Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

メルセデスベンツ・C240(W203)ブッシュ交換 

メルセデスベンツ・C240(W203)ブッシュ交換を紹介します。

車検でお預かりしたのですが足回りを点検するとフロントのラジアスアーム(ロアアーム)のブッシュが
へたっておりガタが出ていましたので交換することになりました。

欧州車はここら辺のパーツが細かく部品としてあるのでメンテナンスにすごく助かります。
国産車だったら大抵はASSY交換です。




同じようなアームが片側で2本付いています。
今回は左右前側の部品になります。


交換前。
下の部品単体が新品です。
よく見ると上側のブッシュには亀裂が入っています。


ブッシュをプレスで抜き、プレスで挿入します。
プレスがないと出来ない作業ですが、ここもまた神経を使う作業です。

車検毎にガタが出るパーツを変えていくことにより驚くほど車が長持ちしていきます。
この小さなガタをそのままにしておくと周辺部品にまで負担がかかり乗り手が感じるようになるころには大出費になってしまいます。
また手遅れになるとブッシュ単体の交換が出来なくなりAssy交換となりますので
早めに対処することが安く長持ちさせるコツになります。

車検の際はどのくらい長く乗るかで修理内容を決めるとより良い修理になるかと思います。

では。

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

日産 ノート板金塗装 


日産 ノートのバンパー塗装を紹介します。

作業前の様子です。

バンパーの擦りキズと凹みの板金修正塗装をします。

まずは、バンパー塗装の場合は、補修(部分)塗装で無い限りは必ずバンパーを
取り外してから、作業をします。



サンダーと言う工具を使用し、キズ・凹み部分を
下地のPP樹脂まで塗装をはいで、凹みやキズの部分にパテが密着する為にも
サンダーで研いでいきます。




凹み・キズの部分にパテを付けて、サンダーなど工具を使用し研いで、

最終的には、素手で直接触りながら、凹み・キズを確認しながら研いで
凹み・歪を研いで無くしていきます。


一番大切なことは、フロントフェンダーとの出ずらを

バンパーを借り付けをし、パテをといで合わせていきます。
すみません。サフェサーと塗装の写真がありませんが、
サフェーサーを吹きつけて塗装をします。


完成です。



今回のパンパー塗装は、キズ・凹み・変形がひどく
バンパーが熱くなるまで赤外線であぶり、それから熱が冷めるまでの間に
変形した部分をバンパーの裏から押し出すように変形を修正してから、
パテを付け修正塗装をしました。
バンパー交換するよりは、お安く済みました。


       有限会社 オートサービスサンルイス 
       福岡県筑紫郡那珂川町今光1-3
       お気軽にお問い合わせご相談下さい。
        TEL092-953-5917    

category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ホンダ バモス板金塗装 



ホンダ バモスの板金塗装を紹介します。

作業前の様子です。



下の角度から見ていただくと分かりやすいと思います。
かなり凹んでいます。この凹みを、バンパーと合わせながら引っ張り板金をします。


ピン・ワッシャ溶接機を使用しながら引き出します。

計測しながら引き出して、出具合をバンパーと比較しながら板金します。


板金が終わり、板金の際にどうしても残ってしまう、小さな凹み歪を無くすために
パテを塗りこみパテを素手で触りながら研いで凹みを無くします。

それから、色々な役割があるサフェーサーを吹き付けます。
度の様な役割があるかと言うと、まず下塗り・パテ・上塗りとの層間の密着性を良くする
性質があります、乾燥硬化が速く締りが良く塗装の際に、塗料の乗りが良くなります。

3コートパールなので、下地の塗料・パール・クリャーと分けて塗装します。

3コート塗装で注意する点は、下地の塗料を薄く・薄く塗装します。
それか、パールは塗り重ねると色が変わるので、塗り重ね方に注意して塗装します。
クリャーは、下地・パールとどうしても厚塗りがちになってますので、
仕上がりの肌ツヤを良くするために、微妙なガン調節をしながら仕上げ塗装をします。


