Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

ポルシェ・911カレラ2(964)の板金塗装 2 

ポルシェ・911カレラ2(964)板金塗装の続編です。
前回の続きでフロントフェンダーをやっつけています。

あっ、スミマセン、御無沙汰しての続編ですが実際の作業は完了しました。
もうすでに街中を走ってるかと思います

で本題です。
鉄板を切ってフェンダーを広げ、アーチを修正している所です。
PICfrfenlh
見て分かるように思った以上にパテが付いていましたので薄くなるところまで剥いで作業しています。

広げた部分に当てる鉄板を作成します。
どうしても元の形に戻りたそうなのでクサビを入れてます。
PICfrfenlh (1)

フェンダーを広げていく際に鉄板が足りなくなってきたので耳の分を再成形し整えます。
PICfrfenlh (3)


板金完成!
PICfrfenlh (4)
フェンダーの頂上からの膨らみが足りなかったので切っては叩き出しの作業を2回ほど行いました。

下地のパテで形成している所です。
今回の作業は一度作ってある物を成形する作業でしたので、厚付けパテを用いています。
PICfrfenlh (5)

黄色のパテがRM社のポリパテと言うもので硬く砥ぎにくいのですが低収縮の為、あと後トラブルに
なりません。(詳しくはブログカテゴリの「車のメンテナンス パテのお話」で)
PICfrfenlh (6)

ハイ。サフェーサーです。タタタッと来ましたがパテを砥いでは付けてを4~5回やってます。。
横からのアーチも修正されてバッチリじゃなかろうかと。
PICfrfenlh (7)

前方からのショットではフェンダー頂点からの膨らみが・・出来てます
ターボらしくなってますねぇ。
PICfrfenlh (8)
と、ちょいと分かりにくいですが、ちゃんと最後にビフォーアフターやりますんでお楽しみに。

今回のフロントフェンダーでは先にも言ったように頂点からの膨らみ、アーチを横から見た際のアール、フェンダーを真上から見た際の通り(まっすぐかどうか)、耳の幅をそろえる、という箇所を重点にやりました。簡単に言えばどこから見ても・・・ということですが、フロントバンパーのアールと張り出しが微妙に左右差があり左右全く同じとは行きませんでした。
しかしながら左右に微妙な違いを作ることでバンパーとの建付けはしっかり整いました。

次回はリヤフェンダーをUPしますが、見る限りと~っても厄介なことになりそうなので気を引き締めてやっつけてまいります。

それでは

/////////////////////////////////////
(有)オートサービスサンルイス 担当 日高
筑紫郡那珂川町今光1丁目3
TEL092-953-5917  mail info@sanluis.jp
/////////////////////////////////////

category: ポルシェの板金塗装事例

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret