Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

マツダRX-7(FD3S)/セミ全塗装 

R0012001.jpg

クリアー?塗装自体が最高潮にお疲れしてあるFD3S。
とにかく剥いで塗装しております。
しかしここまでなる車も珍しいですがビフォーアフターの感動もすばらしいものです。

R0012196_20150513181417531.jpg

R0012217_201505131814177bc.jpg

R0012215_20150513181416ef8.jpg

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

オートアフターマーケットに行ってきました。 

R0011967.jpg

先日、東京ビックサイトで行われたオートアフターマーケットに行ってきました。
一昨年行きましたので2年ぶりかな。今回はほぼ日帰りの一人旅。
何が欲しいわけでもないのですが、正直なところ福岡では情報量が少なく、行く度に旅費を払ってでも着てよかったと思います。やっぱり雑誌や情報誌で見るより、現物を見て触って使う事をイメージすると導入にも現時的になれます。けっこうな強行スケジュールだったのですが一つ一つ見て周ることもできましたので新しい材料がサンルイスで提供できるようになるかと思います。
何故か強行スケジュールのメニューに初の東京タワー行きがありましたが、これもまた実物はカッコイイ。
これを50数年前に建てたというからまた驚きでしたね。
ちなみに一人飲み歩きもちゃんとしまして新しいお店を発見!また東京に行きたくなりましたとさ。
次は来年のオートサロンかな。

R0011961.jpg

1426320156284.jpg

1426320155934.jpg

1426320155406.jpg

1426320155058.jpg



R0011941.jpg

category: 日記

CM: 0 TB: --   

ミラ・ウォークスルーバン/クラシックマスクへ変更 

ダイハツ・ミラウォークスルーバンをクラシックマスクへ変更しました。
ラジエーターサーポートの奥行き、高さ、フェンダーの形状が全く異なりどうなるかと思いましたが、横幅だけはピッタリ同じ寸法でして、そのおかげでどうにかこうにか進めることが出来ました。
また、部品取りクラシックが1台ありましたのでスムーズに進みましたが・・・と云うか無いと大変です。

無事完成はしたのですが途中経過を写真撮り損ねたらしく(それほど真剣に作業してましてw)・・・完成写真しかありません。
さて、こちらの車両、移動販売車になるらしいので街中で見つけた際はヨロシクお願いいたします!

R0011834.jpg

category: ダイハツの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

BRIDE・ユーロスターⅡクルーズ/JEEPラングラー(TJ40) 

BRIDE・EUROSTARⅡCRUZ

JEEPラングラーへ装着しました。
リフトアップの車両で足回りは硬めで良いのですがノーマルシートのホールド&室内形状により、運転中に体を支えることが難しくリクライニングバケットシートの装着へ至りました。ラングラーも競技車両では社外シートへの装着が見られますが、街乗りでも非常に頼れる存在でして、バケットシートの装着によりノーマルシートでは腰や足で相当支えていたことが分かります。CRUZモデルはアームレストの装着も可能で長距離ドライブには効果バツグンです。

このJEEPオーナー、内装ブラックにもかかわらずシートはベージュを選択。
色の相性は全くも違和感なく、むしろこのカラーしかないと云うくらいベストマッチでした。

R0011835.jpg

category: BRIDE

tag: BRIDE 
CM: 0 TB: --   

BMW320(E46)/オーバーヒート修理 



BMW(E46)のオーバーヒートで入庫しました。
高速道路を走行中に調子が悪いな・・するとボンネットから煙が出てきたとの事です。
BMWによくある事例ですがラジエータクーラントが少なくなると(通常勝手に減りませんが・・)ラジエータ上部やパイピング上部がクーラントにさらされなくなり、結果焼けてしまうとこのようにボロボロになってしまいます。
つまりはここの部分だけでなく別のパイピングも点検するとポキポキw折れてしまいます。
再度このようにならないためにも分かる範囲では交換することが必要です。
最悪の場合オーバーヒートするとシリンダーヘッドが歪んでしまいますが、不幸中の幸いとでもいいますかエンジン自体にダメージはなかった事が救いです。
よく点検してみるとラジエータホースからの漏れ跡がありこれが原因だったかと思います。
車検で十分にメンテナンスしても2年の間で様々な劣化があります。
中古車で購入されたお客様からすると馴染みのない定期点検ですが、こうなる前に12ヶ月点検も提案していきたいと思います。

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --