Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

FJクルーザー テクスチャ塗装 

FJクルーザーのFRPフロントバンパーを塗装させていただきました。
通常であればボディ同色、もしくはマット塗装の2択になるかと思いますが
今回施工した方法は、もうひとつの選択、テクスチャ塗装になります。
周りの素地モールとも相性がぴったりで違和感もなく、それでいてワイルドな雰囲気を演出してくれます。
この塗装のデメリットは洗車の際、普通のタオルで拭き上げるとタオルの毛が引っかかってしまいますww
しかしそれもセーム革などで拭くと問題ありませんので。
ホイールからパーツまで何でも出来ますので是非!



DSC_1781.jpg

DSC_1783.jpg

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ジムニー JB23カスタム・・その後 


なかなかゴールが見えないジムにーのカスタム。
今日の追加作業メニューは
・ブレーキの強化
・2シーター化
・ボディのヨレ対策
となります。

タイヤの外形が大きくなり、また重量も増えた事からブレーキの効き具合が物足りなくなりました。
カッチリ感を上げるためステンメッシュのブレーキホースをインストール。
そしてパッドはサンルイスアルト号でも実績があるエンドレスのMX72です。
本当のところで言えばローター径を大きくすることが近道ですが予算と作業を考慮したうえ
このメニューとなりました。
効果ですが、このパッドの特性か踏むだけ効きが感じられるので乗りやすく、ビックキャリパー仕様の
車のように初期タッチから気を使わなくても大丈夫です。ま、全てはクセと慣れですが、笑



次に2シーター化です。リヤシートを取り払うのは簡単ですがいかに純正のように見せるか。
これに関してはノウハウがどうこうではなく、初めてこの車を見た人が違和感がないようにと。
写真拡大しませんがこんな感じです。

DSC_0411.jpg

最後にボディのヨレを対策します。
リフトアップをしていますがトレッドは変更なし。
リフトアップに伴い縦にびよーんと伸びましたのでもちろんロール量は増えます。
ロールにもカッチリ感があれば(難しいか。。)いいのですがフレームとボディのヨレがノーマル車高
以上に感じられると思います。
ではカッチリ感を出すために少しリジット化ということでこのような部品を取り付けます。
R0011087.jpg

ラノーズさんのBFスティフナー。
うちでは始めて取り付けましたが作りもしっかりしております。
R0011090.jpg
結果、ぜんぜん良くなったよーとお客さんからお褒めの言葉を頂きました。
この手のパーツはワタクシたちがいくら理屈をもって良いとしても結局お客さんが感じて頂けるかどうかに
なると思います。そしてお褒めの言葉。
ありがたき幸せジムニー君。

そしてカスタムはまだまだ続きます。

では。



category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --