Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

トヨタ ノア板金塗装 


トヨタ ノアの板金塗装を紹介します。

作業前の様子です。

後ろからの追突による損傷です。

リヤバンパーを外すと、中にエンドパネルがあります。
このパネルを交換します。

まず、交換する前に、折れ曲がったパネルにチェーンを掛け、パワースタンド等を使用し
寸法通りに計測しながら引き出してから、
変形したパネルをドリルとタガネそしてハンマーを使いパネルを切り外します。

新品のパネルです。

このパネルを計測しながら溶接していくのですが、強度も計算して溶接しています。

溶接が終わり、寸法通りに出ているか、狂いがないか、
最終チェックで、テールゲートを付けてドアの閉まりや出面やスキマを、
確認し、そしてバンパーも取り付けスキマなど確認します。



溶接した所を、ベルトサンダー・サンダーを使用し
溶接の跡を平らに研いで、下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。



裏側のフロア側も錆び、腐食、などから守るため
下地処理の為にサフェーサーを吹き付けます。


塗装直後の光景です。
塗装専用の台に吊り下げて塗装します。

吊り下げないと表裏が塗装できないので吊り下げて塗装します。


エンドパネルも塗装します。
塗装してしまうとパネルを交換したのが分かりにくくなるくらい
綺麗に板金塗装が出来るよう思い描きながら
一つの作業。


ポリッシャーの回転で出来る摩擦熱で、塗膜の表面が少し軟らかくなり
ポリッシャーを使い磨き、塗装の肌ツヤを滑らかになり、より一層輝きます。



完成です。

今回の修理は、追突により大きなユガミ・凹みを
いかに元の寸法通りに引っ張り出し、細かい板金の技術が求められます。
          

          オートサービスサンルイス
          福岡県筑紫郡那珂川町今光1丁目3
          お気軽にお問い合わせ下さい。
          代車は無料でお貸しします。
          ℡092-953-5917  
  

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ ウィッシュ板金塗装 

トヨタ ウィッシュの板金塗装を紹介します。

左フロントドアとドアの下のステップ、スポイラーの
板金塗装を紹介します。



まず、板金する前に用品・部品を外しそれから板金塗装をします。


凹んだ部分を、ピン・ワッシャ溶接機を使用し
引き出し板金の方法で、凹んだ部分を板金します。



板金で大きな凹み・ヒズミは、無くなるのですが、
板金の際に、ハンマーで叩いたり・慣らす様に叩いたりした際に
どうしても微妙なヒズミなどが残りますので、パテを付けて小さなヒズミなどを
素手の感触だけと長年の経験・知識を持って凹凸を、手作業で無くします。

パテを研いで凹凸を無くし、ぱて・塗料との下地・密着性を高める為に
サフェーサーを吹き付けます。

サフェーサーを吹き付けて、この角度から見ると良く分かる事があります。

それは、素手でパテを研いで凹み凸が綺麗に無くなっているかが分かります。
綺麗に凹凸が無くなっています。

サイドステップのスポイラーは、変形していたのを赤外線の熱を利用し
修正しサフェーサーを吹き付けました。


サフェーサーを乾燥させて、耐水ペーパーの600番から3000番の
ペーパーを使用して水研ぎをします、段々とペーパー目を細かくしていき
ペーパー目が出ないようにする事と、一番大切な仕上がりが違います。



細かいペーパーでサフェーサーを仕上げて、
塗装すると、とても肌理の細かい綺麗な肌・ツヤが出ます。

完成です。

今回は、ドアの凹みが目立つ部分の板金塗装でした、
仕上がりを見て頂ければ分かりますが、凹みヒズミも無く
綺麗に仕上がりました。
お客様にご満足して頂ける板金塗装をご提供致します。

                オートサービスサンルイス
                福岡県筑紫郡那珂川町今光1丁目3 
                お気軽にお問い合わせ下さい。
                お見積り無料でさせて頂きます。
                ℡092-953-5917 
  

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

フォルクスワーゲン トゥアレグ板金加工 



フォルクスワーゲン トゥワレグのマフラー加工・交換を紹介します。

作業前の純正のマフラーです。


今回取り付けるマフラーです。

お客様がネットで購入されて、取り付けをさせて頂くことになりました。

純正のマフラーは、エンジンから一番後ろのマフラーの出口まで
1本物でつながっていますので、社外のマフラーを取り付けるには、
途中で切断して、そこに社外のマフラーを取り付ける構造です。

取り付けるマフラーの長さ・角度を計測して切断しています。

切断した所に社外のマフラーのパイプをはめ込み、
角度・方向・取り付け具合を決めたら、継ぎ目である所を
ボルト締めで、締めこんでいます。



完成です。

マフラーを変えただけで、こんなに表情が変わるとは思いませんでした。
マフラーを変えただけで、うまく言えませんが、気品高いスポーツカーの様に
見えたのは僕だけかな。。。でも純粋にかっこよく見えました。



                 オートサービスサンルイス 
                 福岡県筑紫郡那珂川町今光1丁目3
                 お気軽にお問い合わせ下さい。 
                 ℡092-953-5917
                 携帯サイト http://www.sanluis.jp/m/  

category: フォルクスワーゲンの板金修理事例

CM: 0 TB: --