Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

三菱ランサーエボリューション・ブレンボブレーキキャリパー塗装 

ブレンボブレーキキャリパー塗装@ランサーエボリューション

ブレンボブレーキキャリパーの塗装でお預かりしています。
ブレーキキャリパーの塗装は色替えもですが、この塗装劣化でもずいぶんとお預かりすることがあります。
特にランエボに関しては塗装が剥がれてはいないものの朱色になっているものが多く、ブレンボらしさが褪せている車を多く見かけます。本体の性能は問題なくてもホイールから見える「これ」は非常に大事なパーツですよね。今回は純正と同じく白ロゴのブレンボを入れましたがロゴの変更、カラーの変更も出来ますので「色」が機能していないブレンボのオーナー様、御相談お待ちしております。

では。

▼熱で塗装がボロボロになったキャリパー


▼細かい部品は一度分解して清掃しながら旧塗装を剥離します
DSC_5688.jpg

▼下地処理中
DSC_5752.jpg

▼やっとブレンボらしいキャリパーになりました
DSC_5806.jpg

DSC_5805.jpg

category: 部品・その他の塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 完成 

パジェロの全塗装、何回かに分けて書いておりましたがいよいよ完成です。

分解した部品をパズルのように組み立てます。
時折忘れかけた組付け部分はデジカメ&スマホカメラで記録しておりましたので
思い出しながらの作業もあります。
本来であれば「一度外した部品はしっかりと記憶に保存しております」なんて言いたい所ですが、実際のところ半信半疑な箇所もありますので記憶よりも記録に助けられております。
今回はガーニッシュ1枚の依頼から話が膨らみ、長年乗ってこられた車をさらに先10年は乗られることから、ここまでの作業となりました。全部お伝えできておりませんが外装の細部から室内はステアリングやシフトノブまで新品交換です。
エンジンに関してはディーラーさんでしっかり整備されておりましたのでリビルトカーとも言える一台です。

今回の作業に関してはスタッフ一同も感動しながらの進行となり
仕事としてさせていただきましたが楽しく作業させていただきました。

M様、この度は弊社への御依頼、ありがとうございました!
これからもGOODコンディションでのご来店を楽しみにお待ちしております。

では。



DSC_1798.jpg

DSC_0430.jpg

DSC_0429.jpg

DSC_0424.jpg

DSC_0437.jpg

DSC_0357.jpg

DSC_0426.jpg

DSC_04231.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

クライスラーPTクルーザー/タイミングベルト交換 

タイミングベルト交換@クライスラー・PTクルーザー

クライスラー・PTクルーザーのタイミングベルト交換での御入庫です。
最近ではタイミングチェーン車が多くなっておりタイミングベルト交換も久しぶりという印象ですが、国産車では10万キロまでの交換が推奨されています。が、輸入車で10万キロサイクルは少し危険です。フォルクスワーゲン系で言えば5~6万キロ、ちなみにフェラーリで言えば2万キロともあります。この走行距離でタイミングベルトの交換時期を判断しますがタイミングベルト自体はエンジン回転数に比例しておりますので極端な話、低速ギアを多用するか高速ギアを多用するかで全く異なってきます。しかしながらこのどちらかだけでは走れませんのでおおよその判断を走行距離で行っているのです。逆に14万キロを無交換の車もありました。(恐ろしくてエンジンかけるのも怖いですが・・)エンジン型式にもよりますがタイミングベルトが切れる=エンジン交換と考えても良いので、大きな大きな出費を防ぐ為にも早めの交換をおススメします。もうひとつ余談ですがウォーターポンプが何らかの故障で焼きつき(ロック)してしまいタイミングベルトが切れた事例もありますので交換の際はウォーターポンプも同時に交換しましょう♪

では。

▼フェンダーが大きいです。保護テープで擦り傷を防いでいます。


▼フロントカバーが外れました。なかなか狭いですね。
DSC_1162.jpg

▼クランクプーリーは専用工具を使って外します。
R0012432.jpg

▼タイミングベルト・テンショナー・アイドラベアリング・ウォーターポンプ
DSC_1168.jpg

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 コーティング 

パジェロの全塗装、完成前に・・コーティング。
記事が前後しますが組付け完了しております。
せっかく仕上げたツヤツヤボディに更なる保護を・・てことでコーティングを施行しました。
材料は弊社が一押しで取り扱ってますG-ZOXシリーズで「ボディーヒートコート」
最上級のハイモースコートの弟分になりますが同ラインナップのリアルガラスコートを
焼付け専用とし、耐久性を向上させた商品となります。
塗装で強制乾燥、コーティングでも強制乾燥、カッチカチであります。

次回こそ完成予定。
お楽しみに!

では。

DSC_0376.jpg

DSC_0386.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

三菱パジェロ(V45W)全塗装 part4 

パジェロ全塗装の続編・・いよいよ塗装です。

先日までに十分な下地まで行っておりましたのでマスキング~塗装を行いました。
お客様と打ち合わせの際にボディ本体だけではなく細部までの塗装を承りましたので
ドアサッシやドアミラーのベースなども塗装させていただきました。
そうこうしていますと鉄部のスペアタイヤキャリアも気になり同時に塗装。
こういった見えるか見えない部品でも錆の防止と共に全体の出来上がりを左右します。
ちなみに新車が泥だらけになってても綺麗に見えるのはマフラーやモール類、タイヤハウスの細部が綺麗であって知らずのうちにそういったところまで目が行っているものです。
もうひとつ言えばエンブレムの隙間の汚れ。ここも部品を外して磨いたりすることにより見違えるような仕上がりになります。

塗装が完了すると同じブースで60℃3で30分乾燥。
クリヤーをカッチリ焼いたところで完成です。
さて次回は磨き、組付け、完成です!

では。

DSC_0231.jpg

DSC_0240.jpg

DSC_0232.jpg

DSC_0243.jpg

DSC_0182.jpg

DSC_0152.jpg



DSC_0366.jpg


category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --