Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7 

少し間があきましたが。。。

トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン)続編です。

パーツ類の塗装です。
バンパー・モール・アウターハンドルの小物をやっつけていきます。

工場さんによっても違いますが塗装というのはなるべく取り付けた状態で作業するのが常識とされます。

何故??

それは塗装する日の天気(湿度)や塗装する方向などにより色が変わるからです。
たとえばメタリックでボンネットは単体で車で言う左右横方向に塗装して仕上げ、フェンダーは前後方向に塗装するとメタリックの立ち方(メタリックの粒子の方向)が変わり、同じ塗料を同じ職人が塗装しても色味が違う事があります。
しかしながら当社ではドアとボディーを外した状態で塗装します。
理由はなるべくマスキングをせずに裏側や内部まで塗り込みたいからです。
ドアを付けたまま塗装するには限界がありどうしてもスプレーガンが入りにくいところはバサバサな仕上がりになります。
では色は違うか?と言うと大丈夫です。
ボディーとパーツは同じ日に塗装するようにしています。シンナーの番手(乾燥の速さ)も同じものを使い、同じ感覚で塗装することにより色ズレを防いでいます。
バンパー等のプラスチック類に関しては軟化剤といって柔軟性のある硬化剤を使用しているため同時にも塗装できません。
ちなみにトヨタのパールホワイトの車輛でバンパーとボディーの色が「ツートン?」っていう位違うものを見たことありませんか?これは製造過程で軟化剤の使用により発色の仕方が違うと聞きました。
サンルイスではこのような車が入庫した場合は色が離れすぎているため2色作っています。。

あ、本題に戻ります。

チェイサー P02

まず、サイドステップです。加工なしでもフィッティングはバッチリでした。

チェイサー P06

リヤバンパーです。切った張ったの加工済みです。

チェイサー P10

フロントバンパーです。擦り傷と塗膜の割れを修理しています。

チェイサー P19

アウターハンドルです。開いた状態で固定し中まで塗りました。

チェイサー P39

トランクです。単体で塗装しています。こんなに艶があるとパテのひずみ抜きの苦労が報われます。

チェイサー P40

もちろんモールも外して塗装です。

これで本体パーツは完成です。
ここまで来るとホッとしますね。先が見えた!って感じで。。

あとは・・ホイールとキャリパーです。

近日UPしますのでお楽しみに。

では。


トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 1
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 2
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 3
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 4
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 5
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 6
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 7
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 8
トヨタ・JZX100チェイサー・全塗装(オールペン) 9

category: トヨタの板金塗装事例

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanluis.blog60.fc2.com/tb.php/105-8e6a77da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)