Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

日産・キューブ 板金塗装 

日産・キューブの板金塗装を御紹介します



作業前の写真です
左側面・左リャフェンダーからリヤクォーターパネルまでの板金塗装と
フロントバンパー右のリヤクォーターパネルの板金塗装です。





修理前のフェンダーです。
今回、左フェンダーは全体に凹みと傷が付いていて、フェンダー全体を板金塗装するよりも
新品部品を塗装した方法が安くなるので新品交換にしました。





板金の作業風景です。
凹んだ所を引き出し板金しています、ワッシャ溶接機を使用して
ワッシャを溶接して凹みを引っ張りだします。






ドアも同じように引っ張り板金します。
ドアの板金で注意する事があります、ドアは鉄板が薄く凹みの大きさによって違いますが
凹んだ部分を出すと凹んだ部分の鉄板が伸びてしまいます、その鉄板の伸びを修正しながら
板金するのが難しく、ハンマーとあて板で伸びた鉄板を絞りながら板金します。





凹んだフェンダーを取り外し、新品のフェンダーを着けながらすき間を調整していきます。





板金が終わり、パテを付けたところです。





パテ磨ぎの作業です
凹凸が無くなるように、何回も手で触りながら
力加減を調節しながら凹みを無くしていきます。





バンパーの傷を削りだしていきます。
そうする事によって、パテ・サフェーサーの密着を高めます。




今回のキューブの板金塗装は範囲が広く塗装の面積が多いですが
その分見違えるくらいに綺麗になります、納車の時のお客様の反応が楽しみです

続きはまた次回、記載させて頂きます。

お車の事なら、お気軽にお問い合わせ下さい

category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン・ゴルフ板金塗装 


ゴルフ バンパー修正塗装を御紹介します。


作業前の写真です。
フロントバンパーとリヤバンパーの修正塗装です。




サンダーを使い傷を研磨していきます、今回バンパーに付いている傷は深くなく凹みもないので
パテは使いません。バンパーは柔軟性があるのでパテをたくさん付けると少しの衝撃で
パテが割れる可能性が高いので極力パテはバンパーには使わないようにしています。




サンダーで研磨し、細かい所など手作業で研磨します。
板金塗装で大切な事が、すみずみの角をシッカリ処理しないと、
塗装はすみずみの角から色がはがれるので、細かいすみずみはシッカリ手作業で処理します。
それから、下地処理・塗装とバンパーの密着性を高める為にサフェーサーを吹き付けます。





次にサフェーサーを乾かせ、耐水ペーパーにて水磨ぎをしていきます
塗装の際にペーパー目が出ないように600番~3000番の耐水ペーパーで水磨ぎしていきます。
ペーパーの目が細かい為に、水磨ぎをしないとサフェーサーが磨げません。




塗装ブースで塗装中の様子です。
塗装ブースはメーカーによって多少違いがありますが、一定の風の流れがあり
大きなモーターで室内の換気扇のような役目をしていて、塗装ブースの天井と床にはフィルターが
敷き詰められていています、フィルターを通して上から下えとホコリ・ゴミがない空気が流れていき
塗装にゴミなどつかないように作られています。





塗装が終わり
肌艶を整えるために、ポリッシャーで磨きます





完成です。





前後のバンパー塗装のご紹介でした。
車を運転していて、ぶつける・こすり傷など一番に当たったり傷つけてしまうのがバンパーだと思います
悲しい事ですがバンパーの傷は目だってしまいます。
バンパーに目立つ傷があると、車のボディーがいくら綺麗でも車が悲しく見えたりします。

オートサービス・サンルイスでは、小さな傷から大きな事故まで
仕上がり・修理金額・納期。あらゆるお客様のご希望にお答え出来るように心がけていますので
お気軽にお問い合わせ下さい


category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン・ポロ 板金塗装 



フォルクスワーゲン・ポロの板金塗装をご紹介致します。

ボンネット前部分に飛び石傷の板金塗装です。
飛び石きずは、塗膜に傷が入って5mmくらい塗装面がはがれています。





傷は深くなく凹みもなく、細かいペーパーで塗装の段差が出来ないように研磨し
下着処理と密着性を高める為にサフェーサーを吹き付けます。
写真のサフェーサーに付けている黒い墨のようなのは、ガイドコートと言って
サフェーサーを研ぐ際に歪みがわかりやすくなるために使用します。





塗装の際にペーパー目が出ないように、耐水ペーパーで600番~3000番までの
ペーパーを使いペーパー目を細かくしていきます。





塗装が終わり、ボンネットをポリッシャーで磨きます。
なぜ?ポリッシャーで磨くかと言えば、ポリッシャーが回転して摩擦熱によって
塗装表面を軟らかくして、塗装した時よりも肌艶を輝かせる為にポリッシャーで磨きます。





完成写真です




今回、飛び石傷の板金塗装でした。
ボンネットの飛び石傷は、車で走行していると気づかない事が多いと思います
その傷が錆びなどにより、目立ち気になってきます。
飛び石傷が入らないようにするのは、悲しいですが走行していると難しいと思います
でも、傷をそのままに放置質していると、小さな錆びが広がっていき大きな穴が開いたりしますので
小さな傷でも、お気軽にオートサービス・サンルイスに御相談下さい

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

スズキ・ワゴンR板金塗装 



スズキ・ワゴンRRの板金塗装を御紹介します。


ボンネット・フロントバンパー・とライトバッフル(ライトの裏の骨格)の板金塗装です。
レバータワーにて凹み歪んだ所を引っ張り出し修正していきます。
レバータワーは色々な種類があリます、各種修理にあわせて使い分けます




今回ボンネット・バンパーは新品部品です。




色を合わせているところです、3コートなので始めに下塗りの白を吹き付け
次にパールそしてクリアーとなります。




塗装直後の写真です
ベースの白・パール・クリヤーと3コートなので3回に分けて塗装します
3コートはとても塗り方が難しくてベースの白・パールの塗装の仕方一つ、
塗装の吹き付け方で色が前々違います。




バンパーは見ての通り、凹凸が多く色がかかりにくく
かなり苦戦します、あれこれ角度を変えながら塗装します





ポリッシャーの回転で摩擦熱を上げ塗装を少し軟らかくして肌をつるんと、磨き上げます。





ドアップで完成写真ですみません。。。完成です。





今回の修理はフロント回りの板金塗装です
ボンネットは全体が折れ曲がっている為にそのボンネットを板金修理するのと
新品のボンネットを塗装する金額を比較したところ新品交換の方が安いので新品を使いました。
バンパーは、割れがひどく再使用できないため、新品を使いました。

オートサービスサンルイスでは、お客様の御希望・御予算に合わせて
お客様とご相談の上、必要な部品の値段・作業工賃を御一緒に考え作業させて頂きます。




category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

スズキ・ワゴンR板金塗装 

ワゴンRの板金塗装を御紹介させて頂きます



ボンネットと左フロントフェンダーの板金塗装です。
深い線傷で板金をしパテを付けたところです、ボンネット・フェンダーの板金は
一番凹みが目立つので、パテを磨ぐさいも凹みが無くなるように慎重にパテを磨ぐ作業をします。





パテを磨ぎ凹凸を無くすのに半日はかかります
パテを磨ぐ際に頼りになるのは手の感触だけなんです、手のひらでパテをさすりながら
凹凸を磨ぎ無くしていきます。
それから、下地処理と塗料と密着を良くする為にサフェーサーを吹き付けます
写真の赤い機会は赤外線です、サフェーサーを心から乾燥させます。





サフェーサーが乾燥したら、耐水ペーパーで水磨ぎをします。
600番~3000番までペーパー目を細かくします、ペーパー目が荒いままで
塗装するとペーパー目が出てしまい線傷が付いたようになります。






塗装後、乾燥させます
乾燥したら、ポリッシャーで肌艶、そして塗膜を滑らかに仕上げます




完成写真です。







今回、ボンネットとフロントフェンダーの板金塗装でした
黒は傷など目立ちやすいので、板金の時から慎重に
作業を進めて行きます、しかしどのような板金塗装でも
小さい傷から大きな事故、いろいろな車がありますが
どの板金塗装でも高い技術で御客様に満足して頂くために
オートサービス・サンルイスでは、日々技術の向上を目指しています

お気軽にお問い合わせください。



category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・エスティマ板金塗装 

前回記載したエスティマ板金塗装の続きを御紹介させて頂きます。



前回は、左リヤクオーターパネルの溶接の完成まで御紹介させて頂きました。
今回からは、パテのを付けてからの御紹介をさせて頂きます。


溶接が終わ次にパテを付けるのですが、溶接面に密着するように
パテをすりこみながらパテを付け、乾燥させてパテを磨ぎ凹み無くしていきます




リヤパンパーは、1本塗装です
1本塗装なのでバンパーにある全ての傷を見つけ対処します
パテを付けているところです、パテの付け方一つで仕上がりと時間が違います
それは、ただパテを付けるのではなく凹みのひどい所にはパテを多く
凹みが浅いところには薄く計算しながらパテを付けていきます。




パテを磨ぎ凹凸が無くなったら、サフェーサーを吹き付けます。




サフェーサーを吹き付ける直前の写真です。
模様のようになってますがパテを磨ぐ際、凹みの部分にパテが残るために模様のようになります




耐水ペーパーでサフェーサーを磨いでいきます。
耐水ペーパーは600番~3000番を使いペーパー目を無くしていきます。
とても根気がいる作業となります。しかしこの作業を丁寧にしないと塗装に影響していきます。




塗装中です。
3コートパールなので、ベースに白を塗装し次にパールを吹き付けてクリヤーと
3回に分けて塗装をするので技術と時間がかかります、塗装が終わるのに2時はかかります。





バンパー塗装直後の写真です。
凹みと傷はもうわかりませんね




塗装を乾燥させて、取り外した部品を組み付けて、磨きの作業になります
ポリッシャーの回転により摩擦によって塗膜が熱くなると塗膜が少し軟らかくなり
塗膜の肌艶をより一層輝かせます





完成です。



リヤクオーターパネル交換と大きな修理でしたけど
オートーサービス・サンルイスでは小さな傷から大きな事故にかかわらず
お客様の大切なお車一台一台、大切に修理させて頂きます。


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

タイヤの空気圧 

みなさん、タイヤの点検していますか?
1番身近なのは空気圧だと思います。それと残り溝。
この二つは、ガソリンスタンドにて給油の時などに、見てみるとわかると思います。

まず空気圧について少し説明をします。
標準タイヤ装着の際は大抵が運転席側のドアの柱の位置にステッカー貼ってあります。
このような感じです


その基本となる空気圧が1番ベストな状態となります。
なお偏平タイヤなどはその空気圧とはまた違うので気を付けてください。

そして基準値より空気圧が低いと
 路面に対する抵抗が大きくなり燃費も磨耗も悪くなります。
 安定性や操舵性も悪くなります
使用条件では画像のように空気圧が減る事があるます、見て解るように
タイヤが押し潰されたようになっています、この状態で走行するともちろん
タイヤの接地面積が広くなり溝がすぐに磨り減ってしまいます、ハンドルも重たくなります。



逆に基準値よりも空気圧が高いと
 ゴツゴツした乗り心地となり小さな段差でも跳ねる感じが強くなります。
 走行安定性が低下することもあります。
空気圧を入れすぎると、タイヤの溝がもり上がり道路との接地面が少なくなり、
スリップしやすくなりますので、空気圧の入れすぎにもご注意下さい。


タイヤエアゲージにて空気圧を測定しています。
ステッカーの指示通に2.3kpaに合わせて空気を入れます、
もちろんタイヤ4本点検し空気圧を同じにします。


タイヤは、安全に走行する為にとても大切な部品の一つだと思います。
スリップサインが出ているタイヤは、早めの交換をお薦めします


1ヶ月に1回位の割合で点検してみると安心して走行できると思います。

空気圧・タイヤの点検はサンルイスでチェックいたします。
もちろん、タイヤ交換もサンルイスに御任せ下さい。

1ヶ月に1回位の割合で点検してみると安心して走行できると思います

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

トヨタ・エスティマ板金塗装 

トヨタ・エスティマの板金塗装をご紹介させて頂きます


左リヤクォーターパネルの取り替えの板金塗装です。


作業前の様子です
画像のとおり一面に線傷と凹み、そして鉄板が切れています。




クォターパネルの周り全ての用品・部品を取り外します。




パネルを外すのに使用する道具はこれだけなんですよ  意外と少ないでしょ
クォーターパネル交換なのでスポット溶接の部分をドリルで削り、ハンマーとタガネ・エアーソーを
使い切り外していきます。  




取り外したリヤクォーターパネルです  少し寂しげな感じがするのは僕だけですかね




新品のクォーターパネルをカットした所に合わせる訳ですが、
合わせる時に一ミリもくるいが無いようにしないと、リヤドア・バックパネル・バンパーとの
立て付け・隙間が合わなくなります、一つ一つ合わせるのが大変で技術を求められます
それから、溶接の作業と移ります。




左リヤクオーターパネル取り付け完成の一枚です


今回のエスティマの修理は板金が出来ない為、クォーターパネルの交換となりました
交換などは、強度の問題など心配されると思いますが、前々心配される必要はありません
トヨタの工場などで生産される時は、大半がスポット溶接(電流を一定時間加えて加熱し、
鉄同士を密着させる溶接方法)です。サンルイスではスポット溶接・アーク溶接をもとの溶接よりも多く溶接していまのでもとの溶接以上に強度が増しています。 
大きな修理ですが、大小かかわらず一つ一つの作業工程をサンルイスでは大切に確実に致しております。



次回はパテ磨ぎからの作業工程をご紹介します



category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ポルシェ・911カレラ2(964)鈑金塗装 

お久しぶりですサンルイスshintaです。
最近は修理ブログを新人「大平」氏に任せっきりでしたので御無沙汰です。
近頃、現場をしてないので腕がなまってきておりまして、いざ現場に!と言っても
迷惑がられちゃいますからブログの方でお邪魔します。。

今回の車輌は私が特に好きな一台でしたので是非書かせてくださいっ!!
ポルシェ911・・・バブリーな車なようですが全然違いますの。
いや金額は年式落ちてもお高いのですが、外観、内装、機関、どれをとっても中途半端じゃないです。
個人的にはスポイラーがない状態のナナメ後ろからのショットが好きでして、内装は運転席のシートに座ると何とも勝手に戦闘モード突入で御座います。メーターは非常に見やすく無駄なものが全く無い。
まさに大人のゴーカートと言うべきか・・と、まぁ私のコメントはこれくらいにして
入庫した作業内容は以前、他社の板金屋さんでノーマルボディーからターボルックにワンオフで鉄板を叩いて作ってもらったとの事ですがフロントフェンダーの張り出し具合とフェンダーアーチのラインが少々おかしく、それを修正するという内容です。

画像 036
フロントからのショット!
ごくごくごく一部の人によってはこのカッコよさが分からない人もいるかと思いますが・・・ヒジョーに素敵です。

画像 042
ここからが本題の写真です。
フロントフェンダーの張り出し具合が足りてなく、寝ているように見えます。
ではコヤツを出してやるにはどうすれば!?
答えは簡単です。

画像 053
足りない部分をカットして継いでやるのです。
って簡単じゃないんですよぉ。。。
しかしながら鈑金塗装とは単純で短ければ伸ばす、長ければ切る、凹んでいたら叩き出す、というように皆さんが考えている事をコツコツとやっているだけなのです。
間違っても念じて治るもんじゃありません(注)

そうこうやっているうちに

画像 055
立ってきました。2枚目の写真と比べるとフェンダーアーチの部分が立っているのが分かりますよね。
このちょっとした事のようですが半日叩き続けてこうなります。
では、この切った隙間をどうするかと言いますと、そうです。継ぐんです。
この隙間に合った鉄板を作り、溶接します。先にも言ったとおり単純です。
がしかし大変です。この場を借りてウチの職人さん有難う。。

最近私は見積りやら営業やらで現場仕事をやっておりませんが、こんなのを見せられると
「俺もやりてぇ~」病が出てきますが皆さんの迷惑となりますので控えておきます。

今回のフロントフェンダーは見積りで片側半日で計算していましたがやっぱり1日はかかりました。
まぁしょうがないッスね。

次回は溶接をした後とリヤフェンダーに取りかかっている所をupしていきたいと思います。

ワタクシ、フェードアウトしないよう頑張りますので最後までお付き合いを!

それでは





category: ポルシェの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

POLOバンパー塗装 

POLOのバンパー塗装を紹介させて頂きます。



作業前です。10cmくらいの傷です
傷の所は塗装がはがれてバンパーの素材が黒く見えています。




塗装面だけがはがれたような傷でしたので、
パテは使用しなく回りをなじませる為、ペーパーで磨ぎます
下地処理・密着性を高めるためにサフェーサーを吹き付けます。




すみません。塗装の写真が無いのですが
塗装後、モールとバンパーを外して塗装したので、モールをバンパーにはめ込む風景です
はめ込む際に傷が入らないように慎重に合わせていきます。




バンパーを着けて、磨きの作業になりす
ポリッシャーで塗装面の肌をなじませながら肌艶を合わせていきます




完成です
傷があったなんてもぉ誰にも分かりませんよ





価格・仕上がり共にオートサービス・サンルイスに
お気軽にお問い合わせ下さい

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

BMWバンパー塗装 

BMWのバンパー塗装を御紹介させて頂きます。



リヤバンパー塗装です。真中に鉛筆の芯くらいの凹傷が10ヶ所くらいあります。




リヤバンパーを取り外した写真です
サンルイスではどのような小さな傷でもバンパーを取り外し塗装を致します。





バンパーの凹み傷は1mmくらいの凹みなので、塗装面をペーパーで磨ぎ出すくらいで
凹みは無くなりましたので、今回パテは使わずサフェーサーを吹き付けました。




塗装中の様子です
バンパー塗装は、素材がプラスチックなので静電気がおきやすく
静電気はホコリ・小さなゴミを吸い寄せるので脱脂剤など使用して防止し塗装します





塗装後乾燥をし、バンパー・テールレンズを組み付けた後に
ポリッシヤーで肌艶を合わせながら輝かせます




完成写真です。
BMWはかっこいいですね   いつか愛車にしたいですね 





オートサービス・サンルイスは

小さな傷から、大きな事故まで
お気軽にお問い合わせください

お客様と御相談の上一番最適な
修理方法を御一緒に考えます

category: BMWの板金修理事例

CM: 0 TB: --