Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ボッシュACS751/エアコンクリーニングサービス・・はじめました 

エアコンの季節が始まりましたね。わたくし個人的に除湿ではなく冷房エアコンの使用はGW~12月までと心に決めたものがあります。いや勝手にではなくですねGWは皆さんも分かると思いますが過去の経験からすると12月上旬は1~2回は使ったことがあり12月は使用月と考えております。。
そんな個人的な情報はどうでも良いのですが「エアコンクリーニングサービス」たるものはじめまして、まず、まず、まず、勘違いしないで頂きたいのはQ:「エアコンのにおい取れますか?」A:「取れません」であります。今回はじめましたエアコンクリーニングはにおいの発生するエアコン外部周辺のクリーニングではなくエアコン内部のクリーニングと考えていただければ分かりやすいと思います。
さて内部って何?なのですがエアコンの配管にはフロンガスが入っており、そのガスが圧縮され高圧になり強制的に冷やし、バルブから吹き出し気化させることにより空気を冷やすというサイクルになっております。
詳しいことは理解しなくて大丈夫なのですが、このガス実は漏れていきます。最大で年8%と言われています。ガスが減るとガスの圧力が下がり結果てきに冷えが悪くなります。ですのでガソリンスタンドなどで「フロンガス補充しましょうか?」と言われた経験もあるかと思います。が、しかーし、実は追加補充はエアコンに良くないのです。その時点では効きが良くなりますがあくまで応急処置として行うまでで効いてしまうがために毎年補充生活を繰り返し、結果故障につながります。補充に補充を繰り返すとそのうち効かなくなる(冷えなくなる)とは思いますがエアコンコンプレッサーの故障(焼き付きなど)はこれが原因で起きます。ガスが抜けるということは内部に空気の層が出来てしまい、ガスと同時にコンプレッサーで圧縮され、空気が圧縮されると水分が発生し、アルミでできている配管内を腐食させます。そして腐食したカスや、その汚れがエアコンの重要なエキスパンションバルブという小さな通路をふさぎ、空気が冷えなくなります。また、コンプレッサーを潤滑しているオイルはガスにも混ざっていますのでガス漏れと同時にオイルも漏れてコンプレッサーが焼き付いてしまいます。その他いろいろな弊害がありますが作業しながら進めましょう。

▼肝心の機械、ボッシュのACS751といいます。ロボコンに見えるのは私だけでしょうか。。
290429 (3)

▼気温26度で行いました。テスターもボッシュで揃えてみましたよ。
290429 (15)

▼機械から車へホースを繋ぎます。高圧ホースと低圧ホースです。
290429 (2)

▼ボンネット裏のラベルですが車によってガスの量が決まっています。規定量キッチリ入れたいと思います。
290429 (5)

ここから機械へフロンガスの量などを入力してスイッチオン。あとは自動で作業してくれますが、途中で真空保持が悪かったり(漏れが大きい)するとブザーが鳴り作業を中断します。
①車に合ったフロンガス量をインプット
②現在入っているフロンガスの回収、同時に配管内のオイルも回収
③回収完了後、配管の中を真空にします。吸って吸って汚れも吸います。
④真空状態を保持できるかテストします。
⑤回収したガスの汚れを機械の中でクリーニングして車へ戻す準備をします。
⑥真空保持が問題なければインプットした規定量のフロンガスを充填します。

▼機械のモニターですが、現在上記工程の⑤です。
290429 (7)

▼作業完了!結果がプリントアウトされます。
290429 (1)

規定量400gに対して286gしか入っていませんでした。
配管内のオイルは2ml抜けましたので新しいオイルを2ml補充しました。
(※コンプレッサー本体にもオイルは溜まっているので2mlがすべてではありません)
最終的に376gのフロンガスを充填しました。

むむ、、400gの規定量になぜ376g・・少ないのではないかですよね。
答えはこれ↓

▼WAKO'Sの「PAC+」特殊なオイルで潤滑し、冷え+燃費向上が期待できます。内容量25g
290429 (8)

充填ガスとPACを足して401g、1g多いですが規定量になりました。

充填は無事完了ですが、結果として冷えは変わるのか。

▼ビフォー
290429 (13)

▼アフター
290429 (12)

冷えすぎでしょ。。ここまで冷えるとやりすぎ感ありますが実際の測定値です。

ここまでの作業で約45分となります。車によっては1時間くらいかかるものもありますが、だいたい40~60分くらいです。あと、この機械の素晴らしいところは従来のコンプレッサーではなくプリウスなどの電動コンプレッサーにも対応しておりますので市販車のほとんどが施工できます。(R12フロンガスは対象外ですww)

そしてそしてACS751導入にあたりただいまキャンペーン価格で行っています。WAKO'SのPAC+も同時作業するとお安くしております。

そしてそのキャンペーン価格、今なら8,000円!!フロンガス不足分は別途10g=100円です!

この機会に是非施工くださいませー!


category: 修理・整備事例

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret