Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ホンダ・ステップワゴン(RF3)のブレーキキャリパー修理 

車で一番大事な機能、ブレーキ。
進むことより止まることが出来なければ非常に危険です。
だからといって車検では分解してブレーキの中がどうなっているかなど必要な項目に有りません。
もちろん制動力というブレーキの効き具合をクリアーしなければ車検に通りませんが
今日大丈夫だからといって2年間そのままの状態を維持できるとは思えません。

全ての車のブレーキをオーバーホールするということは難しいですが
予兆のある車を見抜くことはエンジンのかかりが良いか悪いより大変重要なことです。

今回の車は車検の際にブレーキオイルを交換しましたが、その時ブレーキオイルの色が非常に黒く
汚れていました。
走行距離も10万キロを超え車齢も10年選手です。
お客様に「ブレーキオイルがとても汚れているのでブレーキキャリパーを開けてみます」
とお伝えし分解したところ・・・

画像 480
このような状態でした。
ブレーキのピストンには薄く錆が出ていましたので、いつシールを傷つけてブレーキがスカスカになっても
おかしくありません。

画像 482
シールを外し清掃が終わったところです。

画像 486
ピストンも交換する必要まではなく清掃で復活しました。

画像 484
組込み完了です。
横にあるOリングがブレーキキャリパーのシールです。
この小さなシールが車を走らせる上での非常に大事な部品になります。

車が故障して修理するのは当たり前ですが、この予兆を見抜くことが安全の全てです。

よく車検の見積もりをすると
「このブレーキオイル交換ってあんまり聞かんけど省いてもらってもいいと?」
と言われます。

次言われたら説明するよりもこのブログを見てもらおうと思います。

他で車検を受けられる方、是非とも「ブレーキオイルは換えてください」と言って下さいね。

ちなみにブレーキ関連の修理は運輸局認証工場で!

では

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

JEEPラングラー(TJ40)の全塗装 3 


着々と進んでおりますJEEPの続編です。

ボディーの塗装が完了しました。

「この色は何の車の色ですか?」と問い合わせがありますが・・・
何の色でしょうね?
数百枚ある色見本から選びましたので何の車種かまでは調べておりません。。
ゴールド系のモノに塗りたい!ってことから10枚ほど抜き出し、光に当ててみて
選び抜かれた数百分の1のカラーです。
答えになってませんがスミマセン。
逆に言うと何の車の色と御指定がなければ沢山の中から選ぶことが出来るということですね。


すでに前周りのグリルなどは組付けられています。

DSCN8518.jpg

DSCN8523.jpg
フロントグリルを外す為にラジエータやクーラーコンデンサを取外しているので
組み付ける前に高圧洗浄を行っています。
ラジエータ内部もですが、フィンの隙間もビーーーーーックリするくらい汚れてます。

DSCN8593.jpg
どうせ全塗装するのだからと追加&追加でバイパーセキュリティーを取付けています。

DSCN8602.jpg
全盛期に比べると久しぶりにセキュリティーを組みましたがハーネスとの格闘です。
始めていくと「あーあーあーーーなるほど、そうやった」と手が進んで行きますが
間違ったところに電源もしくはアースを入れると一瞬でパーになりますので慎重にしてます。

幌車でもセキュリティーを取付ける事により車上荒らしは激減です。

ダッシュボードも外していることだしもう少し手を加えてみようと思います。

では




category: JEEPの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・チェイサー(JZX100)の全塗装 


トヨタ・チェイサー(JZX100)の全塗装です。

作業時の写真が少なくてほとんどが完成写真ですが・・スミマセン。。

今回お持込いただいたM様は何でも自分でする方で、エアロバンパーのFRP修理や下地、加工まで
DIYで行ってるセミプロのお客様でした。


下地作業をしているところですが、途中からFRPフェンダーへ交換ということになり急遽建て付け合わせに。

DSCN8190.jpg
エアロバンパーもほとんど修復出来ていましたが最後の仕上げだけ手伝わせて頂きました。



そして完成。
DSCN8371.jpg
色はマツダの純正色になっています。

DSCN8300.jpg
どうせなら、どうせなら、とリヤフェンダーの叩き出しも追加で行いました。

DSCN8379.jpg
ルーフの仕上がりです。
光が当たると配合で入っている赤のパールがスゴク良い色に変わります。

DSCN8372.jpg
ボンネットはFRP、しかも真ん中の大きなダクトは今回加工取付けを行いました。

DSCN8377.jpg
最後にリヤビュー。

車高がかなり低くて格好は良かったのですがぶつけちゃったりしてないかな~。
ちょっと心配です。

また遊びに来てくださいね!

PS:入庫中、何度も何度もたくさんジュースの差入れ戴き有難うございました!!!
スタッフ一同「ジュースをちかっぱ持ってきてくれるMさん」と呼んでました。 

では




category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

JEEPラングラー(TJ40)の全塗装 2 


久しぶりの更新なのに連載してますが・・今回はパーツ塗装です。

全塗装の仕上がり、出来栄えに一番直結するのが分解です。

いくら凄腕の職人さんに塗装してもらってもマスキングばかりじゃ良い仕上がりは出来ません。

場合によっては付けたまま塗装する方が綺麗になるところもありますが出来る限りは外した方が
良い仕上がりになります。

ということで、ボンネットの裏塗りから。

DSCN8476.jpg

ここは艶をビッカビカに出してしまうと「塗りました!」って感じで安っぽくなりそうでしたので
つや消しで塗装しました。



DSCN8496.jpg

そして、「あっ」という間に塗り上がり。

DSCN8498.jpg

DSCN8499.jpg

このタイプのグリルはラジエータやクーラーコンデンサーの脱着が必要となり、
通常付けたまま塗装しますが、気がつくと取外されていました。
良い事なんですけどね、はい。

最後の写真を見るたびにヤッターマンを思い出すのは僕だけでしょうか^^;

では


category: JEEPの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

JEEPラングラー(TJ40)の全塗装 

こんにちはサンルイス日高でございます。

更新が滞って御心配をおかけしましたが!?何の不調もございません^^

さてサンルイスブログでは初登場のJEEPです。

当初の計画から少しずつ変更が重なりオールペンすることとなりました。



幌周りはくたびれていますが外装は磨けばそこそこ良くなりそうでした。
が、小さな凹みを見つけるたびにボンネットは塗装、いやいやステップも塗装しようということで
磨きのはずが塗装に変わってきているところです。

DSCN8349.jpg

この時点でもまだ分解&部分塗装の計画のまま・・・・のようですね。

DSCN8390.jpg

そして分解するうちに色を変えようということでこんなにバラバラになりました。

フロントウィンドウまで外してヤル気マンマンデス。

室内まできっちり塗装するようですね。

他人事のように御説明しておりますが恥ずかしいくらい心境の変化があり事を進めていますので
御理解ください。

出来上がれば分かるようになっております。

ちなみに久々ブログを書いたせいか非常に言葉がおかしいと思います。

そのうち慣れてきますので御了承ください。

では

category: JEEPの板金塗装事例

CM: 0 TB: --