Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ダイハツ ハイゼットカーゴ板金塗装! 



ダイハツ ハイゼットカーゴの板金塗装を紹介します。

トランクパネルの板金塗装です。
ドアを開けたままバックしてぶつけられたそうで
お問い合わせがありました。

何ヶ所の修理工場に行っても、交換と言れそうな凹みです。
しかし、簡単に交換と言っても修理金額は、高額になり覚悟しなくてはなりません。。。
今回、板金塗装修理の方法が、少しお安くなりましたので、お客様とご相談の上、
板金塗装修理をさせて頂きます。
しかし、時と場合では、新品部品を使用した方が安くなる場合もありますので
お見積もりをした上に、お客様とご一緒に修理方法を考え、決めます。


かなり広範囲に凹み、歪みがありましたので、板金職人さんも苦戦しているようです。

それは、広範囲に凹んでしまうと、凹んだ部分を裏から叩き出したり、
ピン・ワッシャー溶接機で引っ張り板金するのですが、、、。
凹んだ剛板は、引っ張り出すと剛版が伸びてしまい
その伸びた剛板を、チジメたり絞ったりしないと、凹みが直りません。。。
こうなると、昔で言う!かじ屋さんみたいに、剛板を熱くし
直ぐに水で冷やすと、剛板が縮小しようとする力を上手く利用して板金して行きます。



板金が終わり。

パテを付ける前に、サンダーと言う工具を使用し
フェザーエッジ(板金で塗膜を剥離した、剛板面と塗膜の境目)を
サンダーに付けたペーパーで境目の段差を平らにします。
この作業は、とても大事で段差が平らでないと、パテを付けた後、塗装をした後々に
フェザーエッジから、パテが剥れたり、密着性が悪くなってしまいます。


パテをサンダーと素手で研いで行きます。
凹みを無くしていく作業は、素手でパテを研ぎ触りながら
手のひらの感触だけを頼りに凹み・歪みを無くして行きます。

凹みが無くなると、下地処理・パテと塗料の密着性を高める為にサフェーサーを吹き付けます。


サフェーサーを耐水ペーパーを使い水研ぎをします。
それから、マスキングをし塗装になります。すみません。塗装の写真が抜けてしまいましたが。。。
それから、ポリッシャーを使用し、肌ツヤをピカピカにみがきます。

完成です。
あんなに、凹んでいましたがサンルイスに出来ない板金塗装はありません。
しかし、凹み・キズがひどく時間が掛かるとその分、工賃が掛かってしまい
作業工賃・塗装代が高くなります。出来ない板金は無いのですが。。。
作業工賃が新品部品を使った場合より、高額になると新品部品交換になったりします。
サンルイスでは、お客様に理想の板金塗装方法を的確にアドバイスさせて頂きます。




                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////


category: ダイハツの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン ポロ板金塗装 



フォルクス ワーゲン ポロ
ボンネット・フロントバンパーの板金塗装を紹介します。

フロントバンパーは、20cm位の範囲、凹んでいます。

凹みの修理の作業工程としては、凹んだ部分をドライヤー・赤外線などを使い
バンパーに熱を当てることで、バンパーの素材のPP樹脂が軟らかくなり凹んだ部分を押し出すと
元通りとは行きませんがパテを薄く付けれる位まで戻ってきます。


ボンネットは、4cm四方位の凹みを板金塗装します。



凹んでる部分の塗装を剥いで、パテを付けます。


バンパーなど、柔軟力が必要な部品にパテを付ける場合は
バンパー専用のパテを使用しています。


バンパーも、凹んだ部分の色を剥ぎます。
パテが良く密着するように、サンダーと言う工具を使用し
研削力の良いペーパーで研磨していきます。



パテを素手で触りながら、凹み・歪みが無くなると

パテ・塗料、密着性と下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。


バンパーも同様にサフェーサーを吹き付け、乾燥させたら。
耐水ペーパーを使用し水研ぎをして塗装作業になります。



ボンネットは、目に付きやすく塗装の肌ツヤに注意しながら塗装して行きます。


塗装直後の一枚です。

塗装職人さんが、一番ホッとする瞬間ではないでしょうか。
仕上がりは、見ての通り肌ツヤ・輝いています。



塗料を塗装ブースで乾燥させ、ポリッシャーを使用して磨きます。

肌ツヤの仕上がりが良く、磨くとさらに深みが出るような仕上がりになります。

完成です。

お客様は、作業工程を中々見る事が出来ないと思います。
だからこそ、サンルイスでは塗装した所が
何年も輝き続け、そして信頼して頂けるように
板金塗装の全ての作業工程一つ一つ大事に確実な作業を心がけています。



                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////


category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

スバル R2 板金塗装 





スバル R2 板金塗装の紹介をします。

サンルイスに入庫した時の状況です。

右フロントフェンダーとフロントバンパー右のヘッドライトの板金塗装です。


今回の修理は、フェンダーとバンパーは新品交換です。

板金は、ラジエータサイドサポートと言って、ヘッドライトの回りの骨格が歪んでいたので
板金修正をします。


塗装前の新品フロントフェンダーです。

新品のフェンダーと言っても、塗装してない状態でメーカーさんから届きますので、
下着処理の為に耐水ペーパーで水研ぎをして、塗装します。


フロントフェンダーがぶつかった衝撃により、フロントドアの方に動いて
ドアの角の部分が少し傷が入り塗装します。

塗装しない所には、2重3重とマスキングをし絶対に塗装がかからないようにします。



塗装直後の様子です。
フロントフェンダーは、新品と言う事もありフェンダーの
裏の部分も塗装するので外して塗装しました。

仕上がりにこだわります。輝きを見て下さい。


組み付けをし、ポリッシャーと言う機会を使い
ポリッシャーの回転により、摩擦熱でと塗装面(クリャー面)を少し軟らかくし
肌ツヤに深みを出して行きます。



各部品を組み付け完成です。

今回、板金塗装修理は、フロントバンパーとフロントフェンダーヘッドライトと
お客様とご相談の上、新品部品を使わせて頂きました。

お車の損害・保険加入条件などを
お客様と一緒に考え、ご予算・ご希望等を
考慮させて頂き、必要な部品の値段・作業工賃を
お見積りし、お客様にとって一番良い方法を一緒に考えて行きます。



                 /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////




category: スバルの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ チェイサーHID取り付け 

車で夜走行していると、暗いなぁ。。。と感じる事はありませんか?
ヘッドライトをHIDに交換しょうと考えた事はありませんか?

オートサービスサンルイスでは、板金塗装の技術を活かして
加工・調整・取り付けのことなら、いかなる条件の車種でも自信を持って
正確・確実に取り付け致します。


今回紹介するのは、フォグランプにHIDを加工・取り付けを紹介します。

取り付けるHIDキットです。最近HIDの金額もかなり、お買い求め安くなりました。
サンルイスに、お気軽にお問い合わせ下さい。


お客様のご要望により、フォグランプも少し加工をさせて頂きます。
フォグランプのレンズの中が年月が経つとどうしても黒ずんで行きます。

そこで、フォグランプのレンズを外し中に反射するようになっているのですが
やはり年月が経つとくすんできます、そこでアルミ版をカットして貼り付けて輝くようにします。


中にアルミ板を貼り付けました。

解りやすいですが、輝いています


赤く見えるのは、赤外線です。
ほとんどのライト・フォグランプ類は中に水が入らないように
レンズと本体の間にシーリング剤(コーティング剤)が入っているのですが

赤外線で温度を上げて行くと、コーティング剤が軟らかくなり
フォグランプとレンズを合わせ着ける時にすき間無く密着する事が出来るので
温度を上げて脱着します。


HIDの心臓部バラストの取り付けをします。
バラストとは、点灯時に電圧を昇圧させて、キセノンガス・水銀・ヨウカ金属を封入した
バルブ内で電極間の放電により点灯するのですが、バラストは電圧を安定させ
昇圧させ電圧を安定させ供給する役目があります。

バラストは、振動や特に水に弱く水に掛からないような場所に取り付けます。


バラストを取り付け、球をフォグrンプに取り付ける前に空焼きをします。

それは、新品のHIDの球にコーティングしてあり始めて
HIDを点灯させると、白い煙が出たりしますので、直ぐレンズに入れると
レンズが煙で曇ってしまう事がありますので一度30分くらい空焼きをします。


装着し点灯です。。。明るい。明るい。

対向車に眩しく無いように、高さ調整をしていますので
安心して、輝かせて下さい。

オートサービスサンルイスでは
車の事なら、板金塗装の技術を活かし
価格・仕上がり共に安心してお任せ下さい。



   /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////





category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ ハイラックスサーフ板金塗装 



トヨタ ハイラックスサーフの板金塗装を紹介します。

左フロントフェンダーと左フロントフェンダーの板金塗装を紹介します。

フロントフェンダーは凹みが大きく、板金塗装するよりもフェンダーを交換した方が、
お財布に優しく仕上がるので交換で作業します。フロントドアは、板金塗装修理します。



フェンダーはお客様とご相談の上、ご予算などをご一緒に考え
御見積もりさせて頂き、中古部品のフェンダーを使用する事になりました。

凹んだフェンダーを外し、中古部品のフェンダーを借り着けてみて、
ボンネット・フロントドア・バンパーとの
スキマ・出具合を合わせながら板金していきます。



左フロントドアのフェンダー側も一緒に凹んでいて

フェンダーとスキマと面を合わせながら板金をし、
パテを付けサンダーと言う工具を使用しパテを研いで凹みを無くして行きます。



中古のフェンダーと言っても綺麗にしています。

小さな小キズがありましたので、ペーパーを使いキズの部分を研いでみると
塗装の層の所までで、パテを着けるほどのキズでは無かったです。
下地処理の為にサフェーサーを吹き付けました。



パテを素手で触りながら、手に伝わる感触を頼りにパテを研いで凹凸・歪みを無くして
パテと塗料の密着性・下地の為にサフェーサーを吹き付けます。

それから、サフェーサーを乾燥させてから、600~3000番の耐水ペーパーを使い
サフェーサーを水研ぎして行きます。
そして、やっと塗装の作業になります。塗装ブースに車を入れて
塗装する場所以外は、マスキングをします。
マスキングの仕方一つで仕上がりの良し悪しが違います。



完成写真です。

塗装て、各部品をつけてしまうと、中古部品を使ったなんて誰も分かりませんね
お客様に御満足して頂けるために、
お客様一人一人の条件、思い、修理に対しての考えを聞かせて頂き、
仕上がり・修理金額・納期・あらゆる御希望にお答え出来るように
お客様とご一緒に考え、ご相談の上、修理金額を正確にお見積もりします。
お気軽に御連絡・ご相談下さい。


                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////






category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

日産 マーチ板金塗装 

日産 マーチの板金塗装のご紹介します。

左リヤクォーターパネルとリヤバンパーの擦りキズの板金塗装の紹介です。

リヤクォーターパネルは擦りキズで、

キズの部分が線上に凹んでいて、スポット溶接機で、
引っ張り板金をした後にパテを付けた所です。


リヤバンパーは、1本修正して塗装します。

線キズの所は、キズが深く黒く見えるのが素地のPP樹脂で、そこまでキズの深さがあり
サンダーと言う工具を使用し研磨していき、パテを付けます。


パテをペパーを使い凹凸を研いで行きます。

バンパーとのラインとスキマの面をバンパーを借り着けしながら合わせて行きます。


パテを研いで凹みとバンパとのラインを合わせたら、
パテ/塗料の密着性と下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。

サフェーサーを耐水ペーパーで水研ぎをします。
それは、目が細かい600~3000番のペーパーを使い、塗装にペーパー目が出ないようにします。




バンパーも同様にサフェサーを吹き付けますが、バンパーはプラスチック樹脂なので
とても軟らかくサフェーサーと塗料に、柔軟性がある軟化剤を入れて塗装をします。



高品質な塗装・乾燥ブースで、質の高い仕上がりを実現させます。

今回のマーチの塗料・色は、メタリック塗装となります。
メタリック塗装で注意す中の一つ、メタリックが光に反射してキラキラ光るのですが
均一に塗装しないと、メタリックのキラキラが片寄ったりしてムラになったりしますので、
ムラにならないようにするには、塗料を吹き付けるガンを操り、長年の経験と技術が必要になります。



塗料を乾燥させ、ポリッシャーを使用し、
肌ツヤを整え、輝かせます。

交換となる場合が多いバンパー等のプラスチック部品も
出来る限り板金・修正します。
また、エンブレム・モール等も、本来なら交換と言う部品でも
丁寧に取り扱い、可能な限り使用します。

車の損害・保険加入条件などを
お客様とご相談の上、必要な部品の値段
作業工賃等をお客様とご一緒に考え
御見積もりさせて頂きます。
お気軽にご相談下さい。


                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////





category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ セルシオ 

ヘッドライトのレンズの曇りをポリッシャーを使用し磨いて見ました。

ヘッドライトは、何年かたつとライトが暗くなる(黄ばみ、白濁)原因はいろいろありますが、
その多くは樹脂製ヘッドライトの素材であるポリカーボネイトが紫外線や洗車機により劣化し黄ばみ、白濁していきます。
通常このポリカーボネイトには紫外線防止とキズ防止のコーティングがされているのですが、
時間がたつにつれてこのコーティングがはがれ、黄ばみとなっていき、くもりがはじまります。



そこで、コンパウンド付けポリッシャーで磨きました。



新品のようには、いきませんがここまで輝きを取り戻せました


オートサービス サンルイスでは
どのような事でも、お客様の相談や疑問に
真剣に取り組み、御希望にお答えいたしますので
疑問に思った事など、お気軽にご相談下さい。

                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////




category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

日産 ティーダ板金塗装 


日産 ティーダの板金塗装を紹介します。

フロントバンパーの擦りキズの様子です。


リャバンパーもフロントバンパー同様に擦りキズと凹みがありましたので

リヤバンパーはパテを付けて、凹みを無くしていきます。


フロントバンパーは、傷が浅かったので

サンダーと言う工具を使用しキズの部分を、研磨して傷が無くなるくらいの
キズの深さでしたので、パテは使わなく、サフェーサーを吹き付けました。


リヤバンパーは、凹みがありパテを付けたのでパテを研いで行き

凹み、ヒズミが無くなるように素手で凹み具合を確認しながら
パテを研いで凹みをなくしていきます。凹みがなくなると
パテと塗料の密着性を良くする為に下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。


塗装の様子です。
フロントバンパーは、お客様とご予算とご要望により部分塗装をします。

バンパーを着けたままの塗装は、バンパーを脱着する工賃が省かれますのでその分安くなりますが、
着けたまま塗装すると、どうしてもスミズミまで塗装が行き届かない事がありますので
お客様にご相談とご了承の上、塗装します。


塗装を乾燥させて、ポリッシャーを使用し磨いていきます。

フロントバンパーは部分塗装でしたので、バンパーの真中でボカシ塗装をしています。
ボカシ塗装も一本塗装するよりもお安いですが、欠点があります。
それは、お車の手入れの仕方で違いが出てきますが、3・4年してボカシ塗装をした
所が白くなってしまう場合がありますので、出来るだけ一本塗装をお薦めします。


バッチリ完成です。

お車の損害・保険加入条件などを、
お客様とご相談の上、必要な部品の値段、
作業工賃等を御一緒にお見積もりします。


                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////





category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

スズキ アルト板金塗装 




スズキ アルトの板金塗装を紹介させて頂きます。 

左リヤクオーターパネルが大きく60cmくらいの範囲にわたって凹んでいます。

プレスラインのが凹んでいて、ピン・ワッシャをプレスラインに溶接をし、
ピンを引っ張り凹んだ部分を出していきます。


引っ張り板金で、凹んだ部分がここまで修正できます。



綺麗に凹んだ所が修正されていますが、

溶接して引っ張りだしたり、ハンマーで叩いて板金するので、
少し凹凸やヒズミが残っていますので、後はパテを薄く2~3回に分けて付けて
凹みヒズミを無くして行きます。



パテを研いでいき、ヒズミや凹みが無くなると、下地処理・塗料とパテの密着性を高める為に
サフェーサーを吹き付けます。その後サフェーサーを乾燥させて水研ぎをしてから、塗装の作業になります。

少しづつ、塗装を重ねて塗装していきます。
一回で塗装しようとすると塗装が流れたりし肌ツヤが悪くなり光らなくなったりします。



あんなに、凹んでいた部分が全然分からなくなりました。

板金塗装の金額内容は、主に部品代と板金/塗装の作業工賃に分けられます。
その為、交換部品代/板金・塗装とお見積もりをして行くのですが、
なるべく部品は最小限で直せるように、お客様とご相談しながら
お見積もりをさせて頂きますので、板金塗装の事ならお気軽に御相談下さい。


                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////






category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン ポロ板金塗装 



フォルクスワーゲンポロ板金塗装紹介します。


フロントバンパーの修正塗装をします


この部分に深く切り込みキズが入っています。

サンルイスでは、バンパー塗装の際は大小のキズを問わず
バンパーを外して塗装しますので、隅々まで行き届いた塗装をします。


バンパーを取り外して、キズの深さなどを確認しサンダーなどの工具を使用し
キズの部分をパテなどの密着性を高めるためと、パテを多く着けるとバンパーは特に剥がれやすいので
なるべくパテを盛り着けしなくて良いように、研磨していきます。

今回は、キズが深かったので少しパテを着けて、サフェーサーを吹き付けました。


塗料を計量し、実際に色を吹き付けて車と色を合わせて行きます。

色を合わせると言っても、5色以上の塗料が混ぜ合っていますので、
たとえばシルバーのメタリックに赤と黒系の色が入っているとして
正面で色を見た場合と横から見た場合とでは、角度によって赤く見えたり、黒く見えたりするので
車の色と比較しながら調色して行きます。


サフェーサーを水研ぎし、塗装の作業になります。

バンパーは、入り組んでいて塗装がかかりにくい所がたくさんあるので
塗装がかかるように、いろんな角度から塗装して行きます。


完成の様子です。

跡形もなくなって、綺麗になりました。

オートサービス サンルイスでは、
大小問わずより良い板金塗装をお客様に
ご提供出来るように一台一台大切にお預かりしています。
どのような事でもお気軽にご相談ください。

                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////









category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --   

ダイハツ ムーブ板金塗装 


ダイハツ ムーブの板金塗装を紹介します。
前回は、板金をしパテを着けて研磨した所まで紹介しました。
そして、塗料とパテの密着性を高める為に、下地処理のサフェーサーを吹き付けます。

サフェーサーを乾燥させたら、600番~3000番の耐水ペーパーを使い
水研ぎをします。何故かと言うと目の荒いペーパー仕上げて、塗装した際にペーパー目が
線キズの様になってしまうので、細かい耐水ペーパーを使いペーパー目が出ないように仕上げて塗装します。



今回の塗装は天井以外は、板金塗装をしますので非常に範囲が広く

塗装ブースに全部入らないので、ボディーとドア・バンパーなどの部品は二回に分けての塗装となります。



塗装が乾燥し用品と部品を組み付けて、磨きます。

ポリッシャーに、バフと言う布タイプとスポンジのバフをポリッシャーに付け回転させて、
摩擦熱により塗膜を軟らかくして、輝き肌ツヤを整え輝かせます



天井以外は全て板金塗装していますので、キズ一つない綺麗な車に生まれ変わりました

益々、お客様は愛着が湧くのではないでしょうか。



小さなキズから大きな事故まで、お気軽に御相談下さい。
サンルイスでは、必要な部品、塗装工賃等をお客様と御一緒に考え
修理金額、仕上がり、納期、あらゆる御希望をお聞きし
ご相談の上、正確なお見積もりをさせて頂きます。


                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////

category: ダイハツの板金塗装事例

CM: 0 TB: --