FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

福岡の車修理(傷・キズ・へこみ)板金塗装の オートサービスサンルイスブログ

福岡の車修理・板金塗装専門店オートサービスサンルイスが 車の板金塗装や修理情報を中心にお届けする、車修理ブログ。

バッテリー 

雪がちらついてますが、お車の備えは出来ていますか??


オートサービス・サンルイスでは、日常のトラブルに
一早く対応出来るように、バッテリーを各サイズ御準備しています。




なぜ、バッテリーが上がるのか?
原因はいろいろ、ありますがその中の一つは冬になり気温が下がると
バッテリーの電圧が極端にさがります。

これも原因の一つなんですが、コンピューター・時計・ステレオ・カーナビ・セキュリティーなど
車を動かさなくても電気を消費する機能がいっぱい装着されています。
車を使っていない時に流れている電気を「暗電流」というらしいのですが、
長期間自動車を使用しないと暗電流が流れ続け、バッテリー内に蓄えられていた
電気がなくなりバッテリー上がりになるそうです。

サンルイスでは、お客様のバッテリーをバッテリーテスターを使用して、
お客様のバッテリーを診察致します。

是非お気軽に、一度点検にお越しください






                      担当・大平

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

エンジンオイルの御紹介 

今回は、サンルイスで愛用している、
エンジンオイルを紹介します。

オイルについて、簡単に少し説明させて頂きます。
そもそも、エンジンオイルは、
ベースオイルと添加剤を混ぜて作られています。

ベースオイルとは、植物油・鉱物油・合成油・上記の混合油が主流でしたが、
最近の省燃費・環境対策の厳しい条件を求められ、鉱物油ベースオイルより、
近年では、性能が優れた科学合成油が使われています。

化学合成油とは?
化学合成オイルは、原油を精製していくと重油・軽油・灯油・ガソリン・ナフサと、
蒸留温度によって分かれ、ナフサという成分から化学合成オイルが精製されて作られます。


添加剤とは?
酸化防止剤、磨耗防止剤、清浄分散剤、粘度指数向上剤、
消泡剤、流動点降下剤などが、ベースオイルに混ぜられて、
皆様に販売されます。


ブレインズと言うオイルのツーリングコンセプトを使わせて頂いています。
このオイルは、耐熱性、酸化安定性に優れていますので、長期にわたりエンジンを、
綺麗に保ちながら、エンジンの寿命を延ばし
近年の省燃費車などのお車に最適です。1L¥1.575円です。



パーフェクトプロは大小の車を問わず、あらゆる車両をカバーし、
走行距離の長い方におすすめ致します。1L¥1.365円です。




説明不足かも知れませんが、少しオイルについて
理解して頂ければと思い記載させて頂きました。

担当・大平

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

クリヤーが変わりました^^; 

今年一番の冷え込みの中、負けじと頑張っているサンルイス日高でございます。

本日は・・クリヤー変えました。。

はて、何のこと?と思いでしょうが私たち塗装屋としては良いクリヤーに巡り合うために
旅をしているようなものでして(大袈裟!?)久々に出会いました。

とりあえず見てください↓
画像 148
分かりにくいとは思いますが塗装したドアに映り込んだブースの蛍光灯です。

ここまで艶と肌を両立するのは非常に難しいのですがとても良い仕上がりです^^
もちろん技術も必要ですが、良い材料をいかに使うかというのが一番大事です。
使い始めて数回経ちますがやっと攻略したという感じです。
シンナーとの割り方や塗装するスピードが全てうまくいくと、このような仕上がりになります。

しかしながら、軽自動車にこのクリヤーを塗ってしまうと、そこだけ分かってしまいます。
綺麗に仕上げても修理した部分が分かってしまうと上手とは言われないですからね。

とりあえずこれで当社のクリヤーは3種類となりました。。

御自分の車の出来上がりが何か違うという方!サンルイスに御相談を!!

ちなみにこの車両はフォルクスワーゲンのクロスポロですが近日UPしますね。

では




category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

パテのお話 

昨日、各メーカーさんのパテを比較する機会がありましたので報告します。

パテとは鈑金塗装には欠かせない必要不可欠な道具の一つです。
凹んだ鉄板を叩きならし、残った小さな凹凸にパテを塗って研いで下地を成形していきます。
皆さんの知っているものに例えると紙粘土のハイテク版のようなものです。

このパテにも色々あり、研ぎやすさ、塗りやすさ、乾燥の速いもの・遅いもの、目が粗いものや細かいのまでありますが、これは作業する側の使いやすさを考慮した結果です。
では、使いやすいもの=車に良い・・・とは限りません。
画像 064
上の写真は1㎜厚の鋼板にパテを付けて乾燥したものです。
どれが良いパテか?答えは一番右のグレーの物です。
他の3枚はパテの乾燥の経過中に鋼板を反らせてしまっています。
使いやすいパテも左の3枚ですが実際車に使用するとどうでしょう?
今では0.6mm位の鋼板も使われている自動車に上のパテを付けると反り繰り返って
波波の仕上がりになります。
その波をまた同じパテで消していく・・・魔のトライアングルのように・・ギャー。。
塗料やパテの完全乾燥は設備によっても違いますので納車された時はよかったのに
年月がたつと修理した箇所が分かるようになるのはこのようなカラクリがありました。

画像 066
この写真は2つのパテをカップに入れていますが乾燥すると良い方の片側は抜けませんが
もう片方(ピンク)の方はカップから抜けることになります。

画像 068
今回テストした8種類ですがサンルイスではここにはテストしていない外資系の材料を
使用しています。もちろん作業する側からは使いにくいヤツですが。

納車した後にも古傷は思い出したくないですからね。

では。

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --   

ブラックメッキ調塗装「メタルフラッシュ」 

今回はブラックメッキ調塗装「メタルフラッシュ」です。

最近、日産エルグランドやスバルレガシーのホイール、社外品のアルミホイールにもよく見かけるようになりました。

来年早々に全塗装の受注がありそのホイールをこの塗料で塗装するためのサンプルです。




本物のメッキよりは写りこみは無いですが黒系のメッキとしては十分の仕上がりです。

全塗装の色とも非常に相性がよいのでお楽しみに。

乞うご期待。では。

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: 0   

ようやく秋らしく? 

まだまだ暑いと油断していたら、突然真冬のような寒さ。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

この寒さで、車のエアコンは一気に暖房モードへ。
そこで、バッテリーは大丈夫ですか?? 意外とこの時期に「バッテリー上がり」で
エンジンがかからないというお客様がいらっしゃいます。
夏の時期にエアコンを使い、バッテリーの液が減ったままになっていると、
バッテリーへの充電ができなくなり、エンジンがかからない。ということになります。

自動車用品量販店に、バッテリー補充液が売っていますので、車のバッテリー液の
減り具合を確認して、補充してみてくださいね。

スタッフより。

category: 車のメンテナンス

thread: メンテナンス&ケア  -  janre: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

板金塗装の道具・シーラーの巻 


今日はいつも使っている板金塗装では必須な道具・材料を少し紹介します。

この道具は新品パーツの裏側の鉄板の継ぎ目に張るもので役目は水が入らないようにだとか
溜まらないようにし、内部で錆が出るのを防ぎます。


以前(私が修行中)はこんな道具があるのも知らずチューブ式のシーラー(コーキング材)を手で塗っていました。
が、今はプライマーを吹きつけこれを貼ることで出来るようになりました。
何がいいかというと、すごくキレイです。
私達の仕事は修復が第一ですがいかにキレイで分からなくするかと言うことですのでスゴク重宝しています。




この上から塗装をしますので本当に分からなくなってしまいます。

ドアやボンネットの端を修理した方は一度見てみてくださいね。

それでは、また

category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: 0   

シボレーアストロのセキュリティー取付 

御無沙汰しております。

久しぶりのブログ更新となりました。
お蔭様で毎日忙しくさせていただき更新できませんでした。
最近始めた出張見積もりが思ったより多く有難うございます。
梅雨もあと2週くらいですかね?
やはりスリップ事故が多いので気をつけてください。

さて今日は私個人のセキュリティー取付を御紹介します。

最近、ナビだとかETCだとかを取付、純正キーレスの調子が悪くなったのでセキュリティーを付けました。
機種はバイパーの1002と言う物です。




こんな感じで・・・。久しぶりにしましたが結構大変ですね。
頭がまわらない・・。よくしていた時は手が勝手に動いていたんですが、なかなかちんぷんかんぷんでした。
まぁ終わる頃には思い出してきて3時間くらいで終わりました。




リモコンも新しくなりかっこよくなりました。
AUXチャンネルでリヤハッチも開くようになりましたのでわざわざ室内のスイッチを押しに行かなくても良くなりました。

次回はまた板金塗装をお届けします。
では。





category: 車のメンテナンス

CM: 0 TB: --