Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

クライスラーPTクルーザー板金塗装  

クライスラー PTクルーザーの板金塗装を紹介します。

左フロントドアの板金塗装です。

見てもらうと分かりますが、凹みがひどく交換になる所を
サンルイスでは、お客様のご都合、ご要望に応えられる技術を持っています。



プレスラインの部分が大きく、凹み変形していて
プレスラインの板金は難しく技術が求められます。

プレスラインを引っ張り出すために、ピン・ワッシャ溶接機を使用し
プレスラインに先が尖った、ワッシャを溶接しスライドハンマーで引き出しながら
板金していきます。


板金でプレスラインが、寸法通りに出ると、

ハンマーなどで、板金した際の小さな凹み、歪を無くす為に
パテを薄く薄く付けて、パテを素手の感触を頼りに凹みを無くして行きます。


パテを研いで、研いで、凹みが無くなると、サフェーサーを必ず吹き付けます。
それは、サフには色々な性能があります。
まず、下地の塗装面とパテ、そして上塗り塗装との密着性が良い事と
耐水性、塗装の吸い込み防止と色々な、性能を持っています。

サフェーサーを乾燥するまでの間に、塗料を計量器で計り
ボディー色と比較しながら色を合わせていきます。



塗装ブースで、塗装の様子です。

サフェーサーを耐水ペーパーの600番から3000番のペーパーへと、サフのとぎ目をペーパー目を細かくしながら研いで、ペーパー目が出ないようにと、塗装の肌の仕上がりが良くなるので、ペーパー目を細かくして研いでいます。それからマスキングをして、塗装します。


板金塗装前
width="500" height="375" />

板金塗装後

板金塗装したかどうか、解らなくなりました。
今回の板金塗装修理は、本来ならドア交換ですが
交換となると、部品代、工賃そして、塗装とお客様に負担が大きくなります。
お客様とご相談、ご了承を頂き、板金塗装することになり、交換するよりも
とてもお安くする事が出来ました。
凹みの程度によりますが、部品交換するか、板金塗装するかは
お客様と一緒に考え、何種類の修理方法をお見積りし
お客様にとって、一番良い修理方法を考え選びますので、お気軽にご相談下さい。



完成です。


                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
             


category: クライスラーの板金塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

スズキMRワゴン板金塗装 

MRワゴンの板金塗装の続きをご紹介します。

前回、板金が修了した所までご紹介しました。
今回は、パテを付けたところから紹介します。

凹んだ部分を、ピン・ワシャ溶接機やハンマー・ドリー(あて板)を使用し板金して
板金で凹みは、無くなるのですがハンマー等で板金した際に、微妙な凹みや歪があります、パテを付けて歪・凹みを無くしてしまいます。

パテと鉄板が模様のようになっていますが、
それは、パテを素手で触りながら研いで行くと、凹みの部分はパテが残り
凹んでない所は、パテはいらないのでこの様な模様になります。



サイドステップも同様にパテを研ぎます。
凹み歪が無くなるとサフェーサーを吹き付けます。


パテと密着性・塗料との密着性・耐水性などのために
サフェーサーを吹き付けます。


耐水ペーパーを使用し水研ぎをしていきます。



スポイラーは、変形がすごく赤外線で熱をあてて軟らかくして
変形を修正します。


ビフォー!!


アフター!!

完璧です!!

板金でここまで、綺麗に板金塗装できます。

お客様のご希望・ご予算
どの様な条件でも、お客様のご要望に答えます。
お気軽にご相談下さい。


    
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
             


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

スズキ MRワゴン 板金塗装 

MRワゴンの板金塗装を紹介します。

左フロントドアとサイドスッテプそして、スポイラーの板金塗装です。

ドアを交換になるような、大きな凹みです。


でも、交換となると金額も高額になってしまいます、
オートサービスサンルイスでは、お客様のご要望、ご予算に応じて
お客様のお気持ちを大切にさせて頂きます。


かなり凹んでしまっていますが、そこは、板金の職人さんの腕の見せどころです。

ピン・ワッシャ溶接機を使用し引き出し板金をします。

ピンポイントで凹みを職人さんの鋭い眼光で、凹みを性格に引き出します。



板金完成です。多くは語りません。
一度、サンルイスの仕上がりを実感してください。

今回は、板金までを紹介させて頂きました。
ご予算・お客様のご要望にお答えしますのでお気軽に
お問い合わせ下さい。



                  
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
             

category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ホンダ バモス板金塗装 


ホンダ バモスの板金塗装を紹介します。

右側のボンネット・フェンダー・バンパーの板金塗装です。

ボンネットは、右角が折れ曲がっています。そこを伸ばし板金塗装します。
右フロントフェンダーは、凹みが大きく作業する前にお見積りしました結果、
板金塗装する作業工賃と、新品部品交換する作業工賃を比較すると新品交換の方法が、
お安くなりましたのでお客様にご相談の上、新品部品を使用します。

ヘッドライトの裏のライトバッフル(骨格)が折れたように凹んでいましたので
パワースタンドを使用し寸法通りに引き出します。

パワースタンドで引く前に、まず考える事は斜めに引くかまっすぐ引くか
どの角度から引いたら寸法通りに出るかを計算し、効率的に寸法が出る角度を
見つけ修正して行きます。


寸法通りに修正したら、ボンネット・フェンダー・バンパーをスキマ・出具合を
微調整し合わせながら板金します。

板金が終わり、板金の際に凹んだ部分をハンマーやドリー(あて板)を使用して
板金するのですが、その際に凹みは綺麗に取れるのですが、ハンマーで叩き
板金をしたら美妙に叩いた後が残りますので、そこに薄くパテを付けて研いでいきます。


パテを素手の感触を頼りに凹み歪を研いで無くしていきます。
凹み歪が無くなると、パテと塗料との密着性・耐水性が良くなるように
下地処理の為、サフェーサーを吹き付けます。


もちろん、ボンネット裏も板金したので、パテを付けサフェーサーを吹き付けます。

サフェーサーを乾燥させて、耐水ペーパーの600番から3000番のペーパーまでを
使用しペーパー目が塗装した時に出ないように番数を上げていき、サフェーサーを
キメ細かい肌にしてから塗装します。


バンパーも同じように、サフェーサーを吹きつけて、耐水ペーパーを使用し水研ぎをします。


ライトバッフル(骨格)を引き出し修正板金したので
板金修正した所が色が割れたり、剥げたりしているのでサフェーサーを吹きつけ
塗装します。



塗装中の様子です。



塗装直後です。

この輝きを見て下さい。輝きが違います。

完成です。

今回の修理は、フェンダーを新品を使用し、バンパーは中古部品、ボンネットは板金しました。
まず、お客様からご依頼を頂き、一番初めにお見積り出して
お客様にご相談しながら、お客様のご要望に添えれるようにご一緒に修理方法を
選び考えてきますので、お気軽にご相談下さい。


                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
             










































































category: ホンダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

日産 ノート板金塗装 

日産・ノートの板金塗装を紹介します。

フロントバンパーがかなり大きく、凹んでいます。
"500" />
凹むだけでは無くパンパーの下の部分が10cmくらいに切れていますので
バンパーの修正は、難しくお客様とご相談の上パンパー交換します。

バンパーを外す前に他に損傷がないか、チェックすると



ボンネット・フェンダーのスキマが左右見比べると、全然違います。
おかしく思いボンネットの立てつけと閉まりをチェックすると、開け閉めに違和感がありました。


バンパーを外して、凹んでいる所のフレーム・骨格を見ても折れ曲がったり変形しては
無いように見えましたが、でもあんなにフェンダーのスキマがずれているのは、
おかしく思い

フレームの寸法を計測すると、5mm左の方向にフレームの先端がずれていましたので
パワースタンドを使用しフレーム修正し、フレームの寸法を元の位置まで修正すると、
ボンネット・フェンダーのスキマが左右対称になり、ボンネットの開け閉めもスムーズに成りました。ちょっと当ったと思っても、当る角度、場所によりフレームが狂ってしまいますので、サンルイスでは正確に寸法を計測します。


バンパーは、お客様とご都合・ご予算・仕上がりをご相談の上

中古部品のバンパーを使用させて頂きます。
お客様に修理金額・仕上がり・納期あらゆるご希望にお答えします。


塗料の計量をし、実際に塗板に塗装し

ボディーと比較して色を合わせていきます。
色合わせの難しい所は、一車種の塗料配合は5色以上の塗料が入っていて
その塗料を計量し原色となる色の輝きを上手く引き出されて、鮮やかな車の輝きが出ます。その輝きを出すのに塗料を足して合わせるのですが、足しすぎると色が濃くなるので
長年の経験の目力で、輝きを導きます。


塗装直後の一枚です。

サンルイスでは、仕上がりにこだわり、板金から塗装まで作業工程にこだわります。


完成です。

今回は、バンパーの板金塗装修理で済むかと思いましたが、
予想以上に、ダメージが大きくフレーム修正も致しました。

お客様に安全に運転して頂ける様に、
お車の点検を無料でさせて頂いていますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。


     
                /////////////////////////////////////
                     (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
                /////////////////////////////////////


category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

マツダ ボンゴ板金塗装 

マツダ ボンゴ板金塗装を紹介します。

車の損害・保険加入条件などお客様とご相談の上
必要な部品の値段・作業工賃・板金塗装代をお見積りし、検討して頂いて
それから、お客様のご都合に合わせて入庫日と納車日を決めてから、
お車をお預かりし、修理させて頂きます。

入庫時の損害状況です。

フロントパネルから左ドアそして、衝撃がドアの取り付け部分のピラーとフロアまであり
ドアが噛みこんでいて、開け閉め出来ない状態です。

ドアの横からの様子です。

ドアの下の部分がひどく原型が分からないくらい、折れ込んでいます。

フロアまで、折れ曲がっています。

フロアは、板金塗装します。


ピラー・フレームを修正する為に、一番大事な事は、ボディーのどの部分がどれだけ
損害を受けているのか。それが解らないとボディー・フレームの修正が出来ません。

始めに見落としが無いように、きちんと計測して、各部を点検して確認し、
ボディー・フレームを修正します。


ボディー・フレームを計測し、寸法通りに引っ張り出し修正したら。
ダメージがひどく折れ曲がっていたので、ピラー・パネルドリル・エアーソー・タガネを使用し取り外して、新品のパネルを合わせて計測しながら溶接し取り付けます。

取り外した様子です。ある物が無いと不思議な光景になりますね


そこに、パネル・ピラーを計量だけではなく、パネルを仮溶接して
ドア・ヘッドライト・バンパーとの隙間を計測して、ドアの開け閉めなど、
微妙な調整をしてから確実に溶接をしていきます。



板金が終わり

溶接目やフロントパネルの凹みにパテを付けます。


パテをサンダーや素手での感触で凹み、キズを無くします。



お客様のご意見・ご要望を伺い、打ち合わせをして、ドアは中古部品を使用します。

中古部品と言っても、とても綺麗です。写真を見て頂ければ解りますが、
キズは全く無く、指先ほどの凹みがある程度でしたので、パテを使用し凹みをなくし
塗装します。


パテを研いで凹みが無くなると、パテと塗料など下地処理の為に
必ずサフェーサーを吹き付けます。



耐水ペーパーを使い、サフェーサーを水研ぎします。
それは、仕上がりを良くする為にとても大切な作業の一つで
600番から3000番の耐水ペーパーを使い、サフェーサーの表面が輝くようにまで
水研ぎをします。

それから、マスキングをして塗装します。



完成です。
大小問わず、どのような損害でも
お客様にご満足していただく為に、お客様と細かく打ち合わせをさせて頂きます。
ご一緒に修理方法を考え、お客様のご希望に添えれるように板金塗装させて頂きます。
お気軽にご連絡・お問い合わせ下さい。
もちろん!見積りは、無料です。







                      (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
               


category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --