Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

おみやゲッツ。 

ふわっ
もちっ
やさしい~

↑ 触れず押さず食せず

もう、脳がひとりあるき。
おいしそうが過ぎる。
20160224122412810.jpg

いざ実食

ふわっ ふわっ
もちっ もちっ
やさしい~~~~~

ひとり歩きの脳と合流

生地もカスタードもストラーーイク!!!
強くビシッとストラーーーイク!!
なのにやさしい~~~~~~~

おいしいが過ぎる
幸せです


やさしさと幸せを 下さったお得意様は・・・とってもパワフルで楽しいお方です
寺下様 ごちそうさまでした


 jim矢野でした

category: 日記

CM: 0 TB: --   

福岡カスタムカーショーに行ってきました 

年に一度、福岡での車イベント、カスタムカーショーに行ってきましたよ。
毎年、何かしらの勉強にと足を運んでおりますが、少し偏った情報を写真でお届けします。

 ▼まずは、会場の福岡ドーム、いやヤフオクドーム。いまだに言い慣れてません。


 ▼メタル調のラッピング。ラッピングにうといワタクシですが進化してると思います。かなりの金属感。
DSC_6919.jpg

 ▼リフトアップしたハスラー。きれいにまとまっててセカンドカーに欲しい一台です。
DSC_6972.jpg

 ▼ハスラーと同じショップさんが出していたジムニーもかっこいい。オーバーフェンダー・・何色ナンバー登録かな?
DSC_6974.jpg

 ▼ロコモコってな感じのウェイク。ロコモコはあくまでもイメージです。。女子ウケしそう♪
DSC_7006.jpg

 ▼こちらは落としたハスラー。もともと腰高の車を落とすのもカッコイイですね。昔エスクードの車高短スキデシタ。
DSC_6999.jpg

 ▼アゲトラ!会社に一台欲しい~!部品運んだり・・出番はそんなに無いかもですが。イイ!
DSC_6984.jpg

 ▼オーディオブースにあったIS。シンプル&センスがよかった♪
DSC_7007.jpg

 ▼こちらもオーディオカーですがスマホのホルダーにビビッと。こういうワンオフ小物に惹かれます。
DSC_6943.jpg

 ▼BRIDEブース、新製品の2脚。手前がEUROSTARⅡSPORTS、奥がA.i.R、どちらもカッコヨシ!!
DSC_6955.jpg

 ▼初めて撮ったオネーサン。ファインダー越しに手を振られてドキッ。ちなみにその瞬間はタジタジしてフリーーーズwww
DSC_6934.jpg

 ▼今年も勉強させていただきました会場!
DSC_7009.jpg

何が偏ってるかって、返ってきて確認したら軽自動車の写真が多かった。毎年毎年、車の作り込みに関心しておりますが、少しだけ?がありまして。それはここに出てる車が公道不可が多かったことです。もちろん車検のときに車高を上げたり、ホイール交換したりと対策はあるのでしょうけど、かなり大幅な修正をしないと車検を受けれない車がたくさんでした。また、流行もあると思いますがリヤのキャンバー角がすごすぎます。タイヤは点で接地していると思いますので消耗もすごいと思いますがブレーキが効きません。出来れば公認を取れるもしくは少しの対策で車検を受けれて、尚且つ安全カッコイイ車作りを目指したいです。とは言っても最低地上高&フェンダーインのホイールで魅せるのは難しいかな。。。

 ▼最後に。見に行っただけなのに家族で打ち上げ。おいしゅーございました。
DSC_7018.jpg






category: 日記

CM: 0 TB: --   

水のお話 

水のお話。
えーーー、サンルイスって水とか手ぇだしてんのーー??
なんて声は上がらないでしょうけども、本日の「水」は洗車の際に使う水の話です。水についてたくさんたくさん調べましたが言葉で説明する文章力がありませんので、大部分を写真で分かるようにしました。ちなみに計測した数値が多いほどカリウム・カルシウム・カルキ成分・塩素が含まれているとのことです。
では写真へ↓

 ▼今回用意した、井戸水・水道水・ウォーターサーバー・純水の4選手
DSC_6840.jpg

 ▼会社のトイレで使用している井戸水 278
DSC_6841.jpg

 ▼会社の水道水 121
DSC_6842.jpg

 ▼サニクリーンのウォーターサーバー 36
DSC_6843.jpg

 ▼純水 000
DSC_6844.jpg

な、なんとーーーー

 ▼違う角度から・・000
DSC_6845.jpg

これで4選手の数値の違いが分かりました。
では、車に及ぼす影響はというと

 ▼磨いたパネルに井戸水と純水をこぼして
DSC_6848.jpg

 ▼気温が低いので少しだけ熱を当てて乾かします(春くらいを想定)
DSC_6851.jpg

 ▼10分後、自然に乾燥させた結果
DSC_6859.jpg

 ▼出来ました、イオンデポジット。。純水のほうは何も残っておりません。
DSC_6876.jpg

以上のことから洗車後に現れる水のふき残しの跡は水の中に含まれる不純物であります。今回テストしたパネルのイオンデポジットを空拭きで落とそうとしたところ残るものもあれば除去できたとしてもタオルの傷が付いてしまいました。色々と調べた結果、不純物は水が乾く前に拭き取ったとしてもパネル上に残り蓄積されるとの事です。以上の結果から、今後サンルイスでは純水の使用のコストを考えて板金塗装・コーティングでお預かりした車は純水洗車を行うようにしました。また、今まで施行した車にはこの事を知らずに作業させていただいたお詫びを申し上げますと共に、作業に使う道具、材料をさらに勉強して取り入れたいと思います。

※今回テストした結果・数値はあくまでも弊社サンルイスの環境であり、本文中の説明もインターネットや純水業者様からの情報ですので「絶対」ではないことも含まれているかもしれません。しかしながら車を愛する皆様に少しでも参考になって頂ければ幸いです。またインターネットで「純水洗車」で検索していただくと様々な情報がありますので合わせて参考にしてください。

では。





category: ガラスコーティング

CM: 0 TB: --   

おみやゲッツ。 

おみやゲッツ!
たまに行く大人の社交場のオネーサンから差し入れいただきました。こちらのオネーサン、実はワタクシと同じ年なのにもうすぐ孫が出来るというスンゲーオネーサンであります。突然の訪問は何だったか不明ですが(笑)おそらくはお店としてワタクシが「相応しい人なのか調査」だと思います。結果どう判断されたか不明ですがイナック(田舎のスナック・・失礼)に相応しいと信じたいものです。
なんのこっちゃ。
えっちゃん、差し入れ有難うございました♪

DSC_6847.jpg

category: 日記

CM: 0 TB: --   

ダッジラムバン/フローマスター取付け 

フローマスターの取付けでお預かりしましたダッジ・ラムバンです。

インターネットで「フローマスター取付け」で検索していただいた際、記事が出てきたとのことで御来店にただいました。そういえば、2、3年前に手放した今でも乗りたい車アストロ君での記事かと思い出しました。お知り合いの方が同じラムバンに装着してあって音が良かったとフローマスターを選ばれたとのことです。フローマスターには10~70のシリーズがあり数字が大きくなるほど消音器部分が大きくなって音が小さくなります。今回選ばれたのが50シリーズでして、アイドリングでは純正同様、踏み込んでいくと純正より太い音になります。このフローマスター、「音」が良くて装着されることが多いですが、間違いなく「走り」が変わります。ワタクシの乗った感じではトルクが太くなり中速域においてアクセル開度が一定でも純正よりもグイグイ走っていく感じがします(レビューがシロウトっぽくてスミマセン)。取り付けは溶接で行うのですがラムバンの場合、前側が差し込み&Uボルト取り付けでしたので同じように加工、リヤ側はパイプの延長と溶接で完成しました。ついでにマフラー出口もパイプの割れがありましたので溶接で完了!サンルイスブログ、2つ目のフローマスター記事となりましたがまたのお問い合わせお待ちしております♪

 ▼フローマスター50 センターin/オフセットoutタイプでした。


 ▼装着前/純正
DSC_6825.jpg

 ▼装着後/フローマスター 全長も25センチほど短くなっています
DSC_6829.jpg

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

車検場にて・・ニュービートル 

こんにちは。
サンルイスに在庫車、いや実験車両!?として仲間入りしましたNewビートルターボくん。
今となっては「New」ではないのですが。
先日の車検場にてエンジン型式の確認で1時間www
どんだけ見えんとかって。。
検査員さんが上から下から必死に確認してくれました。
ビートルはこーいう車だそうです。

車屋アルアルをひとつ。
この仕事してるとなかなか自分の車ってのが無くて、在庫車を点検がてらに乗ったり
代車を乗ったりとしておりましたが少しの間、ビートル君のお世話になろうかなーと。
パネルごとにいろんなコーティングかけてみたり燃費パーツを検証してみたりと楽しみであります。
売ってくれーと言われても頑張って売りません笑

ではでは色々と乞うご期待!


category: 日記

CM: 0 TB: --   

クライラー300C/トランクパネルの板金塗装 

トランクパネルの修理でクライスラー300Cをお預かりしました。

バックする際に後部をぶつけてしまった300C、不幸中の幸い(失礼。。)かテールランプの破損もなくトランクパネルのみの凹みを修理します。パネル端部ですので表面のみの修正だけではなくパネル裏側もしっかりと見えるところですので表裏をまずは板金します。作業着手するまで気が付かなかった(ちゃんと見てなかっただけです)のですが、このトランク、素材がアルミですので溶接して引っ張ったりガンガン叩いたり(やさしくガンガン)することが出来ません。パネルの伸びを縮めることも容易ではないので裏から押し出しながら無理せず修正します。本来であれば叩き作業でほぼ原型を作るのですが、伸びやひずみを後処理できないので小さな凹凸でそれを逃がしパテを使用して仕上げます。保険修理であれば100%パネル交換を行いますが今回はお客様負担でしたので板金塗装にて進めます。元々、ボディガラスコーティングを施行されてましたので、最後にG-ZOXリアルガラスコートをかけて完了しました。エンブレムにおいてもうまく外す事が出来ましたので再使用し、部品代もかかりませんでしたよ。合わせて車検も行わせていただきましたので2年間GOODコンディションで乗っていただきたいと思います。先日のブログでも紹介させていただいたレッドブルもいただき有難うございました!

 ▼パネルの端、テールランプは無事で何よりです


 ▼板金中です。色を剥いでますがマダラになっているところにあえて小さな凹凸をつけています。
DSC_6708.jpg

 ▼塗り工程飛び抜かしちゃってますが磨いたあと、外で仕上がり確認しています。
DSC_6737.jpg

 ▼エンブレムやスポイラーを取付けコーティングも行って完成です!
DSC_6808.jpg

category: クライスラーの板金塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

おみやゲッツ。 

本日の福岡、なんと気温19度だってですよ。
夕方も日が長くなってきて早く春来ないかなと願う日々です。
そうそう、今日の朝番組で「春一番が吹きますよー、突風ですから気をつけてください!」と言ってました。春一番って聞くとポカポカなイメージですけどね。皆様も気をつけてくださいまし。

さて、本題。おみやゲーッツ!
車検・板金でお預かりしたクライスラー300CのI様から納車の際にお土産いただきました!!
レッドブルーーーー♪10本も♪♪♪有難うございます!!!
しかも納車後に板金の完成写真撮り忘れたのを思い出し、また来店していただきました。。
スタッフみんなでいただいてガンバリマス!

では。





category: 日記

CM: 0 TB: --   

ボディーガラスコーティングのメンテナンス 

先日ガラスコーティングのブログで紹介しましたJEEPレネゲード、まだ日も経っていませんのでGOODコンディションなのですが、やられちゃいました鳥の糞。。鳥の糞には樹液なども含まれるので場合によっては塗装を侵すほどの力を持っています。ですので早く取り除かなければなんですが、鳥の糞、乾いてしまうとカピカピになってしまい、ある程度力を入れて擦らなければいけません。力を入れて擦る=傷が入る、なんてことになりますので、ひと手間かかりますがまずタオルとお湯を用意してください。やり方は簡単です。鳥の糞の上にタオルを置いて上からお湯を浸します。5分ほど放置すると糞がふやけて簡単に取れます。少しの手間ですが綺麗に取れますのでやってみてください。簡単に取り除けるといっても出来るだけ早く行ったほうが良いので見つけたらタオルとお湯、ご用意くださいませ♪

 ▼爆撃?空襲?車の色によっても落とされ方が違う気がする鳥の糞


 ▼タオルを置いて上からお湯・・そして5分
DSC_6788.jpg

 ▼綺麗にふき取れます!
DSC_6790.jpg

category: ガラスコーティング

CM: 0 TB: --   

トヨタ・アルファード/ヘッドライトクリヤー塗装 

ヘッドライトの黄ばみ、塗装でアルファードをお預かりしました。

外装の塗料は年々進化しており、よほどのことが無い限り塗装のはがれは見なくなりましたが、ヘッドライトの劣化は現在でも良くあります。こちらのアルファードも、そこそこ年数は経っているものの外装は非常に綺麗ですが・・・車の顔であるヘッドライトの黄ばみにより非常にくたびれてしまった顔つきとなっています。この疲れ顔、治ります♪ヘッドライトの黄ばみは表面のコーティングが紫外線により劣化していますので磨いただけではその時だけしか良くなりません。ですのでこの層を研磨をして剥がし、新しく塗装をすれば新車のように蘇ります。このアルファードも見違えるような透明感になり、まだまだ現役でいけそうです。

 ▼before


 ▼before
DSC_1805.jpg

 ▼after
DSC_1904.jpg

 ▼after
DSC_1905.jpg

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ポルシェカイエン/ブレーキキャリパー塗装 

ブレーキキャリパーの塗装でポルシェのカイエンをお預かりしました。

こちらのお車、カイエンハイブリッドですが前周りをターボ仕様にしましたのでブレーキキャリパーも同仕様になります。まだまだ新しい車なのですが細かいところはブレーキダストが付着していますので、いつものようにサンドブラスト⇒下地塗装⇒カラーベース⇒ロゴ入れ⇒クリヤー塗装仕上げとなります。ポルシェではキャリパー交換時にボルトを交換してくださいとのことですので取付けボルトも新品になっております。ロゴの大きさやバランスもよく、足元からキラリと光るパーツに変身しました。

 ▼サンドブラスト処理後


 ▼塗装後
DSC_9899.jpg

 ▼完成!
R0010592.jpg

category: ポルシェの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

節分 

節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。
--Wikipediaより--

てことで!?恵方巻きを食べました。丸かぶりすることで幸福が訪れるという魔法の食べ物なのですね。
無言で願い事をするとのことなのでワタクシは「厄年なので悪い事おきませんように」、子供は「バレンタインでチョコもらえますように」とお願いしたみたいです。無言で1本食べる嫁さんに言うと「家族の幸せやろ!」と、若干怒られました。。。
そんな個人プレーな日高家ですが今年も福が来ますように♪


category: 日記

CM: 0 TB: --