Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ランサーエボリューション/G'ZOXホイールコーティング 

G'ZOXのホイールコーティングでお預かりしましたランエボのご紹介です。
他社さんでお見積もりしていただいた際にホイールは装着状態での施工となり、取り外して施工する弊社へ依頼いただきました。本来では取り付けたまま・・で行いたいところですが、キレイなホイールほど裏まで洗ってコーティングしたいのです。まだまだ新しいホイールでしたので大きな手間もかからず順調に施工完了しました。コーティング後のホイールは水洗いだけで隅々がきれいになりますのでオススメですよ!



DSC_7111.jpg

DSC_7117.jpg

category: ガラスコーティング

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 

全塗装の御依頼でユーノス・ロードスターをお預かりしました。
未だ絶大な人気のNAロードスターでありますが、初期型は発売から27年も経っておりまして、よほどのガレージ保管でなければ塗装がボロボロに剥離しております。見た目はこんな風になっておりますが年数からするとある意味正常なことであり、パネルの継ぎ目などが錆で腐っていないだけグッドコンディションだと自身を持って言えます。今回の車は同じ月極駐車場に停めてあったのを直接交渉して購入したとの話ですからどこに縁があるか分からないものですね。さていつもの通り分解して作業しなければいけないところを見極め、段取りしていきます。

▼ハードトップ付きのNA8CE。見た目は・・・ですが、なかなかどうしてきれいな一台であります。


▼ここまでなっていようがなかろうが、剥離しちゃいます。剥がれ方からすると新車の塗装のままのようですな。
DSC_7226.jpg

▼ツヤナシネオグリーン。
DSC_7227.jpg

▼後姿も美人さんであります。エンジンメンテ、全塗装、ホイール交換などなど、楽しみいっぱいです。
DSC_7228.jpg

今回のNAロードスター、すでに作業は進んでおりますが・・ご紹介する内容は・・ほぼビフォーアフターになってしまいそうです。とくに何も隠すことはございません、ただただ写真が少ないという理由だけなんですが。
後日、ツヤツヤへの変貌、お楽しみに!

では。

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・スープラ(GA70)全塗装 サフェーサー編 

さて、連載しておりますスープラの全塗装もいよいよサフェーサーとなり、完成までの折り返し地点くらいになりました。以前からこのブログでもよく言ってることですが、下地よければ仕上がりよし!なんです。いくら良い材料を使っても下地が悪くては素人目でも良し悪しが分かるくらい下地が大事なんです。サフェーサーを吹いてしまってまた手直ししてても早いようでもう手遅れ・・ん~どんな説明がしっくりくるか分かりませんが自信を持ってサフェーサーを吹くというのは自信を持って下地が完成したよってことなんです。説明下手・・ニュアンスでご理解ください。。昔、塗装見習いのころに、まずはサフェーサーを吹けと言われておりましたが、このサフェーサー塗装ってのはなかなかナメれない作業でして、上塗り塗装であれば下地が吸い込まないところへの吹きつけになりますがサフェーサーは下地が吸い込むところへの塗装ですから表面だけきれいに塗ったようにしても後々吸い込んでいきます。ですのでわざわざ吸い込ませるように塗る、そして上塗り時点では吸い込みが無いようにする・・・・説明下手でスミマセンがこんな感じで厚塗りしていきます。
サフェーサーが終わればサフェーサーの研ぎ、そしてマスキング、塗装となります。もうしばらく続きますがどうぞお付き合いください。

▼カウルトップパネル。現在の車はほとんどが樹脂製ですが鉄でした。


▼サフェーサーのマスキングです。まだドアをつけたままですね。後に外します。
DSC_7182.jpg

▼サフの際は新聞紙にて、本塗装はマスキング紙で行います。コスト面で新聞紙ですが本塗装では埃が出て使えません。
DSC_7188.jpg

▼ボンネットは剥離から行いましたのでプライマーも入っています。
DSC_7167.jpg

▼ドアハンドルなどの小物は単体でサフェーサーを入れます。
DSC_7253.jpg

▼サフェーサーもブースで強制乾燥。しっかり吸わせてしっかり固めます。
DSC_7207.jpg

▼この黒いのは?
DSC_7239.jpg

▼ここにも黒い点々。
DSC_7238.jpg

▼答え:黒いスプレーや粉で、サフェーサーを研ぐ際に、研ぎ残しが無いように分かる為にわざとつけています。
DSC_7231.jpg

▼空研ぎで大まかに研いで仕上げは水とペーパーで歪を見ながら研いでいきます。
DSC_7230.jpg

▼ペーパーの番手を落としながら研いでいきますので最後はうっすら艶も出てきます。
DSC_7237.jpg

DSC_7232.jpg

▼次回の塗装・・の前にマスキング途中。いよいよ本塗装しますかね。乞うご期待!
DSC_7247.jpg

DSC_7245.jpg

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・プリウス/LED・ドライブレコーダー取付け 

30プリウスを御購入のお客様にLEDもろもろの取り付けを行いました。
外装部品に関してはG'sですのでそのままに、LEDフォグ、ドライブレコーダーなどなどを装着しました。
このほかレーダー取付けだとかありましたが写真がありませんで・・申し訳ありませんで。。
ですので写真があるものをどうぞ!

▼LEDはスフィアライト6000K
DSC_7657.jpg

▼ヘッドライトとの色具合も問題なし


▼ドライブレコーダー、各メーカー在庫あります!今回はユピテルS100C!
DSC_7595.jpg 

▼本体は別にありますのでカメラのみ。カメラが小さいのでスッキリです。
DSC_7671.jpg

▼そしてリヤ側にもカメラ。S100Cは1つの本体で2つのカメラ接続できますので両側装着にはお勧めです!
DSC_7672.jpg

▼ドルフィンアンテナ!
DSC_7673.jpg

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

ボルボ・V60/キャリパー塗装 

ブレーキキャリパーの塗装でお預かりしましたV60の御紹介です。
今回のメニューはお任せのレッド塗装、ロゴ入れ、ロゴ面の研磨となります。

▼作業前の状態ですがまだまだ状態が良かったので作業もスムーズに行えそうです。


▼キャリパー表面に凹凸がありますので研磨してツルツルにします。
DSC_7828.jpg

▼番手を細かくしながら研磨しますのでだんだんと映り込みまで出てきそうです。
DSC_7832.jpg

▼赤色を塗装したあとにロゴを入れたところです。ここからクリアー塗装を行います。
DSC_2181.jpg

▼リヤ側完成!
DSC_7854.jpg

▼フロント側完成!
DSC_7859.jpg

▼完成!さりげなく・・・ではなくしっかり主張してますね。V60+赤キャリパーは注目度◎です!
DSC_7862.jpg


category: ボルボの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

トヨタ・スープラ(GA70)全塗装 下地編 

トヨタ・スープラ(GA70)全塗装 下地編です。

前回から少し時間が経ちましたが、実際はこんなに時間かかってるわけではありません。。さて分解が一通り終わりましたら修正箇所の確認を行い、どのような下地作業が必要かを確認します。艶引けがほとんどですが、まれに艶があるパネル=過去修理パネルですので艶があるパネルが要注意です。また、腐食も確認していますが鉄板を溶接してしまうと熱が入り再び錆びの原因となりそうですのでパネルボンドで処理していきます。ある程度予算も限られていますのでしっかり手を入れる箇所とそうでないところを見極めながら進めていきますが、どうしても「ここまでやっておきたい」と思える箇所が盛りだくさんですので再度お客様と打ち合わせしながら作業させていただきます。下地を念入りに行いサフェーサー、そして本塗装、と楽しみですがイレギュラーなトラブルが発生しないことを祈りながら次回へと続きます!

▼パネルの継ぎ目を処理するためバックドアは外して裏からも確認、処理します。
DSC_7148.jpg

▼職人さん数人で見ながら凹みや傷、旧修理箇所をマーキングしています。


▼艶アリパネルの下地はやはり・・・。色が残っているところが低いところで全体の歪が確認できます。
DSC_1761.jpg

▼建付け調整の為ゲート取り付けたり、行ったり来たりの作業もあります。
DSC_7129.jpg

▼腐食を切り抜いたところです。がん細胞みたいなものですね。再発しないよう処理します。
DSC_1763.jpg

▼ドアも歪抜きをしながら剥離&パテ処理します。ドアは外さない予定だったんですがやはり・・ですね。
DSC_7146.jpg

▼ルーフにも歪がありますね。局部を研いでいるわけではなく全体を研ぐと高低差が地層のように表れます。
DSC_7159.jpg

▼ボンネットは剥離剤で塗膜の一番下まで剥いでいきます。
R0013203.jpg

▼剥離後はすぐにサフェーサーしないと錆が始まりますのでバタバタっと作業しなければいけません。
R0013224.jpg




category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

シビックTYPE-R/ホイールアライメント調整 

シビックTYPE-Rのホイールアライメント&板金塗装でお預かりしました。
車が左に流れるとの症状でしたので早速サンルイスオリジナルのアライメントテスターにより測定。過去の事故の影響もありか、まずはホイールベースの左右差を確認。左右で1センチ強のズレがありましたが狂いはフロント側にあり試行錯誤・・出来る余地も少ないながらメンバーの取付け位置などをフレーム修正して基準値以内に取り付け。ホイールベースが揃ったところでステアリングの左右切れ角を確認、問題なければ測定するのですがリヤ側に以上アリ!車の流れでフロントのトー角を疑われたりすることがあるようですが、フロントに関してはキャンバ、そしてリヤのトー&キャンバの狂いで流れることになります。結構な確立でリヤの狂いが見られますが、このシビックも片側のリヤだけトーの狂いがあり、修正させていただきました。オートポリスを走ってあるということですのでアライメント修正で更なるタイムアップを期待しています!

DSC_7914.jpg

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

5月14日。 

1ヶ月ぶりの更新となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちょうど1ヶ月前、熊本で大きな震災がありました。また、熊本本震のあとには大分も大きな揺れが続き、被災された皆様にはお見舞い申し上げます。ここ福岡でも前震・本震にかなり大きな揺れがあり、その後も体で感じれる余震と携帯の緊急メール音にビクビクしておりました。GWに熊本、益城へ行ったのですが惨状はテレビで見るよりもひどく、まだまだ復旧に時間がかかりそうだと感じておりましたが、同時に高速道路の開通や新幹線の開通のニュースも聞き、ただただすごいなと思うばかりです。衣食住が整って仕事も出来る環境にいる今、これまで以上に頑張っていかなくてはと実感したところです。熊本・大分の皆様、こちらから何も出来ない分、遊びに行った際には奮発したいと思いますので復旧復興頑張ってください。
応援しています!!

では

category: 日記

CM: 0 TB: --