作業前。

作業後。

見て頂けると分かりますが、あんなに凹んでいた部分が
こんなに綺麗に、バンパーとのスキマ・出面が合っています。
もちろん、色・ツヤ共にお客様に満足して頂けました。



完成です。


        オートサービスサンルイス          
        福岡県筑紫郡那珂川町今光1-3
        お気軽にお問い合わせ下さい。
        092-953-5917

category: ホンダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱 ミニカトッポ板金塗装 


三菱 ミニカトッポの板金塗装を紹介します。

右フロントフェンダーは、お客様とご相談の上
中古部品を使用し板金塗装する事になりました
画像 170
フロントバンパーは、板金・修正塗装をします。

そして、リヤクオーターパネルの板金塗装を紹介します。

リヤクォーターパネルは、タイヤハウスの耳の部分が、錆て腐食で穴が開いてしまっています。。。そこで、錆びて穴が開いている所に、今回の板金方法は穴に直接、
溶接機で溶接していき、穴をふさいでいきます。

さびて穴が開いている所すべてに、溶接で穴をふさぎ無くしました。

綺麗に穴ホゲが溶接のおかげでなくなりました。

板金が終わり、パテを塗りこんで凹凸が無くなるように、研いでいきます。

パテを研ぐ際に、注意する事は、凹みはもちろん注意しますが、
ひとつ大切な事があります、それは一台一台異なる、その車のラインがあります。
そのラインを感じ、滑らかなラインを出すように心掛けています。


フロントフェンダーは、中古部品を使用しました。
中古のフェンダーは、中古部品を専門に取り扱う部品屋さんを通して
全国から中古部品の在庫状態と部品の凹みキズの状態を把握していて
部品の状態を教えていただきながら、全国規模で探し送られて来ますので
安心して中古部品を使用できます。

中古部品を取り付けて合わせます。


パテを研いで、凹み歪・ラインが出ると下地処理と密着性を良くするために
サフェーサーを必ず吹き付けます。

サフを乾燥させてから、耐水ペーパーを使用しながら
600番から3000番の耐水ペーパーで水研ぎをしてい、表面を塗装が乗りやすいように
水研ぎをします。


塗料の調色の様子です。

塗料を計量し、実際に塗り板に色を吹き付けて、塗装する車と比較しながら
微量な調整をして色を合わせていきます。


塗装直後の様子です。

錆なんてわからなくなりました。


ポリッシャーが回転して、バフと塗装面の摩擦熱により
塗膜を軟らかくして、表面の肌ツヤを輝かせます。



今回の板金塗装は、リヤクォーターパネルの錆と腐食がひどく穴が開いていました、
腐食・錆の板金塗装方法は、色々ありますが。
お客様のご要望・ご予算などを一緒に考え修理方法を決めますので
お気軽に、ご相談してください。

                  オートサービスサンルイス
                  福岡県筑紫郡那珂川町今光1-3
                  お気軽にご連絡下さい。
                  ℡092-953-5917 

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ カローラ板金塗装 


トヨタ・カローラの板金塗装を紹介します。


今回の板金塗装の内容は、フロントバンパー、リヤバンパー擦りキズの
板金塗装です。

フロントバンパーの右角の擦りキズです。

2から5cmの線キズでしたので、サンダーと言う工具を使用し
キズの深さを見ながら、パテを付けるか見分けながら研いでいます。



フロントバンパー同様に、リヤバンパーも線キズがあります。

キズの深さに合わせて、パテや修正していくのですが、
今回の、キズは深くは無いので下地処理とパンパーとの密着性を考え
サフェーサーを吹き付けます。



サフェサーを吹き付ける前に、サフが回りに飛ばないようにマスキングをします。



リヤバンパーもフロントバンパー同様に、キズを研いで
キズの深さなど見究めて、今回はサフェーサーを吹き付けます。


サフェーサーを吹きつけ終わると、

塗料を計量して、実際に試し塗りをして、車のボディーと比較しながら
色を合わせていきます。


乾燥させたサフェサーを、耐水ペーパーの600番から3000番で
水研ぎをしていきペーパー目が出ないように、段々ペーパーを
細かくしていくと、とても塗装の肌ツヤが良くなり仕上がりが一段と違います。


-
塗装中の様子です。

フロント・リヤバンパー共に、取り外して塗装します。
バンパーは、凹凸が多く塗装がかかりにくく、色々な角度から塗装がかかるように
角度を変えながら、丁寧に隅々まで色がかかるように塗装します。


乾燥させて、ポリッシャーを使用し肌ツヤを整え輝かせます。

今回の板金塗装は、バンパーのスリキズでした。
オートサービスサンルイスでは、小さなキズから、大きな事故まで
修理内容は、多種多様ですが。
お客様にご満足していただけるように、
修理金額・仕上がり・納期・あらゆるご希望にお答えします。



                    (有)オートサービスサンルイス 
                     筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
             








category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --