Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

スズキ Keiワークスのボンネット剥離塗装 

DSC_5806_2018012714142711d.jpg
最近旧車熱が目を覚まして買いもしないのにヤフオクとにらめっこしてる日高です。
今回修理でお預かりしたKeiワークスですが車齢も15年を超えて塗装が劣化しております。冒頭の流れからすると旧車扱いしそうなのですが私個人の価値観ですと自分が免許を取って乗っていたAE86からあとは新しい車でありましてS13にSRエンジンが載ってたりすると今現在でも手が届かない現行型に思えてしまいます。そんな風にイメージは当時のままでも残念ながら塗装は劣化していくものでして雨風紫外線に侵され乾燥肌のようにカサカサになってしまいます。一度こうなると潤いは戻らず、たちが悪いことにその上から新しい塗装をしても下地が吸いこんでしまい艶が出ません。この状況を見て博多弁で言いますと「ちゃんとせんけん下がはらかいとうやんか、やおいかんばってん手ぇぬいたけんこげんなるったい」・・ちょっと大げさですがこんな感じです。
さて、本題のボンネットですが劣化でカサカサしておりましたので古い塗膜は全て剥いで、ダクトの段が付いてる凹み部分も丁寧に色を剥いで下地を作ります。もちろん樹脂製のダクトも同時に下地処理を行いサフェーサーで下地を作ります。周りのフェンダーたちも新車時の色とは変わってきていますのでそれに合わせて調色、塗装、焼き付けてから磨きとしまして完成です!



では。


category: スズキの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret