Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

今日のサンルイス 

本日2月28日、今年が始まって2ヶ月・・・はやっっ。
歳を取ると何故こうも月日が経つのが早くなるもんなんですかね。なのに、どうして、昼飯までは長いww
あぁ矛盾。夕方にはポテチ、、あぁぁぁぁぁ。こんなネガティブついでにもうひとつ。最近メディア情報のせいかハイビームの車が多い!前から後ろからバンバン遭遇します。ハイビーム=走行用ビームであることは間違いないのですが場合によっては目がくらんで何も見えん。あとついでに言えばハロゲン車にHID組んでて光散ってる車たちーーーー、けっこう眩しいんですけどww
物にもよりますがちゃんとカットできてませんからーーーー、、残念(波田陽区風で)。
とまぁ冒頭からグチグチしましたが大好きな仕事をして気分変えますです。

▼塗装上がったバンパーをひとつひとつ丁寧に磨きます。もちろんポリッシャーも小型サイズです。
20170228111 (3)

▼オイル管理が悪かったトヨタのエンジン。スラッジすごくて詰まってます。さてどうしようか悩み中です。
20170228111 (4)

▼黒の磨きは神経使います。ゴールが見えませんがふと気が付いた時には鏡のようになってます。
20170228111 (5)

▼ハブベアリングのオーバーホール。分解整備できる車は良いですね。現在の車は・・・ASSY交換です。
20170228111 (2)

▼「昼食後 お腹満たされ 空見上げ 風向き読んで 飛行機パシャリ」 福岡県筑紫郡 日高太郎(41歳)
DSC_1357_20170227232002af6.jpg


では。



category: 日記

CM: 0 TB: --   

トヨタ アルファード/ブレーキキャリパー塗装 

30型アルファード、ブレーキキャリパーの塗装でお預かりしました。
車を購入するとキャリパーを塗装するという美学の持ち主様はキャリパー塗装だけでなく玄人好みのローター塗装まで御依頼いただきました。純正の状態では下の写真を見て分かる通り表面がざらざらした模様でこのまま塗装すると凹凸のせいで艶消しのような仕上がりになってしまいます。今回ロゴ入れもありましたのでキャリパー本体の研磨も行います。研磨といってもパテのような比較的柔らかいものではありませんので荒い研磨剤から徐々に細かくして下地を作っていきます。

▼右が研磨前、左が研磨後です。やり始めれば単純ですが、くじけない気持ちが必要です(笑)
290227 (2)

▼ローターも塗装します。いずれ錆が出てボロっちく見えるので防錆も含めてカラーチェンジがGOODです。
290227.jpg

▼ローターの塗装見切りがアバウトに見えますが走ってしまえばパッドが上手に削ってくれます。
290227 (3)

▼ロゴ入れもキャリパーに合わせて自然な角度を付けていて純正のような仕上がりになりました。
290227 (1)


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ダイハツタントCVTF交換とRECS・・・トルコン太郎 

車検でお預かりしましたタント。車検整備と共にCVTオイルの交換とRECSを施工させていただきました。現在の走行距離、約70000kmでトルコン太郎と出会う前は目を向けなかったATF(CVTF)の交換ですが今では積極的にお勧めしております。そして、自信をもってお勧めする理由が「体感できる」からです。メンテナンスに費用をかけていただいた際、バッテリーのような50%の性能でも機能するものは交換して体感が出来ません。しかし、今日のメニュー、CVTFとRECSは体感が出来るメンテナンスなのです。

2902251111 (3)

▼こちらがRECS。エンジン内部のスラッジを落としてくれる点滴ですね。
290225111 (1)

▼点滴が完了するとこの通り。白煙モクモクで液剤とスラッジが燃えたものが排気されます。
2902251111 (2)

この後、エンジンオイル・ワコーズ4CTへ交換していただき作業完了しました。

▼先日届いた郵便物。「慎太郎」が「太郎」になってましてトルコン太郎とお近づきになれた気分です。
DSC_0757111.jpg


では。

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

BMW MINI R53クーパーS/燃料ポンプを交換しました 

以前、弊社で販売させていただいたR53クーパーS。先日の夜、「帰宅しようと思ったらエンジンかかりません。。」と、久しぶりのお電話はお迎えの要請でした。早速、積載車で預からせていただき診断機を繋げると何も故障コードは見つかりません。翌日おおよその目星は付けて原因を探っていきます。燃料ポンプ動いておりません。が、しかしここで「ポンプダメでした!」と伝えるのは危険です。



ポンプが動かない原因はポンプ本体なのか、はたまた違う箇所が故障していてポンプに「動け」と車が指令を出していないのか判断しなくてはいけません。今の車はいろんな部品をECUで集中管理していますので「だろう」整備だと恐ろしいことになります。ヒューズ1つ切れてもエンジンかかりませんので故障には各々に原因があります。もちろんヒューズ切れだとしても切れた原因が分からなければ後々重症になることもあります。今回の件に関しては基本的なバッテリー電圧や点火信号も調べてからの判断、そしてポンプ本体の電源確認で判断したところで「ポンプダメでした!」と言えました。その後試しにポンプをコンコンと叩いてやると、あら不思議、エンジンがかかってくれました。内部の摩耗?損傷?接点?いろんな問題で動かなくなった部品も軽く衝撃を与えただけで動くこともあります。しかしながらこれを先にやっちゃうとエンジンはかかりますが、車が正常な状態となり故障診断があやふやになります。ちなみにこちらのオーナー様、車に詳しい方で引取りの際すでに「燃料ポンプかなぁ」と診断してくれてました。今日お迎えに来てくれる予定だからキレイキレイにしてお待ちしておきます!

では。


category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

そ、そんなところに・・・新発見がありました。 

春の訪れか昼夜と風が強いですね。風が吹けば桶屋が儲かる、なんて言葉がありますがウチは何があるかなぁ。もう10年くらい前の台風の時は突然3ヶ月先まで仕事が埋まりましたが福岡は良くも悪くもキレイに避けてくれます。

さて本日のサンルイス、何してますかー?というと

▼車検で入庫のボルボV70、タイミングベルトにドライブシャフト、その他見積もり&整備中です。


▼アルミホイールの塗装準備中。パテ無しで形を作っていきますよ!
DSC_1256.jpg

▼トヨタ、カラーナンバー202.耐スリクリヤーを強制乾燥中。もうすでに3回目の乾燥です。
DSC_1251.jpg

▼スバルレヴォーグのバンパー修理です。こちらも極力パテレスで仕上げたいと思います!
DSC_1247.jpg

▼風が吹けば・・・サンルイスの上を飛行機が通り福岡空港南側からの着陸。今日は写真撮ってみました。
DSC_1275.jpg

▼そして見つけた天草エアライン、、の、、、、お腹にくまモン発見!!イッキにファンになりました!!
DSC_1275 - コピー

偶然の親子イルカとの出会い。詳しくはこちらをご覧ください!⇒日本一小さな航空会社『天草エアライン』

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --   

NV350キャラバンATF交換・・トルコン太郎  

NV350キャラバンのATF交換を行いました。
張り切ってストレーナーを注文したらバルブボディASSYという、なんとも残念な気持ちになりつつフラッシングからの全量圧送交換で無事完了。この作業、2週間ほど前に行ったのですがサンルイスのお隣会社様のお車でありまして、車に詳しい社長ですので交換後の感想を今日聞いたところ「変速ショックがなくなってマイルドになった」と良い感触を得られました。現在、交換するATFを2種類使っており(純正を入れると3種類)車に合わせて選択させていただいております。いずれのお客様も良い感想をいただいておりますのでATF交換をお待たせしているお客様にちゃんと御案内できるようになってきました。また、セットメニューも考えておりますのでもうしばらくお待ちくださいませ!



2902221111.jpg
はい、久しぶりの角栄さん。最近の角栄さん載せてなかったのはタイミングもあり、また、コメントが難しいのもあり勝手に好き好んでおります。
ちなみに今日の語録についてですが、、自分が不幸だと思っているときにそうは思えないから幸せになって(割と幸せですが)その気持ちを持続したいものです。あー・・今日も日本語がおかしいな。。

では。


category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

日産セレナ 穴あきパネルを板金修理 

29022111 (1)
セレナのバックドアですが穴開いてます。何か刺さったか、はたまた打たれたかのような穴。通常であれば交換をお勧めしますが費用を抑えるために修理で行いました。

▼打たれたかと思いました。裏側のパネルまで変形しております。
29022111 (3)

▼板金・溶接完了です。落書きのような焼けた跡は伸びた鉄板を絞る作業の跡です。
29022111 (6)

▼パテ作業です。比較的狭い範囲で修理できました。
29022111 (7)

例えばこのような修理を問い合わせていただくと、まずは交換をお勧めします。コスト重視の場合、仕上がりにノークレームであれば作業するケースもあります。とはいえ下手な仕上がりはしないようにしておりますがそこら辺のメリットデメリットは、、お問い合わせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------

今日のブログ、、淡泊で口下手で乱暴ですが御来店いただけますと「ちゃんと丁寧に」ご提案します。

んーーなんか調子がおかしいぞ・・・・。まぁ、毎日書けばそんな日もあるさ笑

では。


category: 日産の板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

EMZ軽耐久観戦記 

昨日の日曜日、熊本県のHSR九州まで軽耐久レースを見に行ってきました!
いつもは出る側なのですが今回はエントリーもしておらず、ならばゆっくり観戦するかとカメラ片手に、もう片手に脚立持って参戦しましたw要は写真撮りに行ったわけです。ホントのホントならゆーーっくり観戦して上位チームの走行ラインやらピットのタイミングやらを勉強だと思いましたが何故か両手ふさがり。と、言いつつも楽しい一日でした。

▼エントリー57台、本気の車から普段乗り+αからいろいろ混走です。


▼全長2.4kmのコース、スタート前の整列だけでも長蛇になります。
DSC_9450.jpg

▼見どころは複数台でのコーナー侵入。こんな光景が3.5時間いろんなところで見れます。
DSC_9486.jpg

▼手の届くくらいの距離で本気バトル。ヒートアップしないように熱くなります(経験談)。
DSC_0313.jpg

▼ナンバーの色でクラス分けしてあります。同じ色が目の前にいると目が▽になります、みんな。
DSC_9892.jpg

▼熊本の震災で被害を受けたピット。ようやく新しいのが建っていて嬉しすぎます。
DSC_1233.jpg

結局、半日カメラ振り回しておりまして、首腰背中腕ほぼ全身くたびれました。
で、やはり走る方が好きです。
次回は4月の7時間耐久、走りたいなー。その時は表彰台の写真UPできるよう報告します!

では。



category: 日記

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 part4 

昨年から続いておりましたユーノスロードスターの全塗装、いよいよ完成です。
外装はほんとにボロボロでしたが内装やエンジン回り、外装回り以外はグッドコンディションでしたので多少のメンテナンスはお手伝いさせていただきましたが程度極上のロードスターが出来ました。最近の車にはないアナログ感詰まったこの車ですが、エンジンをかける、ギヤを入れる、クラッチをつなぐ、ハンドルを切る、アクセルを踏む、ブレーキをかける、ただこれだけの操作が「楽しい」と思える車です。車があればどこでも行ける、一日中でも運転できる、眠たくなったら車で寝ればいい、と思った昔を思い出させてくれました。納車して半年は経ちましたがオーナーさんにちゃんとカバーをかけてもらって同じコンディションでいてくれることを嬉しく思います。最後は写真だけですが新しくなったロードスターをご覧ください。

DSC_8317.jpg

DSC_8333.jpg

DSC_8324.jpg

DSC_8323.jpg

DSC_8339.jpg



DSC_8318.jpg

では。

category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

朽ち果ててしまったカーボンスポイラーは復活するのか 

お客様の部品を朽ち果てたなんて言っていいのかとタイトルを悩みましたが、そう見えるからしょうがないと現実を伝えるブロガーを目指す日高です。最近、連日投稿してるのをいいことに自分をブロガーなんて調子づいてまして、例えるなら自分の名前をチャンづけで呼ぶオッサン・・・気分悪くなりました、スミマセン。

さて本題です。コーティングと塗装の御依頼でお預かりしたランサーエボリューション。走行距離も少なくグッドコンディションなこちらの車ですが純正カーボンスポイラーが朽ち果てています。。確か新品で15万円ほどしたかと思いますが紫外線の攻撃により表面が劣化して一部はカーボンの層まで達しているようです。

▼全体的に剥離しています。多少ですが水がたまる形状も問題の一つかもしれません。


▼拡大してみるとこのような感じです。せっかくのカーボンが・・どうにかならないものか。
DSC_9169.jpg

作業はカーボンの層を傷つけないように古いクリヤーを丁寧に研いで、ひたすら研いでクリヤーを塗装します。色を塗るのであれば荒く研いでサフェーサーと行えますが下の模様を残すのでそんな乱暴はできません。
研いで、研いで、たまにシリコンオフで艶を見ての繰り返し。そしていよいよクリヤー塗装を行った結果・・・

▼どこから見ても元の姿はもうありません。むしろ純正新品を上回っています。
DSC_9188.jpg

復活しました。復活するシナリオがなければ朽ち果てたなんてタイトル言えませんが。

▼肝心のコーティングも行いました。雨染みがひどかったのですがこちらも無事復活です!
DSC_9171.jpg

カーボン製品は新品の状態でもゲルコートのままですとまだ未完成です。クリヤー塗装をしても必ず劣化してきますので定期的にコーティングや塗装を行うことをお勧めします。クリヤーだけですので通常の塗装料金よりは少し安いですしね。ボロボロになっちゃうと剥離工程次第で工賃が変わってきます。いずれにしても大事になる前に御相談くださいませ。

では。

PS:今日の角栄さんはお休みします。

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

ユーノスロードスター 全塗装 part3 

以前のブログを確認していましたら・・あっ、完結していない。焦った僕は続きを書くのでした。
いやはや申し訳ありません。すでに作業は終わっています(当たり前だっ)が写真だけでも載せます。
しかも前回の終わりに「次回完成です」って、、終わるの早すぎだろと自分でツッコミ入れる始末でして実はあと一回あります(笑)ということでもう少しだけお付き合いくださいませ。

▼ハードトップのサフェーサー完了後です。


▼前後バンパーのサフェーサー完了後です。この時代のウレタンはすぐ変形するので乾燥に時間をかけます。
DSC_8031.jpg

▼トランクパネルの裏塗り完了後ですね。裏側もツヤツヤ仕上げにしますので表と分けて塗装しています。
DSC_8032.jpg

▼ボディの塗装後です。自然乾燥の後に強制乾燥を2回ほど行い、念のため磨きまでに数日置きます。
DSC_8036.jpg

▼マッドガード(泥除け)も当たり前ですが真剣に下地を行い塗装します。
DSC_8040.jpg

▼ドアも塗りあがりです。チッピングの出来上がり(模様の仕上がり)も重々ににチェックします。
DSC_8057.jpg

▼ボンネット完成。奥にはトランクも仕上がってますね。もちろん強制乾燥、そして磨きまで放置プレイです。
DSC_8052.jpg

▼ホイールも塗装完了。まさに頭のてっぺんからつま先まで状態です(なんのこっちゃ)。
DSC_2294.jpg

ということで?!次回でホントに完了します予定です。必ずや完成をお見せしますのでしばしお待ちください。

では。



category: マツダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

愛?読書 

今日は本の紹介、愛・・読書であります。愛を語るわけでも学ぶわけでもない、割とドライな方向の本です。
ここに紹介するのは判例タイムズという本ですが、何の本かと言いますと交通事故における過失割合を基本的な例にしてある判例集になります。
過失とは:注意義務に違反する状態や不注意をいい、特に民事責任あるいは刑事責任の成立要件としては、違法な結果を認識・予見することができたにもかかわらず、注意を怠って認識・予見しなかった心理状態、あるいは結果の回避が可能だったにもかかわらず、回避するための行為を怠ったことをいう。(Wikipediaより)
要は不注意でしでかす思わぬ過ちであり、交通事故ではその割合を過失割合と言って損害賠償の責任割合を決めます。ですので2:8の事故で2割過失となった場合、2割悪い!と、とらえるよりも、この事故が起こったのは2割の不注意がありましたよと考えた方が良いかもしれません。

20170215111 (2)

よく事故の状況を簡単に聞いただけで「1:9だ」「3:7だ」とおおよそ(ある意味正解?)の意見を聞くことがありますが、判例を見ていると様々なケースを想定して基本の過失割合が記されています。そして、事故の状況から修正が入り、お互いが納得した上で示談となります。ですので安易に何対何だと言ってしまうと間違った基本割合からスタートしてしまい結局納得できず示談に時間がかかることがあります。そして先ほども言ったように過失=悪いととらえてしまうと被害者側は「俺は悪くない!」と考えてしまいこれもまた示談に時間がかかることになります。悪いではなく不注意の割合ですので、加害者側の肩を持つわけではないのですが、言葉の違いで受け入れられることもあります。

20170215111 (3)

では、なぜこの本を読むかというと今回の事故内容が本当に保険会社に伝わっていて適正な判例に当てはまっているか考えるために勉強しています。話しやすい代理店さんで加入していれば事故状況を1~10まで問題なく伝えることが出来ますが、通販型とかになると電話だけのやり取りで10を伝えることは難しいと思います。もちろん事故があれば修理をしなくてはいけませんので車屋さんに持ち込みます。そこで事故状況を聞き、保険会社の話を聞き、あれ?おかしいなと思えばもっと詳しく判例に当てはめることが出来ます。言い方が悪いかもしれませんがこちらの責任が思ったより悪くない判断をされているのならばそのまま示談でよいかと思います。しかし悪い方に判断されていれば黙っちゃいられません、よね。良くも悪くもまずは適正かどうかを見極めないと、そしてそれを相談できるところがないと納得の示談が出来ません。

IMG_20170215_221637.jpg

と、いろいろ話しましたが、、事故の良い解決は示談までのスピードもあるかと考えています。
どこまで納得するかにもよりますが解決に長引くと相当なストレスが溜まり、本当に疲れます。
お互いが交わらない話を何か月もするとなると私生活まで影響が出ます。
そして、やっぱり本当に疲れます。

・・・えっと、何が言いたいのか締まらなくなってきましたが、要は納得できる早期解決!これです!

DSC_0712.jpg
そして、今日の角栄さん。
・・私にはお世話になった人が多すぎてお返しする日々にゴールは無いような気がします。。

では。






category: 日記

CM: 0 TB: --   

ポルシェ・カイエン ブレーキキャリパー塗装 


ポルシェ・カイエンのブレーキキャリパーを塗装させていただきました。
このカイエンも、もう12年選手。ボディ全体のリフレッシュと同時にワンポイント、アクセントを入れるためにキャリパーを塗装です。色はパナメーラハイブリッドのキャリパー色、アシッドグリーンで行います。

▼塗装は下地から。部品を取り外し、サンドブラストで細部まで旧塗膜剥がしと研磨を行います。
DSC_2875.jpg

▼プライマー⇒カラーベース⇒ロゴ入れ⇒クリヤー塗装⇒強制乾燥を行い塗装完成です。
DSC_2899.jpg

▼今回は装着と共に低ダストのブレーキパッドを装着しました。非常に汚れにくくメンテが楽になりますよ。
DSC_2908.jpg

▼前後キャリパーにアクセントが入りオシャレなカイエンとなりました。
DSC_2910.jpg

category: ポルシェの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

2月13日のサンルイス 

昨日新幹線に乗って3時間ほど隣が若い女性だったので気を使ってくたびれた疲労が抜けず月曜の朝から指摘されるまだまだ未熟な日高です。次回から新幹線は通路側に座ります、はい。

今日も元気にやっていきましょう!

▼業者さんからの依頼で磨き&内装仕上げ中のアルファロメオ156。MTでサーキット走行予定とのこと!
290213 (15)

▼先日塗装したヴィッツ、灯火類を点検してたらHID切れてました・。IPFのHIDバーナーへ左右交換。
290213 (2)

▼アルトの社外バンパー・色分け塗装。マスクマンに見えるのは私だけでしょうか?
290213 (5)

▼車窓から雪@滋賀付近。めっちゃ積もってました。ということで土日、勉強会で名古屋へ行ってきました。
290213 (6)

▼初の名物モーニング。土日はモーニングやってないらしく別々に注文。コーヒー作るのに問題発生ww
290213 (7)

▼夜の部に手羽先。山ちゃんっていう有名チェーン店でしたが美味かったです。ビールが止まりません。
290213 (9)

▼なぜか二日目も喫茶店。名物「鉄板ナポリタン」美味いのと居心地いいのと共にGOODでした!
290213 (11)

▼材料屋さんと名古屋かぶりでおみやゲッツ。小倉トースト食べる勇気はありませんでしたが美味しかった!
 ありがとうございます!
29021311.jpg

290213 (4)
「やはり可愛い子には旅をさせろということかも知れない。親としてはつらいが。」
子供は親がいなければどうにかこうにかするんですよね。可愛いすぎてくるくる寿司も代わりに取ってあげてましたもん、ウチは。手を貸すところを間違ってしまうと可哀そうな子に育ててしまうダメな親にならないよう頑張ります。ついついやっちゃうんですが・・。

では。




category: 日記

CM: 0 TB: --   

雪が降りましたとな。 


久しぶりに積もりました福岡。
今週末は大荒れの予報みたいで、行事ごとで心配な人、雪山でワクワクな人、周りにいろんな人たちがいてます。わたくしは明日から仕事で名古屋へ行くので心配な部類であります。
先日、陸運局でスタッドレスタイヤのポスターを見かけましたが積雪時の道路で雪用タイヤを装着していないと「法令違反」で罰金を払わなくちゃいけないみたいですwwwどのような条件で取り締まりがあるのか分かりませんが普通車で6千円なんですって。ちなみに原付は5千円と書いてありましたが、原付の対策はどうしましょうね(と、、ググったらありました)。まぁでもスタッドレスタイヤとサマータイヤを上手に使い分ければ安全だしコストも大きく変わらないので出来れば装着お勧めします。

▼今年からかな、去年は見なかったかものポスター。おっしゃるとおり立ち往生する前に装着を。
DSC_0309.jpg

▼今日の塗装は車じゃないです。建具、ドア、新築へ取付とのことです。
20170210111 (2)

▼色とツヤの指定をいただき塗装完了。雰囲気からしておしゃれな家なんでしょうね。
20170210111 (1)


201702102221.jpg
「人間は元々、出来損ないにできている。皆、失敗はする。神様みたいな人は少ない。
 その出来損ないの人間をどう愛するか。私の人に対する一貫した姿勢だ。」
今日もまた難しいのです角栄さん。こういう考えの周りにいる人は幸せだろうな・・。
はい、頑張ります!

では。

category: 日記

CM: 0 TB: --   

トヨタ・ヴィッツ ボンネット剥離塗装 

20170209 (1)

20170209 (2)

20170209 (4)

20170209 (5)

20170209 (6)
たまには写真だけで終わってみるという乱暴な記事も良いかと。


20170209 (3)
「人と会うのが醍醐味になってこそ本物。一人前への近道になる。」
くぅーーー。自分で言えるように頑張ります!

では。

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

カーボンディフューザー製作/アルファロメオ156 

20140208 (3)

アルファロメオのカーボンディフューザーを作ってみました。元々の装着パーツをカーボンマットを張ってカーボン仕様へと変更しただけですが。しかしながらラッピングの類ではなく本物のマットですので市販のウエットカーボンと変わりありません。

▼カーボンクロス 3K平織を使用しました。
20140208 (4)

▼もちろんクリヤー塗装で最終仕上げしておりますので白ボケ、色褪せはさせません。
20140208 (1)

▼透かした角度から。独特の風合い、ウッド・レザーに並ぶ憧れの質感ですね。
20140208 (5)

既製品に張り付ける場合、どうしても上から張ることになり樹脂の歪みが見えることもありますがデザインによっては承る・・こともありますのでご興味のある方はお問い合わせしてみてください。


▼▼▼今年買った「田中角栄日めくりカレンダー」
20140208 (2)
「話し合いはいつも全力投球、真剣勝負。説得とは、これに尽きる。」

説得されたい方、ぜひサンルイスへお越しください。全力投球でお話しします!

では。

category: アルファロメオの板金塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

アルファードATF交換・・トルコン太郎 


走行距離20万キロと、なかなか走っていますアルファードのATF交換です。
距離からするとちょっと躊躇してしまうATF交換ですがトルコン太郎の全量交換のおかげか自信をもってお勧めしております。以前だとスラッジが溶けて(剥がれて)バルブボディに詰まってしまうのではないかと事実か都市伝説の縛りによってお勧めしておりませんでしたがトルコン太郎を使用するようになっては進んでお勧めしています。(日本語おかしいですねw)
作業は予算に合わせてATFをどのくらい使うか相談しますが、今回はまず4L抜き替えをして循環させ、その後10Lの入れ替えを行いました。交換後、走行テストを行い問題ないことを確認して納車。お客様も走りの違いを実感して喜んでいただきました。

20170206112.jpg

では。

category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

システム異常ありません。 


御無沙汰してはや半年・・・。
頭にOBDをぶっ刺して診断したところ「全システム異常なし」です。
こんなリスタートに異常を感じますが、明日になると、明後日になるとリスタート出来なくなるようで良い写真を見つけました。
blog書き出すと連日ってこともあるのですが止まってしまうと何故だか・・と普通すぎる言い訳で今日は締めようと思います。懲りずにまた投稿しますので宜しくお願いいします。写真も半年分あるはずですので。

では。

category: 日記

CM: 0 TB: --