FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

朽ち果ててしまったカーボンスポイラーは復活するのか 

お客様の部品を朽ち果てたなんて言っていいのかとタイトルを悩みましたが、そう見えるからしょうがないと現実を伝えるブロガーを目指す日高です。最近、連日投稿してるのをいいことに自分をブロガーなんて調子づいてまして、例えるなら自分の名前をチャンづけで呼ぶオッサン・・・気分悪くなりました、スミマセン。

さて本題です。コーティングと塗装の御依頼でお預かりしたランサーエボリューション。走行距離も少なくグッドコンディションなこちらの車ですが純正カーボンスポイラーが朽ち果てています。。確か新品で15万円ほどしたかと思いますが紫外線の攻撃により表面が劣化して一部はカーボンの層まで達しているようです。

▼全体的に剥離しています。多少ですが水がたまる形状も問題の一つかもしれません。


▼拡大してみるとこのような感じです。せっかくのカーボンが・・どうにかならないものか。
DSC_9169.jpg

作業はカーボンの層を傷つけないように古いクリヤーを丁寧に研いで、ひたすら研いでクリヤーを塗装します。色を塗るのであれば荒く研いでサフェーサーと行えますが下の模様を残すのでそんな乱暴はできません。
研いで、研いで、たまにシリコンオフで艶を見ての繰り返し。そしていよいよクリヤー塗装を行った結果・・・

▼どこから見ても元の姿はもうありません。むしろ純正新品を上回っています。
DSC_9188.jpg

復活しました。復活するシナリオがなければ朽ち果てたなんてタイトル言えませんが。

▼肝心のコーティングも行いました。雨染みがひどかったのですがこちらも無事復活です!
DSC_9171.jpg

カーボン製品は新品の状態でもゲルコートのままですとまだ未完成です。クリヤー塗装をしても必ず劣化してきますので定期的にコーティングや塗装を行うことをお勧めします。クリヤーだけですので通常の塗装料金よりは少し安いですしね。ボロボロになっちゃうと剥離工程次第で工賃が変わってきます。いずれにしても大事になる前に御相談くださいませ。

では。

PS:今日の角栄さんはお休みします。

category: ミツビシの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret