板金塗装 

ゴルフ・トゥーラン(GLi)の板金塗装を御紹介します。



右フロントドアの10cmの凹みの板金塗装と
写真では分かりにくいですが、右リヤドアの線傷の板金塗装です。
板金する場所の塗装をはいで、凹みを出す専用の機器(スタット)を使用し引っ張り出します




板金が終わりパテを付ける風景です
ヘラを使いパテを塗りこみます、パテの付けかた一つで仕上がりが違うんですよ




パテを磨ぎ凹凸が無くなったら、下地処理・塗料との密着性を高める為、
サフェーサーを吹き付けます。




色合わせをしています。この青い色は、綺麗な色だけに深みを出すのが難しいんですよ




耐水ペーパーにて、塗装の際にペーパー目が出ないように水磨ぎをします。




塗装中です
寒く気温が低い時は、塗料の乾きが遅いので塗料が流れないように注意しながら塗装します。




ポリッシャーで肌艶を合わせながら、輝かせます




完成です。
綺麗な青ですね




板金塗装の事なら、オートサービス・サンルイスに御任せ下さい


                               担当・大平             

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

FRPバンパースポイラーの修正塗装 

三菱・ekワゴンFRPバンパー修正塗装を
御紹介させて頂きます。


始めにFRPについて簡単ではありますが説明させて頂きます


そもそもFRPとは?

F=繊維 R=強化された P=プラスチックと言う意味で
訳すると、繊維で補強して強化されたプラスチックと言う意味だそうです。



それでは実際どのようにFRP製品が作られているか?

ガラス繊維とFRP用樹脂でFRP製品が作られます

ガラス繊維とは、ガラスを5~10ミクロン位の太さにした、極めて細い糸状にしたもので
その繊維を集めたものを束ねて重ねて布状にしたもが、ガラス繊維になります。

FRP用樹脂とは、ポリエステル樹脂が一般的に使用されてます。
ポリエステル樹脂は単体では固まりません、
硬化剤を適量加える事によって、化学反応が起こり硬化していきます。



FRPフロントバンパーの割れの修正塗装です。
ナンバーの下の所が割れています。





バンパーの前が当たった為に、フェンダーとバンパーの取り付け部分に
衝撃が伝わり割れたみたいです。




修正に使うガラス繊維です。




FRP用樹脂のポリエステル樹脂です。
この樹脂をガラス繊維に染み込ませて、硬化させます。




ガラス繊維を割れた所に合わせてカットして、ポリエステル樹脂を流し込み固めます。




ポリエステル樹脂が固まったらパテを付け、磨ぎ出します。




パテを磨ぎ凹凸がなくなったら、下地処理・密着性の為にサフェーサーを吹き付けます。




色を合わせている風景です。
色によっては光の加減とか見る角度によって色が違うんですよね
そこを合わせていくのが難しく、職人さんの腕の見せ所です




耐水ペーパーで水磨ぎしていきます。




塗装中の風景です。
バンパーを塗装する際注意する事があるんですが、
バンパーは、隙間が狭く色がかかりにくいのでそこを注意しながら塗装します。




ポリッシヤーで磨き、肌艶を合わせながらより一層、輝かせます




完成です。
バンパー出っ歯ってますね    好みでしょうが、決まってますね





オートサービス・サンルイスでは、
お客様に御満足を御提供するために、修理金額・仕上がり・納期
あらゆる御希望にお答え出来るように頑張ります。



                                        担当・大平

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マツダ・MPV板金塗装 

板金塗装の事なら、オートサービス・サンルイスにお任せ下さい

車の損害、保険加入条件などを、お客様と御相談の上
必要な部品の値段、板金塗装工賃等を、御見積もり致します。


マツダ・MVPの板金塗装を御紹介します。
ボンネット・フロントバンパー・左右側面(フロントフェンダー・フロントドア・リヤドア・
リヤクオーターパネル)の板金塗装です。



左側面の写真です。
小さな傷から大きな凹み全ての傷凹みを見つけ、板金していきます。




右側面の写真です。
右側も左側同様に、全ての傷凹みを見つけ板金します。




ボンネットは、飛び石傷が数箇所あり傷の深さまで、塗膜をサンダーで磨ぎだしていきます。




飛び石傷が深く鉄板まで傷が付いていましたので、鉄板まで磨ぎ出しました。
そして、サフェーサーを吹き付けます。




フロントバンパーも飛び石傷が無数にあり、傷を磨ぎだして
下地処理・密着性の為サフェーサーを吹き付けます。




耐水ペーパーで磨ぎます、なぜ?耐水ペーパーで磨ぐかと言うと
目が細かい600番~2000番の耐水ペーパーで水をかけながら磨がないと、ペーパーの目がとても
細かいために、ペーパーにサフェーサーが詰まり磨げないために耐水ペーパーを使います。
それに、細かいペーパーでないと塗装した際ペーパー目が出てしまいます。




バンパー塗装の際、裏側も綺麗に洗います。
それはバンパーの裏は走行の際に泥などたくさん付いていて
塗装中に泥などが飛んで塗装面に付いてしまいます、バンパーの裏も綺麗に洗って塗装します。




右リヤクォーターパネルの耐水ペーパーでの水磨ぎ風景です。
両側面塗装なので全て耐水ペーパーで水磨ぎします。



後はマスキングをし塗装の作業になります。
今回はここで、一区切りします。

近々記載します。つづく・・・

                     担当・大平

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ETCの得点 

オートサービス・サンルイスでは、
ETCの取り付けも行ってます。

ETCを御利用になると、いろいろな得点がありますよ



例えば、福岡高速道路(都市高速)の場合

日祝日割引(10%)¥600¥540
土曜割引 (5%) ¥600\570
夜間早朝割引(10%)¥600¥540 22時~翌7時に入口通過が条件です。



高速道路の場合

深夜割引(40%)  午前0時~午前 4時まで
通勤割引(50%)  午前6時~午前8時までと、午後5時~午後8時まで
               適用時間内に走行距離が100km以内の場合

早朝夜間割引(50%) 午後10時~午前6時まで
              適用時間内に走行距離が100km以内の場合

一例です。使い方ではまだまだ多くの割引がありますよ



ETCの割引をうまく活用するとかなり、
高速代が格安になりますよ
                



オデッセイにETCを搭載する風景です。                




搭載するETCです。各種メーカー取り付け致します。





電源を取るためと配線を通すために、コンポ・メーター回りのパネルを外し
配線を通していきます。




配線を通しアンテナを付けます
今回はフロントガラスに装着しました、アンテナを付ける場所は
お客様と御相談の上、取り付けます。




ETC本体はハンドルの下部分のパネルに装着しました





ETCの割引を活用して
思い出に残る楽しいドライブになるといいですね



                                 担当・大平

category: 車に関わる出来事

CM: 0 TB: --   

ダイハツ・タント板金塗装 

ダイハツ・タント板金塗装を御紹介します。


作業前の写真です。
右リヤ・クオーターパネルと右リヤ・ドアの板金塗装です。
凹みがひどく板金するよりも交換した方が安くなるので交換します。
画像 075



右リヤ・クオーターパネル交換なので、パネルをドリル・エアーソー・たがねを使用して
パネルを切り外します。
画像 108



新品のパネルをカットした所に合わせ、右リヤドアと隙間等合わせながら
溶接していきます。
画像 120



溶接した所をサンダーで滑らかに削り、パテを付け凹凸を削りだします。
画像 125



凹凸を研ぎ出したら、下地処理・密着の為サフェーサーを吹き付けます。
サフェーサーを耐水ペーパーで研ぎ出したら、塗装しない部分にマスキングをし
塗装の作業に入ります。
画像 129



塗装直後の写真です。
塗装してしまうとリヤ・クオーターパネルを交換したか分かりにくいですよ
画像 135



右リヤ・ドアと右フロント・ドアの塗装直後の写真です。
フロントドアは新品ドアの塗装です、意外と知らない方がいられるのですが
新品でも塗装しなくてはなりません。
画像 136



クォーターガラスを入れて完成です。
鏡みたいですね(^。^)ピカピカです。
画像 140




オートサービス・サンルイスでは、
小さな傷から大事故まで、お客様に御満足を御提供するために
修理金額・仕上がり・納期
あらゆる御希望にお答えいたします。

                                         担当・大平

category: ダイハツの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

バッテリー 

雪がちらついてますが、お車の備えは出来ていますか??


オートサービス・サンルイスでは、日常のトラブルに
一早く対応出来るように、バッテリーを各サイズ御準備しています。




なぜ、バッテリーが上がるのか?
原因はいろいろ、ありますがその中の一つは冬になり気温が下がると
バッテリーの電圧が極端にさがります。

これも原因の一つなんですが、コンピューター・時計・ステレオ・カーナビ・セキュリティーなど
車を動かさなくても電気を消費する機能がいっぱい装着されています。
車を使っていない時に流れている電気を「暗電流」というらしいのですが、
長期間自動車を使用しないと暗電流が流れ続け、バッテリー内に蓄えられていた
電気がなくなりバッテリー上がりになるそうです。

サンルイスでは、お客様のバッテリーをバッテリーテスターを使用して、
お客様のバッテリーを診察致します。

是非お気軽に、一度点検にお越しください






                      担当・大平

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

ゴルフ(TSI)板金塗装 

新年明けましておめでとうございます。

本年もオートサービス・サンルイスでの
板金塗装をご紹介させて頂きますので、宜しくお願いします。


ゴルフ(TSI)の板金塗装です。
天井の腐食とリヤクォーターパネル線傷の板金塗装を
ご紹介させて頂きます。


天井の塗膜に米粒くらいの腐食が天井に無数にありますので、腐食している所
一つ一つサンダーを使って、腐食している深さまで研磨していきます。




写真では分かりにくいですが、線傷があります。




研磨し全ての腐食を削りだしたら、下地処理のサフェーサーを吹き付けます。




塗装ブースのボイラーを炊き60℃で30分間、乾燥させます。
それから、サフェーサーを耐水ペーパーにて水磨ぎしていきます、冬はつらい作業なんですよ(^。^;)




水磨ぎが終わると、塗装しない所にマスキングをし塗装の作業と移ります。
塗装中の写真ですが、天井を塗装する際
写真を見てもらうと分かりますが、作業する体制がつらく大変なんですよ。




塗装直後の写真です。腐食があったなんて、もう分からなくなりました(^。^)




天井など塗装した時など、車全体をポリッシャーで肌艶を合わせながら磨きます。




完成写真です。
赤の色の車は、手入れが大変ですけど
赤は存在感ありますね!




オートサービス・サンルイスでは!!
お客様に御満足を御提供するために、
高品質は技術とキメ細かいサービスでお応えいたします。

本年も宜しくお願いします。


                                             担当・大平


category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --