FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

本日のサンルイス 

本日の福岡地方、午後からパラパラと雨が降って来てようやく梅雨らしくなってきました。
元々何故だか嫌いではない雨ですがやはり仕事となると天気はいい方がうまくいきまして、ほどほどで上がってもらえれば時に雨乞いでもしてやろうかと思いますので宜しくおねがいします・・お天道様。そして雨模様でも仕事はいつも通り入庫いただき、いつも通り進んで行くわけで、屋根面積の多いうちの工場はありがたいなと感じながら、いつも通りと言えることにも感謝しています。

そして雨で差が出るのがコーティングなわけでして、以前車両販売させていただいたR56のミニクーパーをコーティングのメンテナンス&ストライプの張替えで作業したり(※1)、住宅塗料の飛散で点々模様になってしまったレネゲードを磨き&再コーティング(※2)しております。コーティングのメンテナンスでは専用シャンプーで洗車を行ってから専用クリーナーで汚れやシミを落とし、最後に撥水材を塗布して完了となります。施工してあるお客様から「コーティングが落ちて水を弾かなくなったorz」と御相談をいただくことがあります。他社での施工、そして弊社のコーティングでもそのようなことは度々ありますが、撥水しない=コーティングが落ちた、ではありませんしコーティングは雨弾き材というより塗膜を守るための物であります。あくまでも撥水しない場合、撥水の層に汚れが溜まっているか、もしくは撥水の層が落ちたのかになります。コーティングは撥水の層だけではなく下地にはしっかりとコーティングは残っています。実際、コーティング施工済みの車で撥水はしない状態でも塗装の足付け作業の際にペーパーが当たりにくいことはよくあります。これはクリヤー層の上にコーティングがかかっていることを一番に感じる作業で、キズや事故で塗装しなければいけない場合、非常に手間がかかることもあります。しかしながらコーティングの材料や施工方法によってそう感じないのもありますがサンルイスのコーティングはそう感じるように工夫して施工しています(笑)

 ※1
290620 (4)

 ※2
290620 (6)

あとは船の部品(※3)をブラストかけてセラコートで防錆予定といつもお世話になっているイナックのカウンターチェアを修理しました。

って・・・〆が雑やなぁー(笑)
 ※3
290620 (1)

 ※4
290620 (9)

では。







category: 日記

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret