Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

トヨタ スープラATF交換/トルコン太郎 

ちょうど一年前に全塗装&コーティングさせていただきましたスープラ。

【トヨタ・スープラ(GA70)全塗装 入庫編 】←以前の記事はこちら

本日はコーティングのメンテナンスとATF交換でお預かりしました。まず外装ですが薄い洗車傷と少々のクスミはあったものの、念入りにシャンプー洗車を行い専用クリーナーで気になるところを処理して最後に再度撥水処理を行って完了です。ちなみにこの一年間、手洗い&洗車機で洗車されたとのことですが問題ないコンディションを維持されてありました。手洗いにこだわるあまり、月に1回の洗車になるのであれば洗車機に入れていただいてもコマメな洗車をお勧めしています。あまり気を使いすぎると車に「乗る、維持する」ことになってしまい疲れてしまいますからね。このままの洗車で維持していただければと思います。

DSC_1992.jpg

さて次にATF交換です。以前なら間違いなくお断りしていました年式と距離。昭和61年式ですので乗り出して31年間、走行距離21万キロ。都市伝説でいえば交換してはいけない車です。しかしながらATFを交換した際にどうして不具合が出るのかを考えると若くても交換してはいけない車と高齢でも交換しても大丈夫な車を判断することが出来ます。

▼試乗してATの調子を確認したらコンタミチェック。問題なさそうですので着工を御連絡して作業開始。
290331 (1)

▼今回はストレーナーも交換しますのでオイルパンを外します。比較的キレイでビックリな結果でした。
290331 (2)

▼ストレーナーを交換したところです。あとはオイルパンをキレイに清掃、ガスケットを新しくして組付けます。
290331 (3)

▼まずは抜けた分を補充してクリーニングモード。しばらくして追加入替を行いクリーニングモード。
DSC_2020.jpg

最後に全量を圧送交換して作業完了です。今回は補充+入替で約14LのATFを使用しました。
交換作業が終わるとドキドキの試運転。コンタミチェックしたとはいえ20万キロオーバーのATF交換は緊張します。納車後、お客様に確認の電話をしたところ「問題なさそうですよ」と声をいただきましたので晴れて投稿させていただきました。条件が揃えば車が高齢でもATF交換できますのでまだまだ長く乗っていこうとお考えであれば是非お勧めのメンテナンスです。

では。




category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

キャデラック エスカレード/フローマスター取付 


フローマスターの取付でエスカレードの御入庫です。
以前、ダッジへフローマスターを取り付けていただいたオーナー様で今回はエスカレードを増車したとのことです。普段フローマスターが入った車に乗っているとノーマルの音が物足りないのか車を購入後すぐに依頼をいただきました。フローマスター=排気音を変えるというイメージがありますが実は排気効率が良くなるため乗って分かるくらいにトルク感が向上します。ワタクシも以前アストロに装着しておりましたがノーマル車に乗ると、あれっ、と思うくらい静かで力がありません。音に関してはうるさすぎずアメ車独特のドロドロ感も増し、アクセルをあまり開けなくても心地よくなります。さて今回のインストールですが純正パイピングの取り回しに少し癖があり加工しながらの取付となりました。

▼大きく居座ってますがリヤのフランジはサビサビで早速どうしたものかと・・・。
DSC_1892.jpg

▼入り口側は2本、出口1本となっており、入りの2本がオフセットというか変な入り方をしています。
DSC_1895.jpg

▼見比べれば分かるのですが入りの寸法も間隔も違いますので、ここから現車合わせといきます。
DSC_1898.jpg

▼入口側のパイプは素直に外れてくれたのでここの角度を自然に切断・溶接で作り替えます。
DSC_1907.jpg

▼溶接した部分は耐熱スプレーで塗装しました。塗装が乾いたら排気漏れがないか確認して完成です!
DSC_1912.jpg

では。



category: 部品・その他の塗装修理事例

CM: 0 TB: --   

福岡カスタムカーショー2017 



今年から開催場所が変更になった福岡カスタムカーショー。去年までは福岡ドームだったのですが今年から北九州ですと。聞いた話では違法改造車がブンブンやるからドームが貸さないとか・・らしいのですがどうなんでしょうね。ま、たしかにそれはいかん事でありますし、他のイベントでもブンブンやっちゃって開催が危うい情報を聞いております。音がブンブンでなくても超シャコタンや見た目が過激な車は静かに走っててもブンブンやってると思われますので見た目も音もソコソコで改造しましょう。
・・・なんて、偉そうなこと言いましたがウチのような板金屋はノーマルフェンダーの形状でどこまでパッツンパッツンのホイールを入れれるかなんてことに頭ひねっているのでやはりこういう場は勉強になります。

今回は会場の規模も小さくなってか出品台数も少なくなっているようで、その中でも最近お気に入りの86/BRZを求め見てきました。こちらもやはりオーバーフェンダーの流行りもあるようでぶっといホイールが入っている車が多くいらっしゃいまして、勉強の範囲を広げねばと今日は本屋へ行ってきます。

帰って来て復習しようと思い写真を見てると・・あれ、まぁ、、なんてこったい。みんなピンボケばかり。いやいや少々写真を勉強しておる身分としてボツなショットがほとんどでがっくり。しょうがないからコラージュしてごまかしましたが今日が昨日だったらリベンジしに行くところでした。。車の勉強もですが次回はちゃんとカメラの設定していきますw

1490527870.jpg

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --   

ホンダ S2000 全塗装 



新連載、S2000の全塗装入庫いたしました!
平成11年式、ということはもう18年経っているんですね。写真見ても分かるように外装もクリヤーが剥がれたり錆が出ているようなことはなく、むしろ18年経過した割にはきれいな方であります。とはいえ細かく見ていくとボンネットも色褪せがあり、また前回りは無数の飛び石があり小さく多数の劣化はあります。御依頼の際は「おおよそですがあと何年くらい乗りますか?」と普通に失礼な質問をさせていただくのですが「あと10年は」とお返事いただきましたので丁寧に作業着手していきたいと思います。

▼サーキット走行もされているということですが車のスタイル・作りこみも好きな雰囲気でヤル気が増します(笑)
DSC_1788111.jpg

▼ボンネット色褪せ、後期バンパー装着による色の違い。パリッとキレイに仕上げましょう!
DSC_1790.jpg

▼トランクの写真を見ながら「あれ?」凹みを見つけました。この角度+映り込みのおかげでした。
DSC_1821.jpg

▼フロントガラスには大きな飛び石。交換と同時にピラーの塗りこみも出来て一石二鳥です。
DSC_1805_201703251717429e4.jpg

▼そしてそして、元気ハツラツ!をおみやゲッツしました!ありがとうございます。
DSC_1889.jpg

では。


category: ホンダの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

本日のサンルイス 

突然ですがーここ福岡、本日桜の開花予報でございます!パチパチ
いやー、待ってました!って感じですね。ちなみに満開は4月1日予定。わぉ、土曜日でやんす!うれしかー。
と、年度末にのんきなこと言ってますが、、
本日のサンルイスに参りましょう。

▼オーバーヒートしたフーガの修理。昨年からヒーターが効かなかったらしく・・予兆はそこにありました。


ちなみにオーバーヒートとは何らかの理由でエンジンが高温になりすぎてしまう現象です。何らかの原因の1位は冷却水の漏れです。ここで心配なのがエンジンは大丈夫なのかということ。エンジンがオーバーヒートを起こすとシリンダーヘッドというエンジンの上半分の部品が熱で歪んでしまい圧縮漏れを起こします。圧縮が漏れるということはエンジンがかかったとしても力が無く、結果ヘッドの修正もしくは交換となります。これがまぁ非常に費用がかさみまして、修理はできるのですがリビルトや中古のエンジンに交換することとなり痛い出費となりますww

▼ラジエーターのアッパータンクがパックリ割れてASSY交換。エンジンは無事そうでなによりです。
DSC_1854.jpg

▼春!なのに幌が開かなくなったPTクルーザー。冬は開けないから気づきませんよね。
DSC_1864.jpg

▼油圧のポンプに問題がありそうです。まだしっかり見れてないけど高額にならないことを祈ります。。
DSC_1866.jpg

▼先日ANA、今日JAL。先日からC3POが飛んでるらしく、お願いだからこっち通ってと祈る!
DSC_1839.jpg

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --   

スバルBRZ フロントバンパー修理+スポイラー塗装取付 

スバルBRZのバンパー修理で入庫していただきました。こちらのオーナー様、実は私が現在乗せていただいてるMINIの前オーナー様で現在はこちらのBRZでサーキットをブンブン走ってらっしゃいます。今回は(前回は無いのですが・・)フロントバンパーの右下をゴッツンコしたみたいでバンパーの割れ、欠損、バンパーの各所に塗装割れが生じております。

▼右下をHIT!させてしまいフェンダーライナーが垂れ下がってきております。
290318 (4)

▼フロントスポイラー取付を同時に行いますのでバンパーは溶着修理+欠損したステーも移植します。
290318 (5)

▼フイッティング後、塗装して無事装着完了!自然なボリュームのデザインでとてもカッコいいです。
290318 (6)

▼同時にTOM'Sのトランクスポイラーも装着しました。チビッパネもさりげなくカッコいいです。
290318 (7

▼BRZ欲しくなりますです。顔つきが良すぎ!
290318 (1

▼おみやゲッツ。コーヒーはK様、ドーナツはBRZのC様、ありがとうございました!
290318 (2)

では。


category: スバルの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

本日のサンルイス 

今日も素敵な暖かさ、福岡。今週末は19度の予報でようやく春来ました!
さて本日のサンルイス・・

▼全塗装のマスキング完了。精神集中して塗装に入ります!


▼RX-8のGTウィング取付です。お持ち込みの中古でしたが・・・
DSC_1601111.jpg

▼無事に取付完了!不足していたボルトナット類はこちらで用意させていただきました!
DSC_1620111.jpg

▼飛行機の音でそわそわ。夕日に照らされた姿に魅了されます。
DSC_1643111.jpg

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --   

ニュービートル・タイミングベルト交換と本日のサンルイス 



ニュービートル、タイミングベルトとウォーターポンプ交換と車検で入庫いただきました。

▼毎度毎度ですがタイミングベルトとウォーターポンプはセットで交換しましょうねー。
DSC_1576.jpg

▼入庫してた車のバックドアが閉まらないw腐食がすごくて溶接とグラスプ(接着剤)修理。
DSC_1535.jpg

▼エンジンオイル交換のRX-8。WAKO'S 4CT-Sを選ばせていただきました!
DSC_1579.jpg

▼昼休み中、タイラバという釣りの仕掛けを作る工場長。なかなか芸が細かいのであります。
DSC_1451.jpg

てことで本日はサラッと終了します。

では。



category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

ビュイック・ロードマスター納車しました!ありがとうございます! 

ぽかぽか天気の先週土曜日、中古在庫車のビュイック・ロードマスターを納車させていただきました!
こちらの車ですが2年ほど前にビビビッときて(表現ふるっっ)仕入れた一台で、個人的に登録して1年ほど乗っていました。5.7Lの排気量でアクセルを踏めばトルクの塊、道路のギャップではふんわり柔らかいソファーのような優しさ、だからといって具合の悪い乗り心地でもなく、とにかく優雅な雰囲気の車です。外装はというと「木」の模様ですが木目を外装に入れるとは、なんておしゃれなこと。タイヤの方もホワイトリボンでホント可愛+カッコいい車なのです。私が乗っている間に定番のウィークポイント、ディストリビューターと燃料ポンプが故障し交換済みですので安心して乗っていただけると思います。大排気量&ビックボディと最近のエコ車には少々反しておりますがトルクフルなおかげでアクセルもそんなに踏まなくて進んで行きますし、ゆーったりと運転していただけると思います。ちなみに車の全長は5.5m。駐車場でにょきっと飛び出してしまいますがボディに似合わずこの優しい顔が御愛嬌ということでゆるしてくださいまし。
N様、このたびは御購入ありがとうございました!ゆったりアメ車ライフを楽しんでください!



では。



category: 車両販売

CM: 0 TB: --   

トヨタ・ヴェルファイア/RECS・トルコン太郎・スロットル清掃etc・・・ 

トヨタ・ヴェルファイア、90000km走行のこちらの車、多メニューのメンテナンス+αさせていただきましたのでご紹介します。

▼まずは御存じWAKO'SのRECS。バルブ、燃焼室のスラッジを落としてくれる点滴です。
290310 (4)

▼約30分の点滴完了しましたらRECSを排出。白煙モクモクで効いてる感じです。
290310 (6

▼WAKO'Sのスロットルバルブクリーナーでスロットルボディを拭き拭き。噴射ではなく手作業で拭き取ります。期待通りちゃんと汚れていました。この後、アイドル学習を初期化して再設定します。
290310 (7)

▼エンジンオイルもWAKO'S。4CT-Sの5W40を選択しました。通常のオイルよりロングライフですのでコスパもGOODです。
290310 (5)

▼CVTオイルの交換、と、その前に重要なコンタミチェック!検査結果、問題ありません!
290310 (2)

▼本題のCVT全量圧送交換。トルコン太郎さんがオートマチックに進めてくれます。
290310 (3

▼もひとつ作業、ドライブレコーダーの取付です。安全運転な方ほどドライブレコーダーの装着が多いように思います。事故があった場合の対策ですがが安全運転=過失がないことの主張lというやつですね。
290310 (1)

この他、ブレーキパッドの交換や板金塗装もありましたが写真撮っておらず残念ww
しかしここまでメンテナンスすれば普通の方も必ず体感できるはずです。特に最近燃費悪いって言ってたから後日連絡して確認してみます。ちなみにこちらの作業、丸一日お預かりのメニューとなっております!たくさんの御用命ありがとうございました!

では。





category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

ボールジョイントブーツ交換 


整備工場に車検を出した際「ブーツが破れています」と言われたことはありませんか?
このブーツとはなんじゃらほい、想像できないかと思いますが、それがこちら。何のためにある部品かというと関節のようなジョイントの可動部に被さっておりグリースが飛び散らないように保護しているカバーです。破れるとどうなるかなんですが中のグリースが飛び散ってしまいジョイント(またはベアリング)が油切れしてしまいガタが出る、焼き付いて動かなくなるなど弊害がたくさん出ます。そしてこのブーツが破れていると・・・・・車検に通りません。ですので車検見積もりの際に「ボールジョイントブーツ」「ラックエンドブーツ」「ドライブシャフトブーツ」などが計上されるのです。先ほども言ったようにブーツが破れていると故障につながるのですが、少しの亀裂でも車検には通りませんので中にグリースが残っている場合、そしてガタがなくスムーズに動いている場合はブーツのみを交換します。ちなみに上の写真はまだセーフでした。

▼アウトーーな場合です。グリースが漏れて砂利が混入しています。ジョイントの可動部もガリガリ音がします。
DSC_1744.jpg
ガタやガリガリ音、焼き付きの場合ブーツを被せればとりあえずの車検は通るかもしれませんが、ここのガタ、甘く見てはいけません。最終的には疲労骨折のようになり足回りが折れて大事故につながります。

▼分解して確認してもセーフでした♪
DSC_1739.jpg

しかーーし、セーフだったとしても、、ブーツだけの部品設定がない場合があります。ちなみにこちらの車両も単体部品設定がなくセット交換(ASSY交換)で部品代が片側で2万円ほどwwww左右だと4万円+工賃。。うちら地域密着工場は間違いなくお客様に怒られます。「なんでそんな高いとーーー」って。

▼怒られたくないのでブーツ交換。えっ、なぜ?
DSC_1740.jpg
ボールジョイントブーツはサイズにもよりますが汎用品があります。部品商にデータがない場合は「単体設定ありませんのでASSY交換になります」と言われるのですが2か所の径を高さを現物で測定し汎用品で対応できるものを探します。ASSY交換2万円、ブーツ単体交換500円www4万円が1000円。ASSY交換はベアリング部も新品になりますが問題なければ間違いなく後者の選択になります。
部品ひとつにしても色々な判断と選択肢があります。
「自分が整備してもらうならサンルイスがいいな」と思える作業と判断をやっていきたいと思います。

290309.jpg
お楽しみの角栄さん。「人生、毀誉褒貶 相半ばすることになっている」
知らない言葉ググってみる。あーーなるほど。慢心せず悔やまずってことかな・・。日高的にそうしよう。
皆様の解釈はWebで。

では。



category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

魚釣りに行きましたとさ 

えーー、こちらのブログ、過去休んだり書いたりと波がありましたが、、1ヶ月前から日祝日以外、連続して投稿することが出来ましたーーー!パチパチ。・・・という自己満でスタートしましたが、いやー、この波、、どうにかしないといけないですね。半分反省しながらぼちぼち(←そこが甘いw)書いていきたいと思いますので引き続き末永く今後とも宜しくお願いします。

今日のキーワードは波?偶然にも先日の日曜日、冬の玄界灘には波が落ち着く予報でしたので我らがサンルイス丸、出航してきました!去年の秋以来、久しぶりの海でしたので期待に胸を膨らまして朝日に手を合わせ安全大漁と拝んでみます。
290308 (1)
けっこうこの願いは叶うもの、と信じておりまして、過去狙った魚を狙った通りに(?)釣れてくれておりました。が、しかーーし、、、この日はからっきしw朝大当たりがあったのですが、大事なそやつを逃がしてからは昼過ぎまでピクリともしない。
期待に胸を膨らませすぎてアドレナリンが海に染み出てるのか、、もしかしての玄界灘、もしかしての魚がいないんじゃぁないかというくらい。ほんと、過去こんなにアタリがないのははじめてです。仕掛け変えてみたり、餌変えてみたり、終いには休憩してみたり、ラ○○○○リ。そうこうして13時を過ぎた頃、出会いは突然。

コツッ、ドッカーーン、ギュギューーーン、ウィーーーン(糸が出ていく音)!!

キターーーwwwなんでもいい、誰か知らんが、どなた様でもいいから顔を見せてくれ。朝拝んだから、お願いだから、できれば、そうだな、美味しくてカッコよくて、「さすが船長、やっぱ釣るよねー、それなー笑」とかキャッキャ言われるような自慢できるキミ・・キテクレーーーww「そうこう妄想すること5分、引き揚げながら引かれながら、水深60mの、我らのシンボル福岡タワーの半分(の深さ)から、、

290308 (3)
「はじめましてアラと申します。本州じゃクエと呼ばれてます、船長のために釣られました」
と、言ったか言ってないか、そんな気がした2800gのアラちゃんです。

釣れた(てくれた)からよかったけど、ほんとにほんとにこの日だけは釣れる気がしなかったのです。
朝の願いが叶ったのか、この日サンルイス丸はアラ様に助けられましたとさ。
そしてそして数時間後・・アラ様は出汁となり具となりアラ鍋として日高家を賑やかにしてくれました!

では。

category: 日記

CM: 0 TB: --   

スズキ スペーシア/バックドア板金塗装修理 

スズキ・スペーシアのバックドア板金塗装修理で御入庫いただきました。死角にポール、バックでゴンっ、とやってしまったとのことですが、バックドアの1/3は凹んでしまい周辺にはひずみ、リヤバンパー凹み変形、バックパネル(リヤバンパーの裏側)は押し込みがありドアの閉まり具合も悪くなっております。通常見積もりすると20万円を超えてしまいますが、御予算は半分程度。いろいろな御提案をさせていただきましたが、結果バックドア修理・バックパネル修理・リヤバンパーは変形修正のみとなりました。軽自動車の薄い鉄板で、且つ予算内でどこまで歪をなくすことが出来るか悩みましたが仕上がりはお任せでとご依頼いただきましたので着工させていただきました。

▼ナンバープレート右側から下部まで、プレスラインを含め凹み歪み、ドアの縁まで損傷があります。
290307 (2

▼ナンバー右下のラインが大きく崩れています。簡単そうですがそこそこの力が加わったようです。
290307 (3

▼パネル裏側まで・・・。間違いなく交換見積もりの損傷です。
290307 (4)

▼板金写真がどこかへ・・・。飛び抜かしてパテ作業しておりますがパネルの2/3ほど下地になります。
290307 (5)

▼バックパネルの塗装。クランプの傷跡やバックパネルの板金跡を塗装しました。
290307 (7)

▼表、裏、バックパネル、、同時塗装したのでドアを開けたまま作業しました。
290307 (6)

▼バックドアの裏側も問題ないようです。ここが板金・塗装共に難しいのです。
290307 (8)

▼完成!予算上、バンパーの塗装は行いませんでしたがパッと見は問題なく仕上がりました。
290307 (1

交換する部品を板金で、トータル安価に。見積もりする際にどうしても仕上がりを気にするあまり、交換をお勧めする内容になり、このくらいの修理でも20万円超と痛い出費となってしまいます。プロの目から見る仕上がりは時として過剰になることもありお客様との仕上がりの温度差が生まれることがあります。修理するにあたり押さえておくべきポイントとそうでないところを説明して最終的には「お任せ」いただくのが修理で請け負える勇気となります。だって安くしてクレームが出て「こんなはずじゃなかった」とはなりなくないですからね、お互い。サンルイスではプロの目で見ることと経済的なところ、両方を兼ね備えて取り組めるよう取り組んでいきたいと思います。

ワガママな御要望お待ちしております。無理な時は「「ムリです!」」とはっきり言いますので(笑)

では。


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

BRIDE edirb 023/MINI(R56JCW) 


MINI・R56JCWへedirb033を装着させていただきました。
通常3ドア車には後部座席への乗り込みのクリアランスが必要なため前へ倒れる角度のあるユーロスターを取り付けます。edirbシリーズでいうところの032ですね。今回のオーナー様、その常識を覆してBRIDEシリーズでいうところのストラディアの023を選択したのであります。ストラディア、うちの事務所にも試座用を1脚置いていますが、まぁ何といいますか・・「スッポリ」と、はまり込むといいますか包み込まれると表現した方が分かりやすいでしょうか、とにかく気持ちがいい。このスッポリを体験してしまったのだからどうしてもインストールしなくてはいけませんが、いかんせんシートの角度が前側に直角位置までしか倒れないから後部座席に乗り込めないww後部シートをお飾りにしないために特別にシートレール側を加工して乗り込み可能にしたのであります。シートの細部を見ると「あれ?」と思う特別仕様でしてこれまた御要望(ワガママ・・失礼)に沿って出来上がったのでございます。

BRIDEシート装着の際は是非BRIDEマイスターショップの弊社までお気軽にお問い合わせください!

では。

category: BRIDE

CM: 0 TB: --   

本日のサンルイス 

春!はもうすぐな天気の今日。じっとしてたら眠たくなりそうな、、暖かさですね。
手を動かさなくちゃと、カメラもって工場見学。みんな避ける避ける(笑)
手だけ、とか分からんようにボカすからと言いながら撮らせてもらいました。

DSC_1506.jpg

DSC_1507.jpg




DSC_1453.jpg

DSC_1521.jpg

DSC_1471.jpg

▼おみやゲッツ。ボリボリ食べながらやっております。ありがとうございました!
DSC_1457.jpg

では。


category: 日記

CM: 0 TB: --   

トヨタ アルファード/ステアリングラック交換 

トヨタ・アルファードのステアリングラック交換でお預かりしました。
異変に気付いたのは、、ワタクシ。先日ATF交換させていただいたお車ですが、交換後の試乗をしていたところ、あれ?トラックみたいなハンドリング、おかしい・・・。帰って来てジャッキアップしてみるとステアリングラックが左右にガッタガタwwなぜ乗って分かったかというと直進状態でフラフラ。ハンドルが時計の針でいうところの11時から1時まで反応しません。ようは遊びが大過ぎるのです。お客様に尋ねると「まぁ、なんかおかしいなと、、でもこんなもんやろ?」と、徐々にガタが大きくなっていったことに慣れてらっしゃったようであります。危険ですので交換してくださいと申し出て交換。トヨタのラックは純正部品でブッシュの設定がありませんのでASSY交換になります。新品では10万円程度しますので問答無用にリビルト品を選択しました。

▼ちょうど?と言っていいのか悪いのかラックからのオイル漏れもありましたのでGOODタイミングでした。
290303 (2)

▼ブヨブヨスカスカガタガタになったブッシュ。トヨタ車、弱いですココ。
290303 (1)

完成して乗ってみると正常なハンドリングになりましたがお客様曰く「レーシングカートみたい」と。変化の度合いからすると正解であります。なにはともあれ故障が見つかり、そして正常に戻って一件落着でした。

では。



category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

ボルボV70タイミングベルト交換&おみやゲッツ 



車検でお預かりさせていただきましたボルボV70、作業メニューの1つでタイミングベルトを交換しました。
昔チェーン、その後ベルト、現在チェーンと、カムシャフトとクランクシャフトをつなぐだけでも技術が盛り込まれて移行してきておりますが今回はベルトです。基本国産車は10万キロ以内での交換が推奨ですが欧州車は工場によって考え方が違うところもあり、、サンルイスでは4~5万キロでの交換をお勧めしております。タイミングベルトが収まっているフロントカバー内でオイル漏れ等なければ10万キロでも大丈夫かと思いますがベルト本体の性能が所以か、もう一つあるとすればベルト切れによる損害額が欧州車の方がもちろん高額になることから早めに交換しましょう、なるところかと思います。まぁ、10万キロといえどタイミングベルトの摩耗は走行距離ではなくエンジンの稼働時間に比例しますのでいずれにしても目安になります。てことで安心を手に入れる交換作業ということは間違いないでしょう!どうせタイミングベルトを交換するので併せてウォーターポンプも交換します。以前、タイミングベルト切れの原因でウォーターポンプの劣化によってロックしてしまいエンジンがダメになったものを見ました(弊社工場長のお車w)。いずれにしても安心安全快適を手に入れることとなりました。

▼ウォーターポンプを外したところです。LLCもきれいで水回りも特に心配なところは見られませんでした。
DSC_1391.jpg

あとは車検整備に伴う足回り部品の交換やドライブレコーダーの取付で完了しますので、1週間ほどお預かりさせていただいてますがもう少しお待ちくださいませ。

▼で、久々のおみやゲッツ!本日車検整備で納車した山口様から戴きました!バリウマ!有難うございました!
DSC_1436.jpg

では。


category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

スバル レヴォーグのバンパー塗装修理 

先日チラッとお見せしましたがレヴォーグのバンパー塗装完成しました!

▼フロントバンパー左側下部、いわゆるガリ傷です。フォグランプカバーもキズあります。
2902281111 (5

▼キズの部分を研磨しますがそれほど深くないので後々の事も考えパテは入れません。
2902281111 (1)

▼サフェーサー後、サフ研ぎ、そしてバンパー全体を足付けします。
2902281111 (2)

▼フォグランプカバー塗装完了。ただの黒ではなくパールが入っていました。
290301.jpg

▼バンパーも丸裸で塗装完了。パテも使用していないので塗装際の心配もありません。
2902281111 (3)

▼組付けを行って磨き作業、そして洗車して完了!この度は御依頼ありがとうございました!
2902281111 (4

では。



category: スバルの板金塗装事例

CM: 0 TB: --