Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

エルグランド・ハイウェイスター(E51)の板金塗装 1 

エルグランド・ハイウェイスター(E51)の板金塗装です。

【作業内容】
・フロントドア付属部品脱着(ボカシ塗装の為)
・スライドドア本体脱着、付属部品脱着、板金
・クォータパネル板金
・テールランプ脱着
・リヤバンパ脱着
・Z-ZOXガラスコーティング

DSC_071206 (2)


DSC_071206 (4)



今回の車輌は左スライドドアとクォータパネルにかけて凹みキズがあり板金にて修理します。

作業を進めるに当り注意点は黒系の塗装ですので特に歪を出さない事と3コートパール(G30)というところです。

まずは塗装範囲の付属部品を外していきます。

フロントドアまでボカシ塗装?と思う方もいらっしゃるかと思います。
今回、スライドドアの傷がパネルの半分くらいまであり、且つ3コートパールということでフロントドアまで塗装します。
これを無理してスライドドア内で塗装を収めようとすると、①色が合わない②狭い範囲で歪を抜こうとして逆に歪んでしまう。
という具合になりますので最初の判断が重要になります。

DSC_071206 (6)



ドアモールディング、ドアミラー、アウターハンドル、テールランプ、バンパーを外しています。
この作業をするかしないかで仕上がりに大きな差が出ます。

次に板金です。

ほぼ叩き出し、引き出しが終了しています。

DSC_071206 (14)


歪を出さないようにするのは、板金作業が大事な役割をします。
「パテで埋めれば・・」と思いますが板金がしっかりしていないとパテをいくらやっても歪は抜けません。

DSC_071206 (13)



こんな感じで^^

裏に手が入らない箇所はこうやって溶接し引き出していきます。

DSC_071206 (17)



スライドドアも手は入りますが裏から出しながら表からも引き出していきます。

スライドドアの板金終了後スグにパテを付けています。

これは鉄板がむき出しになっているところをパテを付けることにより下地においての錆を出さない様にしています。

次回はパテ研ぎ~塗装になります。

お楽しみに。では

エルグランド・ハイウェイスター(E51)板金塗装 完結
エルグランド・ハイウェイスター(E51)の板金塗装 2
エルグランド・ハイウェイスター(E51)の板金塗装 1

category: 日産の板金塗装事例

thread: 板金塗装  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanluis.blog60.fc2.com/tb.php/81-fa7e8a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)